現代/青春ドラマ 長編 連載中

いっつQたいむ

作者からの一言コメント

クイズに興味がある人はぜひ!

読了目安時間:15分

現役クイズプレイヤーが描く青春クイズ物語。 大学に入学した主人公、櫛田丈がクイズと出会う。 ライバルとの戦い、芽生える友情、そして恋。 丈は最大のクイズ大会『いっつQたいむ』を制することはできるのか? 早押しクイズと出会った主人公が大会や人との交流を通して成長していく物語です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 いっつQたいむ
作者名 類座居子
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ 男主人公 学園 現代日本 部活動 日常 クイズ
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年4月8日 22時13分
最終投稿日 2021年4月15日 22時30分
完結日 -
文字数 7,451文字
読了目安時間 15分
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 召喚士が陰キャで何が悪い

    底辺が異世界で成り上がり無双するまで

    4,112,798

    24,023


    2021年4月30日更新

    現実とゲームのような異世界を行き来するファンタジーです。 異世界が身近な存在となって久しい。 高校生になると同時に与えられる携帯端末『ギア』のスイッチをONにすることで、その日見る夢の代わりにファンタジーRPGのような異世界で一日を過ごせる時代になった。 主人公であるひねくれ陰キャの藤間透(ふじまとおる)は召喚魔法に対する適性を得るが、肝心の召喚モンスターがいない。 やむなく採取で生計をたてるなか、クラスのパリピ軍団に接触し、また自分と同じように冷遇されている女子と遭遇する。これがすべてのはじまりであることを、透はまだ知らなかった。 成り上がりファンタジーものですが、主人公の成長をじっくりと書きたいので、しばらくは採取ばかりです。……が、手前味噌ではありますが、決して序盤も地味ではありません。ヒロイン達とのボケツッコミや、少しずつ認められてゆく藤間くんをいっしょに応援していただけるとうれしいです。 RPG要素強め、ラブコメ要素多め、そしてうだうだした陰キャ主人公の成長がテーマの欲張りな作品になっております! (※) 頑張る藤間くんの素敵な表紙は、 ひろまごさん(TwitterID:@hiro_mago)が描いてくれましたっ! 本当にありがとうございます(*´ω`*) (※) 本作はアルファポリスさまでも公開しております。 無断転載はかたくお断り致します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:25時間8分

    この作品を読む

  • 元王宮魔導士は我が道を征く〜前に出たがる姫のサポートをしていたら無能と呼ばれ王宮を追放されたので、旧友たちと栄光を掴むことにした〜

    ざまあ系ファンタジーの幕開け!

    91,678

    470


    2021年5月10日更新

    「––貴様のような無能はクビだ」 その言葉で、王宮魔導士として姫に仕えていたアルフレッドは追放されてしまう。 今まで積み重ねてきたものを否定され、抜け殻同然となった彼の前に現れたのは魔法学園時代の友人だった。 差し出された手をとり、アルフレッドは再び立ち上がった。 こうして、一度全てを失った元王宮魔導士の物語は確かに動き始めた。 一方、姫はアルフレッドを失ったことで、次第に歯車が狂い始めていた。 自分がしでかしたことに気づいた時ときには、もう何もかも遅かったのだ。 戻ってこいと懇願しても、その声が届くことはなく。 ––冒険者のてっぺんになる。 今度こそ、友人たちと思い描いた夢を叶えてみせる。 はみ出し者同士で集まったパーティー、ロードオブグローリーで栄光を掴むと決めたのだから。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間11分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • マンドリニストの群れ

    目指すは全国優勝!高校マンドリン部の日常

    1,900

    50


    2021年5月14日更新

    2022年4月、県立西田高校に入学した大橋奏太と親友の春日糸成はマンドリン部に入部する。マンドリン部は毎年全国大会出場という強豪団体で、二人は全国大会優勝という目標に向かって努力をする中で様々な人に出会っていく。 私はそんなに文章が得意ではなく、書きながら上手くなりたいというところで執筆を始めました。マンドリンについて知らなくても楽しめるようなアツい青春部活ものの路線を目指していますのでぜひお気軽にお読みください! マンドリンは世界的に見ても日本で特に盛んな楽器です。しかし一般の方々への認知度は非常に低いです。しかし楽器としてとても優れた楽器であり、特に高校のマンドリン部では毎年夏に開催される全国大会も熱く、愛好家の間で大変盛り上がります。 そこで、もっとマンドリンの認知度を上げることができたらと思い、この作品を執筆することになりました。ご覧いただいた方がインターネットでマンドリンオーケストラについて検索し、その音色を味わっていただけたらとても嬉しいです。楽曲名や作者名はサイトのガイドラインを見ながら特に、存命の作曲家や作品については慎重に扱いながら進めます。そのために私のイメージを100%皆さんに伝えることができるかやや不安もありますが、楽しんでいただけたら嬉しいです。 ※目次最初の「マンドリン・音楽関連用語解説」と、章ごとの「キャラクター紹介」があるため、本編の文字数と表示されている文字数は異なります。 ※すでに「小説家になろう」さんのサイト内でかなり連載しているため、そちらに追いつくまでは一日複数話を更新していく形をとります。(毎日8時台、11時台、14時台、17時台、20時台、23時台、1時台を目安に公開しています。) あちらのサイトより1話あたりの長さが長くなり、話数が異なります。そのため、あとがきに該当する話数をつけてあります。 挿絵を追加しました。イメージしやすいようにマンドリンを描き、ちょっと文芸本の表紙っぽくしてみました。

    読了目安時間:5時間31分

    この作品を読む

  • ただ将棋をして話すだけ

    こんなのんびりした将棋もまた将棋

    85,800

    110


    2021年5月13日更新

    毎週金曜日、深夜、大学の休憩スペース。僕は師匠と話をしながら将棋を指す。師匠はいつもつかみどころのない女性。何を考えているのか、僕にはよく分からない。でも、将棋が好きなことだけは知っている。 ゆっくり、穏やかに流れる二人の間の時間。殺伐としない将棋は、こんなにも美しく、愛おしい。 師匠と僕の将棋の様子をたんたんと描いていきます。対局の描写が中心に描かれることは無いので、将棋を知らない人でも、楽しめる作品となっています。

    読了目安時間:2時間13分

    この作品を読む