歴史/時代 短編 完結済

みつぐの鎖

作者からの一言コメント

売られる娘に美男を捧げる習わし

その村には、 売られる娘に美男との一晩を贈る習わしがある。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 みつぐの鎖
作者名 乾麺
ジャンル 歴史/時代
タグ 時代劇 遊郭 美男子 第1回歴史時代大賞
セルフレイティング 残酷描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年11月28日 0時11分
最終投稿日 2019年12月3日 17時01分
文字数 7,887文字
ブックマーク登録 0件
コメント/スタンプ 1件
応援ポイント 500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 正統派歴史小説(のつもりです)

    ♡66,100

    〇250

    歴史/時代・連載中・95話・419,189字 藤瀬 慶久

    2020年10月23日更新

    対い鶴はどのように乱世の空を舞ったのか 乱世と共に世に出で、乱世と共に消えていった蒲生一族 定秀、賢秀、氏郷の三代記 六角定頼、織田信長、豊臣秀吉 三人の天下人に仕えた蒲生家三代の歴史を描く正統派歴史小説(のつもりです) 注)転生はしません。歴史は変わりません。一部フィクションを交えますが、ほぼ史実通りに進みます ※この小説は『小説家になろう』『カクヨム』『アルファポリス』『ノベルアップ+』で掲載します

  • 19世紀ヨーロッパがモチーフです

    ♡1,200

    〇16

    歴史/時代・連載中・5話・11,332字 八島唯

    2020年10月23日更新

    帝都に[闇の紳士]が現れたのは,五十年も前の事であった。 日が暮れ,不夜城都市「帝都」にも夜が訪れるころ,屋根の上を謎の男が黒いタキシードとこれまた黒いシルクハットを身にまとい,散歩しているという噂がそのころ巷を賑わせていた。 賊か,盗人の類か,さもなくば気違いか。憶測はさらなる憶測を生み,好奇心という名の車輪は人々を駆り立てた。 人々は彼を一目見たさに街の路地に張り込んだ。トメニア製の双眼鏡を構え,今か今かと待ちわびる老人。その謎の紳士がいるかいないかで口論になり,殴り合いを始める若者。それを傍観する子供たち。 それらはすべて世紀末の風潮であった。訳の分からないもの,怪しいもの,不可思議な宗教,低俗な言行が至上のものとされ,そして人は皆,その時を楽しみながら生きていた。 十九世紀も終わろうとしている世なれば,そんな男も現れたのだろう。 [闇の紳士],そして人々は彼をこう呼んだ[屋根上の散歩者]と。 これから語る物語はその謎の紳士にまつわる話である。 ―――「帝都」がまだ世界の中心であり,華やかなりし頃の物語。すべては夢,すべては幻。