文芸/純文学 短編 完結済

レトリック・ノート

作者からの一言コメント

文章で、小説は面白くなる。

読了目安時間:18分

レトリック・ノートの表紙

ありふれた朝の出来事を19の修飾技法で書き分けていく、ことば遊び的実験小説。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 レトリック・ノート
作者名 羽座日出樹
ジャンル 文芸/純文学
タグ 短編 日常 純文学 実験小説 言葉遊び
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月10日 5時32分
最終投稿日 2020年9月10日 5時45分
完結日 2020年9月10日 5時45分
文字数 9,168文字
読了目安時間 18分
ブックマーク登録 15件
コメント 5件
スタンプ 12件
ビビッと 0件
応援ポイント 7,900pt
ノベラポイント 30pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 金借りの手紙

    金に困る君と君に困る僕。

    7,801

    0


    2021年6月22日更新

    木浪はある日、小学校時代の親友、名倉から手紙を貰う。頼むから金を貸してくれ、と。怪しんだ木浪は名倉に生活ぶりを訊く。すると文通は始まってゆく・・・ 最初は二話公開、そこから少しづつ連載していきます。 100PV達成しました!大感謝です! 残酷描写が出てこないことを発見しましたので、セルフレイティングは外しました。期待されていたらすみません。

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • 微笑う死神の追憶

    それは、当てのない永遠の旅路

    3,200

    0


    2021年6月22日更新

    およそ20万年。途方もない年月を歩き続けた不老不死の女性、エドナがいた。 エドナは幾多の出会いと別れを繰り返していくうちに、いつしか人々から『死神』と呼ばれるようになるが、それでもエドナは微笑いつづける。彼女は、この世界の全てを愛していたからだ。 そんな彼女が旅の途中、ふとした拍子に頭の中に浮かんだ声が誰のものか、記憶を辿ってみることにした。彼女は思い出す。愛しい人が生きていたこの世界を。愛しい人が生きていくこの世界を。 家族を失った者、家族を置いていく者。 夢を叶えた者、夢に殺された者。 欲望のままに生きた者、夢のために生きた者。 何もかも失った者、何かを手に入れた者。 あらゆる『人』が、彼女の記憶の中で生きていた。

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る