SF 長編 完結済

特殊装甲隊 ダグフェロン 『廃帝と永遠の世紀末』 第八部 「監査が来たぞ!」

作者からの一言コメント

お馬鹿な監察官のとんでもな1日

読了目安時間:2時間32分

総エピソード数:43話

特殊装甲隊 ダグフェロン 『廃帝と永遠の世紀末』 第八部 「監査が来たぞ!」の表紙

『特殊な部隊』、司法局実働部隊に本局からの監察官が抜き打ちで現れた。 それは暴力サイボーグ西園寺かなめの腐れ縁の親友田安麗子中佐だった。 そのとんでもな行動に振り回される誠達。 誠達はこの監査を潜り抜けて次につなげることができるか?

総エピソード数:43話

作品情報

作品名 特殊装甲隊 ダグフェロン 『廃帝と永遠の世紀末』 第八部 「監査が来たぞ!」
作者名 橋本 直
ジャンル SF
タグ お馬鹿 ロボット ギャグ コメディ 男主人公 ほのぼの 未来 日常 ハッピーエンド 百合
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年11月3日 21時00分
最終投稿日 2022年12月15日 21時00分
完結日 2022年12月15日 20時15分
文字数 76,079文字
読了目安時間 2時間32分
総エピソード数 43話
ブックマーク登録 4件
コメント 0件
スタンプ 15件
ビビッと 42件
応援ポイント 15,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ヒステリック・ヒストリー

    歴史改変SF

    57,900

    313


    2023年2月7日更新

    訳あり男子高校生鳥居のもとに訳あり少女ヒスイと訳ありダイヤルが現れる。 このダイヤルの正体はタイムマシンだった。 ──このダイヤルは歴史に作用する劇薬だ。歴史を変えないでくれ しかし鳥居達は脅されたことでやむを得ずダイヤルを回して過去の世界へ飛んでしまう…… 多くの出会いと別れ、絶望の果てに鳥居が辿り着くのは……?

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間42分

    この作品を読む

  • ぼくと怪物三人組@トーキョーベイエナジーアイランド

    未来は、ちょっとごたごただけど、輝いてる

    200

    0


    2023年2月7日更新

    今の延長線からちょっとずれた未来。 東京湾に人工島が浮かんでいた。そこは原子力発電所であり、管理は人工知能と人造人間が行っていた。 その人造人間と本土から逃れてきた犯罪者崩れたちは島の各所で生活し、なわばりを作り、時には衝突していた。 『ぼく』は三人の仲間とともに自警団の結成を目指す。島の治安を向上するために。 そして、そこからぼくら、宗教団体、政府、人工知能がからみ合う物語が発進する。 ※本作品においては、犯罪、暴力行為の描写があります。いずれも小説上の表現として用いています。その点ご理解の上お読みください。 *「カクヨム」に投稿しています(名義:@ns_ky_20151225)。 *「小説家になろう」に投稿しています(名義:naro_naro)。 *「アルファポリス」に投稿しています(名義:alphapolis_20210224)。 *「エブリスタ」に投稿しています(名義:estar_20210224)。

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 俺のことを好き過ぎるヤンデレ共に人生を滅茶苦茶にされたので、次からは「本気」で相手をしてやることにした

    内容は割とダークです

    18,750

    401


    2023年2月1日更新

    幼い頃に両親に捨てられ、数々の理不尽に襲われながらも、少年は逞しく生きて来た。 時は数ヶ月前。最愛の人の期待に応えようと必死だった頃。 目の前に流れ込んで来る赤い血。その先に倒れている妹。あまりに悍ましい光景に、少年は呆然とした。 そう……少年から全てを奪い去ったのは、愛。 彼を愛するが故に壊れてしまった少女達のあまりにも歪んだ「愛」だった。 これは、そんな愛によって心を壊された少年が最愛の人の為にと手に入れたはずの「力」で立ち向かう物語── ※他サイトでも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間48分

    この作品を読む

  • ウサギ印の暗殺屋~13日の金曜日~

    少しダークな、組織もの現代ファンタジー

    597,495

    2,090


    2021年1月14日更新

    日本にある複合企業《P・Co》。その末端に、《Peace×Peace》――略して《P×P》という、ファッション部門の事務所がある。 通常業務は、服飾商品の開発と販促営業。その裏で、変則的に本社から送られてくる特務……主に、暗殺業務を請け負っている。 幼少期、とある組織の人体実験によって“蛇人間”になった潤は、《P×P》で副所長を務めていた。 所長は男女問わず複数人の“カノジョ”がいる、バイセクシャリスト。 長身細身の紫頭や、怪力女や、その怪力女に盲目的に恋をしているクールビューティー(?)な後輩女子や、怪力女と犬猿の仲の美形白髪頭や、その相方のモブ顔や―― そんな愉快な仲間たちの、少しダークで、時折くすりと笑える日常。 そんな日常に現れる、潤の複製少年と少年愛好家の女。 食べたり飲んだり笑ったり怒ったり喰べたりする、ちょっとハードな日常の一部分。 ◇◆◇ ブックマーク、コメント、スタンプなどを頂けると跳んで喜びます。 ご新規読者様、大歓迎です! ※作品の一部に、LGBT(性的少数者)、虐待、暴力、残酷な表現が含まれます。 苦手な方はご注意ください。 本作はどちらかというと、女性向け(らしい)です。 ※小説家になろうからの転載です※ 2017年12月27日に完結した作品です。 (なろう版とは間違い探しレベルで違う箇所があります) ※挿し絵も自作※ なろう版より、挿し絵も増えています。 ※※※※ ありがたいことに 「セシャトのWeb小説文庫 a la carte dans Novel up」 https://novelup.plus/story/127083484 にてご紹介していただいております。 作品募集もされているので、作品紹介に興味のある方は是非覗いてみてくださいね!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間33分

    この作品を読む