恋愛/ラブコメ 短編 完結済

【BL】アキアカネ

作者からの一言コメント

ベンチャー企業リーマンBL 読切ショート

読了目安時間:3分

総エピソード数:1話

『BOYSFANコン』参加:リーマンもの 【BLショートストーリー・完結済】 秋の夕暮れに、ほんのちょっぴり狡猾でスリリングでジレったい、オトナのボーイズ・ラブ。 サクッと軽いクチアタリで、読後感は甘く胸キュンな余韻にひたっていただけると嬉しいです。 超ショート・ストーリーですので、4コマ漫画感覚でお気軽にご覧いただけます。 大学時代から先輩に片恋をこじらせているオレ。 先輩がたちあげたベンチャー企業で一緒に奮闘する日々。 多忙な仕事の合間をぬって、2人肩を並べてベランダで一服するのが至福のひととき…… このご時世にもかかわらず。 「あー……まだ夕べの酒が残ってんなぁ」 フツーの会社ならタイムカードを押して退社という時間にもかかわらず、先輩はつぶやく。 可愛い新妻が待ってるだろうから、たまには早く帰っていいんだぞ……などと、ガラにもなく気をまわして。 その"可愛い新妻"は、新婚2か月目の夜に新居を飛び出て里帰りしたきり、もう4か月も電話ひとつ寄こさないんだって言ったら、アンタ、どんな顔するんだろうな? みんな、アンタのせいだって責めたら、どんな顔をするんだろう? そんなのヒトリヨガリな言いがかりだってこと、よくわかっているけれど。 でも、ちょっとくらい意趣返しさせてくれたっていいじゃないか。 そう思って、急に子供じみたグチをこぼしてスネてみれば、思わぬカエリウチにあって戦意喪失させられる。 ああ、こうなったら、夕べの秘密をアンタに打ち明けてしまおうか? ベロンベロンに酔ったアンタが、すっかり忘れてしまってる夕べの記憶を…… ねえ、先輩?

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 【BL】アキアカネ
作者名 こぼねサワー
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ BOYSFANコン ボーイズラブ リーマン 読切 ラブコメ 片恋
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年9月17日 17時19分
最終投稿日 2021年9月17日 17時20分
完結日 2021年9月17日 16時49分
文字数 1,598文字
読了目安時間 3分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 1件
コメント 1件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 恋愛禁止は溶けましたっ! ~元・推しアイドルと同僚になって同棲することになったマネージャーの話~

    推しアイドルと、デスクが隣でした

    0

    0


    2022年8月14日更新

    『恋愛禁止が〝解けた〟カリスマクーデレ少女と、漫画みたいに〝溶けそうな〟恋愛を♡ ……って! あなた、元伝説のアイドルですよね⁉』 新卒の主人公・中本才雅(なかもとさいが)は、ひとりの少女に人生を狂わされていた。 その彼女とは名実ともに世界一のアイドル・月城なゆた(つきしろなゆた)。 アイドルとしては主流の『握手会』や『チェキ会』などのファンサービスの類は一切行わず、 『会いに行けない憧れのアイドル』としての地位を確立していた。 ――そんな彼女が人気絶頂の矢先、突如芸能界を引退した。 生きる希望を失い絶望していた才雅が転職先の職場に向かうと、隣の席に事務として働く月城なゆた本人が座っていた‼ こうして才雅は自分が彼女の大ファンだったことは〝隠して〟、 手を伸ばしても届くことのない存在だった元・トップアイドルと会社の〝同僚〟になって、 さらにはひょんなことから〝同棲〟まで始めることになる。 『私、恋愛禁止はもう気にしなくていいんです――』 才雅が働く職場は、自身がアイドル好きということを隠して入社した芸能事務所。 そんな中『マネージャー』としての仕事で関わり合うことになった他の現役アイドルとの一波乱もあって……? 元・同棲相手の大ファンという〝秘密〟を抱えたまま、 めくるめくジェットコースターのように展開する恋愛模様の中で――はたして才雅の精神は無事に保たれるのか⁉ そして〝恋愛禁止〟から解放された【月城なゆた】との同棲生活の行方は――⁉ 笑いアリ! イチャラブアリ! 修羅場アリ! お酒アリアリ‼ 社会人として働く主人公のまわりで巻き起こる、 通常のアイドルものとはちょっぴり違ったドタバタ×同棲×ラブコメディです!

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

  • 時野 玲二はとある事情から真の実力を隠しており、常に退学ギリギリの成績をとっていたことから最底辺の落ちこぼれとバカにされていた。 しかし玲二が2年生になった頃、時を同じくして義理の妹になった人気モデルの神堂 朱音が入学してきたことにより、彼の実力隠しは終わりを迎えようとしていた。 「わたしは大好きなお義兄様の真の実力を、全校生徒に知らしめたいんです♡ そして、全校生徒から羨望の眼差しを向けられているお兄様をわたしだけのものにすることに興奮するんです……あぁんっ♡ お義兄様ぁ♡」 朱音は玲二が実力隠しを始めるよりも前、幼少期からの幼馴染だった。 そして義理の兄妹として再開した現在、玲二に対して変質的な愛情を抱くヤンデレなブラコン義妹に変貌していた朱音は、あの手この手を使って彼の真の実力を発覚させようとしてくる! ――俺はもう、人に期待されるのはごめんなんだ。 そんな玲二の願いは叶うことなく、ヤンデレ義妹の暴走によって彼がハイスペックであるという噂は徐々に学校中へと広まっていく。 やがて玲二の真の実力に危機感を覚えた生徒会までもが動き始めてしまい……。 義兄の実力を全校生徒に知らしめたい、ブラコンにしてヤンデレの人気モデル VS 真の実力を絶対に隠し通したい、実は最強な最底辺の陰キャぼっち。 二人の心理戦は、やがて学校全体を巻き込むほどの大きな戦いへと発展していく。

    読了目安時間:45分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    1,792,171

    4,611


    2022年8月14日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇、十二姫装)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2021.9.17 Gen様(https://www.pixiv.net/users/1479993)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:33時間35分

    この作品を読む

  • 【書籍化決定】啼かないカナリアの物語

    声の出ない魔法使いと模造小鳥の探しモノ

    307,550

    5,909


    2022年6月12日更新

    この世界の魔法は声に出す事で発動される。 カナリアと呼ばれる少女は魔法使いだった。ただし、物心ついた時から彼女の声は出ない。 声が出ない魔法使いは一人もいない。カナリア以外は。 彼女は、相棒であり、大切な存在でもある、小鳥の形をした金属ゴーレムのシャハボと、探しモノの旅を続ける。 彼女は強い。 しかし、取り巻く運命は過酷である。目的の為に奔走するカナリアを、凄惨な戦いへと導き、様々な思惑のひしめく深謀の渦中へと誘う。 今もまた、肩を並べて同じ任務をこなした、善良なはずの冒険者チームが彼女の前に立ちはだかる。 彼らは知らない。カナリアの進む道を遮る事の結末がどうなるかは。 そして、カナリアもまた知らない。この結果が、渦巻く陰謀の始まりだという事を。 ただそれでも、彼女は突き進む。相棒のシャハボと一緒に。自らの願いの為に。 これは、声の出ないカナリアと言う魔法使いの、望みを見つけ叶えるための物語。 # 小説家になろう様、カクヨム様でも同時掲載をしております # 表紙絵の方は 大福餅さん (Twitter @daih033) から頂きました! ありがとうございます! # 一章完結しました(2021/02/05)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:14時間56分

    この作品を読む