完結済 短編 二次創作

桃太郎の犬

作者からの一言コメント

楽しく書きましたw

桃太郎の鬼退治の伴をしている犬の名は『桃太郎の犬』。ドSの主人桃太郎と盗人猿と居るかどうか分からない雉と共に旅を続ける。もう一歩で鬼の住む土地に踏み込むところで一行は或る鬼と出会う・・。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 桃太郎の犬
原作
作者名 丸山剛史
ジャンル 二次創作
タグ コメディ ほのぼの 人外 桃太郎 ドS 温羅
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年3月9日 20時22分
最終投稿日 2020年3月9日 20時23分
文字数 10,323文字
ブックマーク登録 1件
コメント/スタンプ 2件
応援ポイント 400pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 一人?違うな、俺達が妖魔師だ。

    ♡14,600

    〇200

    現代/その他ファンタジー・連載中・18話 ぷりん頭

    2020年7月15日更新

    月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。 人や動物にも似つかない怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界。 そんな世界に彼らは現れる。 半面から覗くその鋭い目で、一体何を見るのか。 それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。 風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。 夜な夜な現れる怪魔を相棒の白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。 そんな彼らを愛おしそうに瘴気の世界から見守る赤い瞳と、黒い狐を肩に乗せ、悲しそうに見つめる水色の瞳。 クラスメイトの峯川 瑠奈も薄々と感じる異変に徐々に飲み込まれていく。 戦う使命と確かな想いが、春海の風のように吹き荒れる。

  • 思うところあって、8月まで休養します。

    ♡575,055

    〇21,420

    歴史/時代・連載中・68話 kikazu

    2020年6月11日更新

    西暦1907年ドイツ帝国の重鎮たる軍務大臣が、本格的なバレリーナ姿で変死するという——とっても悲しい事件が起きてしまった。( 一応史実 ) 親衛隊の高官マインシュタイン中佐は、後輩で皇宮警察の幹部・ヘップナー少佐のチームへ、事件の真相を調査するよう依頼してきたのだった。 稀代の美貌を誇りながら、女好きでちょっぴりクズのヘップナーを筆頭に、彼の副官で実はポンコツ大公令嬢カルラ中尉、美少女姿でありながら実の正体は——百年を生きる魔女のヘルミーナ中尉。 そして、人外でありながらチームで一番まともな使い魔・クラリッサ少尉らは、安定のヘッポコぶりを発揮して、グダグダ大ピンチの連続に……。 イギリスを代表するエージェントで、後にジェームズ・ボンドのモデルとなったシドニー・ライリー中尉、更に大日本帝国の隠し玉・明石元二郎大佐、はたまたサイコパスメイドやらも登場して、誰が敵か味方なのか、はたまた犯人なのか。騙し合いの奇天烈ストーリーです。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る