文芸/純文学 長編 連載中

好事家は風の流れに笑みをこぼす

作者からの一言コメント

こだわりは、人に押し付けるものではない。

※全て1話完結。どこからでも読めます。 この物語に非日常は無い。 男は、日常に少しだけこだわりを持つ。 彼は誰にも語らず、淡々と、自身のこだわりを日常に持ち込む。 そんな物好きな男の、モノローグと生活録。 ※表紙:入鹿なつさん🐬

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 好事家は風の流れに笑みをこぼす
作者名 千鳥 涼介
ジャンル 文芸/純文学
タグ ほのぼの 男主人公 現代日本 日常 おっさん こだわり 文房具 グルメ 煙草
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年11月5日 23時10分
最終投稿日 2020年11月8日 21時01分
完結日 -
文字数 54,148文字
ブックマーク登録 32件
コメント 2件
スタンプ 108件
ビビッと 0件
応援ポイント 125,101pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 3件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る