文芸/純文学 短編 完結済

モルガナイトの夜

作者からの一言コメント

絶望と苦悩を幻想の筆でえがく恋愛短編

読了目安時間:30分

総エピソード数:6話

モルガナイトの夜の表紙

原因不明の白蝋化。進行を止めるには、切除しかないとの宣告。 ジュエリークラフターの結理恵にとって、左手を失うことはクラフターとしての生命を断つことと同義なのだ。 結理恵がくだした決断は……。ボクは、彼女を支える事ができるのだろうか……。

総エピソード数:6話

作品情報

作品名 モルガナイトの夜
作者名 からした火南/たかなん
ジャンル 文芸/純文学
タグ 純文学 純愛 切ない 女性向 ジュエリー 闘病 短編
セルフレイティング 残酷描写あり
性的表現あり
初掲載日 2022年1月9日 21時58分
最終投稿日 2022年1月9日 22時22分
完結日 2022年1月9日 21時46分
文字数 15,164文字
読了目安時間 30分
総エピソード数 6話
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 3件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 幻境に星を畫く

     

    17,100

    0


    2022年5月27日更新

    青春の血潮の最も熱く、最も無謀の特権に甘んじていられた頃、漠たる想望と生来の酔狂が高じ、迂闊にも不毛甚だしき文筆の行路を志すに至った。夢多き眼に未来は万色に映じ、先の時間は無限にも等しく眺められ、遥か人跡未踏の地に己を生かすべき場を見んとしてやまなかった。

    読了目安時間:24分

    この作品を読む

  • おむすびは解ける

    おむすび、おにぎり、どちらで呼びますか?

    100

    0


    2023年2月6日更新

    【あらすじ】 元刑事の久慈はペンションをやりながら食堂も出していた。朝の散歩から戻るその家の前に女性が倒れている。医者を呼んだが、事件ではなく過労と空腹だと言われた。久慈は彼女が目覚めるのを待ちながら料理を作る。その脇には細かな字のレシピ本があった。 これは食事と料理を巡る悲しい事件と、それに関わった人間のその後、それから立ち直っていく様を描き出すヒューマンドラマである。 【データ】 文字数:約2万5千字 バージョン:v1.0.1 公開日:2023.02.06 更新日:2023.02.06

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • wink killer もし、ウィンクで人を殺せたら――。

    たとえ君を忘れて、悲劇を繰り返しても。

    788,300

    1,640


    2023年2月5日更新

    もしウィンクだけで人を殺せる力を手にしたら、貴方はその力、何に使いますか。 誰かを守るため? 自分を守るため? それとも――憎い相手を、殺すため? ☆★☆ 別れたはずの元恋人に殺されかけ、死の間際にあったある一人の女子高生。 彼女が手に入れたのは、右目を瞑ることで人を殺めてしまう事ができる、wink killerと呼ばれる死神の力だった。 「この力は、大切な人を守るために使う」 彼女はそう誓い、大切な者を守るために生きると決めた。 ――はずだった。 ※小説家になろうにて前編完結済の作品の、リメイク版になります。 ※素敵な表紙絵は瑞樹くりむ様(@773_cream)に作成していただいたものになります。著作権は瑞樹様にあり、画像は小説表紙として使用許可を頂戴しておりますので、無断使用・無断転載はお控えください。 ※この作品には、本編ラストにハッピーエンド保証が付いています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間24分

    この作品を読む

  • マギアアームド・ファンタジア

    VRMMO✕ハイファンタジー✕メカ です

    800

    0


    2023年2月6日更新

    ハイファンタジーの広大な世界を、魔法装具『マギアアームド』で自由自在に駆け巡る、世界的アクションVRゲーム『マギアアームド・ファンタジア』。 高校に入学し、ゲーム解禁を許された織原徹矢は、中学時代からの友人の水城菜々花と共に、マギアアームド・ファンタジアの世界へと冒険する。 待ち受けるは圧倒的な自然、強大なエネミー、予期せぬハーレム、そして――この世界に花咲く、小さな奇跡。 王道を以て王道を征す、近未来風VRMMOファンタジー、ここに開幕!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:15分

    この作品を読む