モルガナイトの夜

読了目安時間:5分

エピソード:1 / 6

第一話 大丈夫。大丈夫だから

 また少し、左手が崩れてしまった。  白く、硬く、そして冷たくなってしまった結理恵(ゆりえ)の左手。ほんの数ヶ月前まで、ふっくらと柔らかく、温かだったのに……。  蝋のように固まり、触れると崩れてしまいそう……いや、実際にまた少し、崩れてしまったのだ。中指の表面が乾燥し、めくれ上がり、そして()がれてしまった。 「すっかり固まっちゃったね」  病室のベッドの上、自らの左手を見つめながら結理恵がつぶやく。 「大丈夫だよ。きっと元に戻るから」  ボクの言葉が気休めでしかない事は、きっと結理恵にも解っているはずだ。五本の指は、ほぼ白蝋(はくろう)に変わってしまった。入院して、もう三ヶ月になる。しかしこの病院の医師をもってしても、治療法はおろか、原因すら掴めないのだそうだ。進行を止める唯一の方法として、左手首から先の切除が提案されている。でも結理恵は、手術を受け入れる事ができないようだ。指先から始まった白蝋化もすでに手の半分を蝋に変え、いまだ手首に向かって進行している。早く決断しないと、手だけでは済まなくなるのかもしれない。  結理恵はベッドで上体を起こし、左手を見つめたまま動かない。いつものように、手術を受けるかどうか、考えているのだろうか。  ベッドサイドに座るボクは、結理恵の手を両手で優しく包む。包んだ五指からは冷たく硬い蝋の感触が伝わり、掌の中程からは暖かく柔らかな結理恵の感触が伝わってくる。冷たさと暖かさ、硬さと柔らかさのグラデーション。生と死の境界が、そこに在るように感じる。  静まり返った病室で、ボクと結理恵の息の音が混ざり合う。時折ドアの外に響く看護師や患者の声が、とても大きく感じられる。こんな時、どんな言葉をかれば良いのだろうか。いつも答を見つけられずにいる。だからボクはそっと手を握り、結理恵を見つめる事しかできないのだ。  午後から再び雪が降り始め、窓の外には鉛色の空が広がっていた。病室はひんやりとして、空気が張り詰めているように感じられる。指先が冷たい。結理恵の指はもう、この冷気を感じる事はないのだろうか。痛みは無いのだそうだ。白蝋との境界は、痺れて感覚が鈍いらしい。  思い返してみれば三ヶ月前、爪の周りが荒れ始めた頃も、指先が(しび)れると言っていた。仕事柄いつも手を荒らしていたし、冬になると荒れが(ひど)くなる事も知っているから、あまり気にしていなかった。  指先が柔らかさを失い、感覚が鈍くなった頃に皮膚科で受診した。そしてこの病院を紹介され、そのまま入院することになった。原因不明の白蝋化。医師からは「感染の疑いがなくなるまで、患者に触れないように」と忠告を受けた。しかし、既にもう何度も、結理恵の手を握っている。接触で感染するのなら、充分にその要件を満たしているのではないだろうか。それに、誰も結理恵に触れる事ができないのなら、せめてボクだけでも手を握ってあげたいと思う。 「手術の事……なんだけどさ」  結理恵がゆっくりと口を開く。ボクは両手で、左手を握り直す。 「受けた方がいいよね……やっぱり。ずっと考えてるんだけど、決められなくって。お仕事だって巧くいってたのに、手術しちゃったら、もうお仕事できなくなる訳だし……」 「……」 「ごめん……。そんなこと言われても、困るよね。ごめん」  謝らなければならないのは、ボクの方だ。結理恵は、背中を押して欲しいだけなのだ。手術を受けなければ、さらに状況が悪くなる事は解っているはずだ。このままでは、いずれ左手が駄目になってしまう事まで解っていると思う。だったら今のうちに、進行を食い止める方が良いに決まってる。そんな事は既に、結理恵には解っているはずなんだ。だけど左手を失う事は、そんなに簡単に受け入れられる事ではないのだ。すべてを理解した上で決めかねている結理恵へ、どんな言葉をかければ良いのか、やはり見つける事ができずにいる。  言葉を失い、うつむく結理恵の頬を涙が伝う。伏せた瞳から、次々に涙が零れ落ちる。ベッド横の丸椅子からベッドに座り直し、結理恵に体を寄せる。左手を握ったまま、もう片方の腕で結理恵の肩をそっと抱き寄せる。耳元で、結理恵の嗚咽(おえつ)が響く。ボクは結理恵の耳元で、何度も何度も繰り返す。 「大丈夫。大丈夫だから」  これが、ボクにできる精一杯。情けないけど、決断を下せずにいる恋人を、救う事もできない。救うどころか、苦しみを分かち合う事すらできないのだ。その程度の存在でしかないボクだけど、できるだけ多くの時間を結理恵と一緒に過ごしたいと思う。ボクは、結理恵の支えになっているのだろうか。もしかしたら、支えなんて必要としていないのかもしれない。もしかしたら、逆に負担になっているのかもしれない。考えるほどに、どうすればいいのか解らなくなってしまう。  いつの間にか結理恵は泣きやみ、右腕がボクの背中を抱いている。 「ごめん……泣いたりして」 「ボクこそ、ごめん。何も言ってあげられなくて……」 「なんだか二人で、謝ってばかりだね」  そう、ここへ来てからずっと、互いに謝ってばかりなのだ。結理恵はいつも左手の事を詫びるし、ボクはいつも不安を受け止めてあげられない事を詫びる。左手の白蝋化などという理不尽に対して、ボク達はあまりにも無力だ。どうする事もできず、お互いに謝らずにはいられないのだ。 「カズくん……。受けるよ、手術」  ボクの手の中で、結理恵の左手に緊張が走る。ボクの背中を抱く、右手に力が入る。体全体から、緊張が伝わってくる。 「手術、ちゃんと受けるから。偉いでしょ? 自分で決めたんだよ。ちゃんと自分で決めたんだよ。カズくん、褒めてくれる? 左手失くなっちゃうけど、それでも褒めてくれる? それでもカズくんは、私を好きでいてくれるのかな……。同情されるのだけは嫌だな。左手を失くして可哀想だとか、そんな風に思われるのは、絶対に嫌だ。同情なんかじゃなくて、ちゃんと好きでいてくれるのかな。それだけが心配。手術しなきゃいけないのは解ってたけど、ずっとその事ばかり考えて決められなかった」  そう言うと結理恵は、ボクに向き直して力なく笑った。 (つづく)

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 王子との婚約を破棄され追放された転生聖女は庶民に“酔いどれ”と笑われている

    酒と剣は強いが人情には脆い聖女の物語

    6,000

    35


    2022年11月28日更新

    王子から婚約破棄をされて城を追放された聖女・・・間々ある話。 追放先で割りと楽しく暮らしている聖女・・・間々ある話。 酒を楽しみ、夜風に身を晒しながらふらふらと歩く聖女・・・んん? 後釜となった聖女に王子の危機を知らされ、その涙に絆される男気溢れる聖女・・・あれ? そこへ現れる怪しげな僧兵達を聖女の剣が迎え撃つ! 彼女こそは無類の大酒好きにして直心影流・免許皆伝の剣豪を前世に持つ転生者であった。 謎の僧兵、暗殺者集団、半グレとなった逃散百姓、異世界より転生して異形と化した武芸者や兵法家達。 悪党共! 酔いどれゲルダの秘剣を受けるが良い! 剣客聖女による異色の物語、ここに始まり、始まり。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間1分

    この作品を読む

  • Dual World War

    異世界転移×ロボアクション

    1,012,200

    12,595


    2022年11月23日更新

    もし今日生きる世界が明日に繋がらないとしたら……あなたならどうしますか? 平坦で窮屈な毎日がガラリと様変わりして人知れず悦びます? あるいは、充実した日々を何の脈絡もなく奪われて涙します? この青年、ごく普通の高校生:水奈 亮(17)は現在まさにそんな状況下に置かれている。 『昨日』と同じような『今日』を過ごし、『今日』に似た『明日』を迎える、そう信じていたのに…… ◇◇◇ 『昨日』に通じるようで通じない世界。突如襲来した謎の存在:外来生物により既存の秩序・規則が崩壊し、人類は新たなる国家・制度・価値観のもとに生まれ変わろうとしていた。それは日本とて例外ではなく、実質的な首都:東京と人口の約60%という尊い犠牲を払いつつも、新たなる首都:神奈川県新都小田原のもとで立ち直りをみせていた。 しかし、そんな日々をまたしても危機が襲う。5年前に世界の理を強制的に変えた存在、外来生物が首都近くの海域:日本のEEZ域内に侵入したのだ。 突然の出来事。『昨日』とは全く異なる状況から逃れることも戸惑うことすらも許されず、ごく普通の高校生は『昨日』とは少し違う親友と全く異なる幼馴染らとともに、迫り狂う『滅亡の再来』に対し特殊装甲ARMAで挑む! それが人類に与えられた【最後の希望】だと告げられて…… ◇◇◇ 現代世界に似た世界を舞台にしたSF長編作品。異世界転移を基本ベースにしつつ、ロボットアクションに、政治的な駆け引きに、早熟で未熟な恋愛劇にと、自身が好きな要素を「これでもか!」と加えています。登場人物が割と多めですが、主役・準主役以外にもスポットライトは当てるつもり。毎回いろんなことを調べながら記しているので更新は週1程度ですが、どうぞ最後までお付き合いませ♪ 【ジャンル別ランキング日間1位獲得】(2022.11.02) 【ジャンル別ランキング週間1位獲得】(2022.10.08) 【ジャンル別ランキング月間1位獲得】(2022.10.15) 【ジャンル別ランキング年間4位獲得】(2022.11.02) 【総合ランキング日間1位獲得】(2022.09.28) 【総応援数1,300件到達】(2022.10.28) ※日頃よりのご支援・ご愛顧ありがとうございます(*'ω'*) ※表紙イラストは伊勢周様作(掲載許可取得済)(2022.10.29)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間39分

    この作品を読む