ブログ/活動報告 短編集 連載中

シンカー無芸帖 外伝ノベプラ血風録

作者からの一言コメント

私的な書き殴りです。

読了目安時間:9時間17分

総エピソード数:222話

シンカー無芸帖 外伝ノベプラ血風録の表紙

ノベプラには独立した活動報告ページがないので、ブログの形で届けることにしました。 基本的には活動報告ですが、それほど活動的でもないので、思っていることやら日々の雑感などを書き捨てるかと。 まぁ、普通にブログだと思っててください。

総エピソード数:222話

総エピソード数:222話

作品情報

作品名 シンカー無芸帖 外伝ノベプラ血風録
作者名 シンカー・ワン
ジャンル ブログ/活動報告
タグ ノベプラオンリー ブログ 活動報告 作品解説 雑文 日記もどき 感情垂れ流し 私情丸出し 半分エッセイ 自己中 ネガティブ要素多し だいたい愚痴ってる
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年6月7日 23時03分
最終投稿日 2022年11月30日 0時52分
完結日 -
文字数 278,537文字
読了目安時間 9時間17分
総エピソード数 222話
ブックマーク登録 30件
コメント 491件
スタンプ 792件
ビビッと 152件
応援ポイント 243,550pt
ノベラポイント 230pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ハジマリハ深い谷底から(改訂版1.1)

    BADENDまっしぐらな物語

    23,200

    100


    2022年12月5日更新

    世界大戦の終わりは平和ではなかった。世界規模で行われた人類史上最大の戦争は、ラング帝国の敗北という形で一応の終わりを迎える。戦いに疲れた人々は、ようやく訪れた安寧に胸をなでおろし、失った友、肉親に涙し別れを偲んだ。 ――が、それも永くは続かなかった。世界大戦から10年余り過ぎ、人々が戦いを忘れ始めた頃、それは現れる。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • あじさい色のアミィ~永久に枯れない花束を~

    全てのメイドさん好きの方に捧ぐ

    0

    0


    2022年12月10日更新

    アンドロイドの普及が進み、アンドロイドが『第二の人類』とまで呼ばれる域に至った近未来に、『響 恭平』の元にやって来たメイドアンドロイドの『アミィ』。 アミィは表裏のない素直な性格で、やや気弱で真面目すぎるところはあれど、基本的には主人のために全力をもって仕事に臨む気概を持ったメイドである。 そんなアミィは、恭平の為にメイドとしての仕事をこなそうと奮闘するが、そんな意気込みとは裏腹になぜか失敗の連続で、アミィの中に徐々に自責の念が積もっていく。 恭平はアミィが気楽に仕事に臨めるようにと、アミィを強く咎めることはなかったが、そんな恭平の気遣いは生真面目な性格のアミィには逆効果だった。 そして、自責の念が臨界点まで達したアミィは、ついに恭平に対して思いの丈を爆発させてしまう。そんなアミィを見て、恭平は自分の配慮がいかに軽薄だったのかを痛感する。 だが、それをきっかけとなって、恭平にメイドの主人としての自覚が芽生え、結果としてお互いを再認識することとなり、心機一転、改めて主人とメイドとしての共同生活をスタートさせる。 そんななか、とあるいざこざが引き金となり、アミィの中で、もうひとりのアミィが目を覚ます。 そのアミィは大胆不敵にして徹底したリアリストで、メイドの仕事とは縁遠い卓越した戦闘技術と相手の精神を揺さぶる話術、そして、筋が通らない事柄を見逃せない熱い義侠心を備え持っていた。 時には温厚で控えめ、時には好戦的で現実主義というアンバランスな性格を宿したアミィは、様々な人間やアンドロイドと触れ合いながら様々な出来事を経験し、やがては主人とメイドという枠を越え、恭平と共に道ならぬ険しい恋路を歩んでいく。 そして、その恋路のあらゆる箇所に横たわる二人目のアミィの出生の謎をきっかけに、恭平達は世間を揺るがす大事件へと巻き込まれ、立ち向かい、出会いと別れを繰り返す。 その事件の裏に幾度も登場する二人の男と一人の女。その三人の因縁はあらゆる事象を巻き込みながら交錯し、やがて二人目のアミィの存在そのものへと集約されていく。 この物語は、人工知能が進化を重ねた未来に於いて起こるであろう、人間と人工知能の共存によって生じる正の側面と負の側面を、二人の愛を通じて描いた物語である。

    読了目安時間:31分

    この作品を読む