異世界ファンタジー 短編 完結済

永遠の祝福

作者からの一言コメント

ハッピーエンド至上主義

読了目安時間:9分

数千年も前に不死の呪いをかけられた少年。 生きるのに疲れた彼は小さな村で静かに暮らすが、ある日、少女に手を引かれることになる。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 永遠の祝福
作者名 子供の子
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ほのぼの ハッピーエンド
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年5月27日 23時26分
最終投稿日 2021年5月27日 23時26分
完結日 2021年5月27日 23時24分
文字数 4,379文字
読了目安時間 9分
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 星屑拾いのコブラ

    全12章予定のライトファンタジーです。

    8,400

    0


    2021年6月18日更新

    巨大な外壁に囲った王国『オフィックス王国』 その国にいる唯一の孤児である盗人コブラと唯一の黒い髪をした異邦人の騎士ヤマトは刑罰としての任務を任された罪人として、そしてその罪人の監視、補佐として国外へと旅に出る。任務とは、オフィックス王国に昔から伝えられている儀式『星巡り』を完遂させることだった。オフィックス王国を囲むように点在する12の国で行われる『星巡りの儀式』にコブラたちは挑んでいく盗人と騎士が織りなす冒険ハイファンタジー。 彼ら二人が国を出てすぐに出会ったのは骸骨を被った少女であった。彼女と、オフィックス王国の外にいる集落は何者なのか。そして辿りつく住民が全て眠っている第一の国アリエス王国で出される『星巡りの儀式』とは――。 12の国を巡る長編ファンタジー第一弾開幕。

    読了目安時間:20時間48分

    この作品を読む

  • 竜の秘書

    タイトル通りのトンチキ異世界ファンタジー

    0

    0


    2021年6月18日更新

    (全5話、3万字程度予定)名高き騎士・ヴォルケインは、古竜王グレンを討伐するために、彼の竜の棲むダンジョンに辿り着く。だがそこにいたのは、スーツ姿の受付だった! 古竜王の秘書を名乗る彼女は言う――「アポイントメントはお取りでしょうか?」 ヴォルケインの竜討伐の行方は……!?

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • チートで護る現実《この》世界 ー乙女達は今日も異能者を捕縛する―

    腐敗の夏、乙女達は命で駆ける

    285,674

    43,482


    2021年6月14日更新

    『この現実は君の青春で綴られている』 学園の生徒達が異世界へと転生、転送されてしまう神隠し事件。 『異世界問題』 今日も今日とて異世界に消えた生徒達を救出すべく活動する『生徒会』 生徒会に所属し、異世界と現実を行ったり来たりと忙しい日々を送る綴喜メクルと仲間達。 そんな高校二年の夏、ようやく異世界から何度目かの帰還を果たした、その日、メクルは決意する。 「私、今からいっちょ愛の告白って奴を、してこようかと思います」 彼女には計画があったのだ。 構想3年、長きに渡る恋煩い、片思いの彼と今年こそは夏の思い出を作る大計画だ。 祭り、花火、海水浴、図書館での密かな逢瀬、まさかまさかのお泊り企画まで、 そう、彼女には計画があったのだ。 彼がトラックにふっ飛ばされて異世界へと消えてしまう、その前までは。 片恋慕の彼を追いかけようとするメクル達だったが、その前に現れた謎の男。 異世界にて異能を授かり、自力で帰還した異能者。 『レイズデッド』の登場により、現実世界は緊急事態。 死者を蘇らせるチート能力で現実世界を翻弄するレイズデットと、 異能者捕縛のエキスパート、彼女達『図書委員』の命を賭けた追いかけっこが始まった。 夏の日差しに死の香り、少し早めのお盆にて、陰る命こそは腐敗の頃合。 メクルの恋の行方はどうなることやら。 著作 兎野熊八 表紙イラスト よのね 様 挿絵イラスト Lala hy 様

    読了目安時間:7時間42分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    111,000

    230


    2021年6月18日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:7時間47分

    この作品を読む