完結済 長編

けもみみ~ぼくの生徒のみみとしっぽ~💕挿絵修行中💕

作者からの一言コメント

情けない系主人公と最強女子高生のコメディ

教員免許はとったものの、働き先が見つからずバイトで食いつないでいた山路歩。 誰にも見向きもされない人生を送ってきた彼の元に、田舎の私立学園から願ってもない仕事口が舞い込む。 上司はセクシーなおねぇさん。生徒はオールA級の美少女たち。 夢のような生活の幕開きと思いきや、学園にはある秘密が……。 山路は、いろんな意味で彼女たちに追い回されることになる。 夢が叶いそうで叶わない。 ちょっぴりセクシーでかる~いノリの学園コメディ! 絵描きではないのですが、楽しみながら挿絵を入れていきます。タッチがバラバラだったり、ちょっぴり本文と内容が違ったりしてもご容赦を。 30話から40話で完結予定…でしたが、ちょっと伸びそうです。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 けもみみ~ぼくの生徒のみみとしっぽ~💕挿絵修行中💕
作者名 もず
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ コメディ ほのぼの 男主人公 現代日本 ハッピーエンド アクション/バトル 猫耳 お色気 学園 美少女 ノベプラオンリー 届け、言葉の力PJ 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング 暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年9月1日 21時53分
最終投稿日 2019年12月14日 17時55分
文字数 109,971文字
ブックマーク登録 17件
コメント/スタンプ 159件
応援ポイント 99,670pt
ノベラポイント 1,925pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 夢の超光速機関には人類の罪が隠されていた

    ♡18,100

    〇50

    SF・連載中・56話 K1.M-Waki

    2020年7月15日更新

    現在から少し先の未来、人類は苦しんでいた。 人口爆発──それは、貧富の差を拡大し、差別を助長し、不正と貧困を栄養にして、大きく育っていた。発展途上国であふれた難民は、先進国になだれ込み、経済発展の足を引っ張っていた。 『このままでは共倒れになる』 地球人類を牽引する先進各国は追い詰められていた。 そこで、人口爆発の解決方法として、人類は地球圏外への移住を計画した。 スペースコロニー、月面基地、太陽系惑星のテラフォーミング……全てが失敗し、人類に明日はないかに見えた。 だが、そんな中、三人の科学者──エトウ(Etoh)、スズキ(Suzuki)、パウリ(Pauli)らにより超光速推進機関が発明されてしまった。三人の頭文字を冠して『ESPエンジン』と名付けられたそれは、光速の壁を突破し、何百光年もの距離を隔てた宇宙の果てまで人類を送り出すことに成功した。これにより、人類は太陽系から外宇宙へと進出し、銀河を探索できるようになった。 そして、第七十七太陽系発見に因んで名付けられた六隻目の超光速移民船──ギャラクシー77が、地球を出港し、大銀河の大海原へと飛び立った。 これは、とある事がきっかけでギャラクシー77のパイロットに選ばれた少女の物語である。

  • 2020年7月14日更新

    この小説は小説家になろう、カクヨム、ベリーズカフェにも掲載しております。 人のほかに吸血鬼の存在する世界。吸血鬼は牙と身体能力で人間を襲い、人間は吸血鬼に対抗するため呪術を編み出した。長く敵対してきた両者だが、双方の未来のため吸血鬼と人間との間に和平協定が結ばれ、両種族の恒久の友情を誓ってイル・アンヴァン学院が建立された。敵対から共存へ歩みだして100年を経てなお、人間にも吸血鬼にも相手を滅ぼすべきという過激派が多く存在していた。 優秀だが傲慢でもある吸血鬼の青年キイチ・ブラッド(18)は両種族友好のアピールのため、喧嘩別れしたきりだった婚約者、人間の少女エリカ・ストレンジャー(17)と正式に婚約関係を結ぼうと7年ぶりに故郷アンヴァンへと戻ってきた。アンヴァンでは節目を迎え、人間側でも吸血鬼側でもテロ活動が横行していた。友好のシンボルとなったキイチとエリカは何度もテロリストから狙われることになる。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 天使を崇め奉る。彼らは本当に『天使』なの

    ♡700

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・12話 月緋

    2020年7月15日更新

    友人の世界観「NemesissCode」をベースに作っている二次創作です。 二世紀前に世界を襲った大戦争により、日本は人の住めない土地が半分を占めてしまっていた。ニューアークと呼ばれる新エネルギー、それは原子力よりも深く生物の生存領域を侵し、二世紀経った今でも根深く残り、さらに広がっている。 残された生存圏に人々はリージョナルタワーと呼ばれる階層都市を作り上げ汚染から流れている。 國と呼ばれるようになり、元の日本の面影もなくしたタワーに住む人々。 そんな中、下層には大規模な宗教団体「天使教団」がその信徒を爆発的に増やしていた。 彼らには、この汚染の中でも生き残る術がある。 新しい方舟と呼ばれたエネルギーが洪水のように満ちる世界で、彼らは彼らの生存圏、古き方舟を組み立てる。 本編とは直接関わり合いにならない物語です。 本編には直接登場しない、オリジナルキャラクター、独自の世界観、独自の解釈で掘り進めます。 友人の世界観にはない場所も設定されています。 あくまで二次創作ですが、オリジナルになります。 深淵にて一体の翼を持つ「天使」と出会った主人公は一体、教団をどう導くのか。

  • 2020年7月15日更新

    流星雨が降り注いだ夜、モンスターが徘徊するダンジョンが、世界中に出現した。 平和な日々は終わりを告げ、ダンジョンに潜り、モンスターを狩る事は、人々の義務となった。 最低ランクの能力しか持たない僕は、馬鹿にされながらも、強者の荷物持ちとして、ダンジョンに潜る日々を送っていた。 希望も何も無いそんな日々は、偶然手にした一枚の紙によって、終わりを告げた。 これは、最弱だった僕が、最強を超えて、二つの世界を救うまでの物語。 イラストは、ココナラのちろりるら様に描いて頂きました。 小説家になろう、アルファポリス、カクヨムでも公開中