【鴉】イラスト付設定集 from TSUKINAMI_PJT

読了目安時間:1分

同調・共鳴能力

同調(どうちょう)』『共鳴(きょうめい)』は『(たん)』を破壊する際に行われる動作、及び能力である。 『丹』と『同調』を行いながら、『丹』に衝撃を与えると『丹』を殲滅することができる。 しかし『同調』すればするほど、『丹電子障害』となるリスクが高まる。 そこで、『同調能力』があるもの同士でペアを組み、同時に同じ音の音叉を鳴らすことで『共鳴』を行いそれを防ぐ。 遺伝子の色が遠い者同士で行う事でより強力な力を発揮できる。 『同調』『共鳴』には「音叉(おんさ)」を補助器具として使用する。 同調・共鳴能力の挿絵1 『同調・共鳴能力』の有無は生まれ持った遺伝子で決定している。 遺伝子には『甲』『乙』の2項目がある。 『甲』の遺伝子のうち1つのみを必ず所持し、2つある『乙』の遺伝子のうち1つのみを所持、あるいは所持しない。 『甲』は「白」「紫」の2種、 『乙』は「赤」「黒」の2種である。 同調・共鳴能力の挿絵2 『同調・共鳴能力』がある人間の遺伝子で存在し得る組み合わせは下記6種。 同調・共鳴能力の挿絵3 より効率的に能力を発揮させるため、遺伝子の色が遠い者同士、つまり自分の持っていない色の遺伝子を持つ相手と共鳴を行うことが推奨されている。特定の相棒を『特定共鳴者(とくていきょうめいしゃ)』(特鳴)と呼ぶ。 ▶︎ 鴉 —人類の脅威は、恍惚な聲で人を喰らう—

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 魂鏡石《こんきょうせき》の導き~「偽りの白」が追い求める真実~

    戒めとして、最強の力を自ら封じる。

    5,900

    50


    2021年5月14日更新

    「魂鏡石(こんきょうせき)」――それは人間の正の感情が具現化した、心の結晶。 これを体内に持つ人間は“保有者”と呼ばれ、結晶状の異能を行使できる。 主人公である灰坂 桐夜(はいさか きりや)もまた魂鏡石を持っているが、敢えて自身の魂鏡石ではなく、人工のものを使っていた。「大切な友人を、守れなかった」戒めとして。 ――全ては、4年前の後悔から始まっていた。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • チートで護る現実《この》世界 ー乙女達は今日も異能者を捕縛する―

    腐敗の夏、乙女達は命で駆ける

    256,874

    39,382


    2021年4月18日更新

    『この現実は君の青春で綴られている』 学園の生徒達が異世界へと転生、転送されてしまう神隠し事件。 『異世界問題』 今日も今日とて異世界に消えた生徒達を救出すべく活動する『生徒会』 生徒会に所属し、異世界と現実を行ったり来たりと忙しい日々を送る綴喜メクルと仲間達。 そんな高校二年の夏、ようやく異世界から何度目かの帰還を果たした、その日、メクルは決意する。 「私、今からいっちょ愛の告白って奴を、してこようかと思います」 彼女には計画があったのだ。 構想3年、長きに渡る恋煩い、片思いの彼と今年こそは夏の思い出を作る大計画だ。 祭り、花火、海水浴、図書館での密かな逢瀬、まさかまさかのお泊り企画まで、 そう、彼女には計画があったのだ。 彼がトラックにふっ飛ばされて異世界へと消えてしまう、その前までは。 片恋慕の彼を追いかけようとするメクル達だったが、その前に現れた謎の男。 異世界にて異能を授かり、自力で帰還した異能者。 『レイズデッド』の登場により、現実世界は緊急事態。 死者を蘇らせるチート能力で現実世界を翻弄するレイズデットと、 異能者捕縛のエキスパート、彼女達『図書委員』の命を賭けた追いかけっこが始まった。 夏の日差しに死の香り、少し早めのお盆にて、陰る命こそは腐敗の頃合。 メクルの恋の行方はどうなることやら。 著作 兎野熊八 表紙イラスト よのね 様 挿絵イラスト Lala hy 様

    読了目安時間:7時間13分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • きのう何読んだ? ~ノベプラ読書ログ~

    読んだ作品のリンクをただただ載せてます

    97,737

    46


    2021年5月13日更新

    ノベプラ内で前日に読み、コメントまたはスタンプをお送りした作品のリンクをひたすら載せていきます。 一言コメントを添える場合もあります。 応援レビューを書いた日はそれも載せています(日付横に「☆」がある日は応援レビューを含みます)。 その他詳しくは「これはなに?」をご参照ください。 ※ 2020/12/28 200話到達いたしました。 201話目以降は一覧の1ページ目に表示されません。 「次へ」クリックで2ページ目に移りますので、最新話はそちらからご確認くださいませ。

    読了目安時間:2時間54分

    この作品を読む

  • 一万字まで小説読ませてください

    私の寿命が尽きるその日まで続けます

    1,904,948

    4,974


    2021年5月13日更新

    2020/10/10 200話記念により表紙がつきました。 志茂塚ゆり様、ありがとうございます!! 基本は書き手の私ですが、自分に足りないものを補うため、色んな思いやその中に隠されたものを理解しくみ取る能力を身に着けたくて隠れた名作を読んで学んでいきたいと思っています。正直者ゆえ、酷評になってしまいがちな可能性はありますが、それでもいいですよ!という心優しい方の作品をお待ちしています。もしかすると、勝手に読んで勝手に感想の時もあるかもですが、そのへんは許してくだされ…… 皆さまの素敵な作品をお待ちしています。よろしくお願いいたします。 *** ※200話以降のエピソードは「次へ」のボタンを押さないと開けません。 201話以降のエピソードを探す際はお手数ですが次のページを開いてくださいね! ※何度か自主企画の運営をお手伝いor企画を立ち上げる、といった回数が多くなりましたので、読書順番票の次のエピソード、『4話』に参加する企画、主催する企画などのお知らせを残していくようにいたします。終わった際はお礼を述べた後に<非公開>させて頂きます。 作品紹介と共に、よろしければチェックしてみてくださいませ。

    読了目安時間:8時間41分

    この作品を読む