詩/短歌 短編集 連載中

Planets melody

作者からの一言コメント

言葉たちは私の宇宙の中で星になる。

Planets melodyの表紙

 歌おうとしても歌うことが出来ない、でも私の中に度々生まれてくるメロディのような何かに言葉を乗せるような感覚で書いてみました。  ※重複投稿・・・こちらの作品は『アメーバブログ』『小説家になろう』『カクヨム』にも掲載しております。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 Planets melody
作者名 七瀬渚
ジャンル 詩/短歌
タグ 詩集 挿絵つき 不思議系
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2021年3月8日 16時12分
最終投稿日 2021年4月12日 12時30分
完結日 -
文字数 6,638文字
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 〜異世界問題はこちらまで〜 ギャル勇者メーシャちゃんに、まとめて全部まかせろし!

    とりま異世界救っちゃうし!

    117,200

    920


    2021年4月12日更新

    『──力が、欲しくねえか?』 ちょっと偉そうな俺様系神様が異世界を救うために選んだ勇者は…………ギャルな女子高生"いろはメーシャ"だった! 『おけ。その"力"ってやつ、使ったげてもイイよ!』 って、軽すぎ!? そんなこんなで勇者になったメーシャに待ち受ける試練は……。 『邪竜にさらわれたお姫様を救う』 それきた! 『おじいちゃんおばあちゃんの足腰を治す』 医者か! 『封印されしモンスターの討伐』 ファンタジーっぽい! 『迷子探し』 地球と変わんないじゃん! そんでもって『神様を倒した邪神の討伐!』 って、神様倒されてたんかい! 『不意打ち食らっちまってな……』 しゃーない! こうなったら、異世界問題ドンと来いだ! このギャル勇者メーシャちゃんに……まとめて全部任せろし!

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間46分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    タイムスリップしたなら変えてやらぁ!!

    30,900

    340


    2021年4月10日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります※ あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなえかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から救って貰えた。 どうにか保護して貰えた。 それでも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めたんだ。 誰も愛さねぇ。 誰も選ばねぇ。 誰も信じねぇ。 誰も望んでねぇ。 誰も求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? 更に、あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 過ごす中でも様々を悩む中でも何も判らない。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為、歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を、未来に託す事を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17時間45分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ヤマアラシのジレンマ

    素直になり切れないけどホントはね

    99,427

    316


    2021年4月12日更新

    別HNで別サイトに掲載したことのある過去作をブログから移転しています。 素直になりきれなかったり、かわいくなかったり、でも本当はね。 そんな気持ちを集めていきます。 『ヤマアラシのジレンマ』とは「自己の自立」と「相手との一体感」という2つの欲求によるジレンマ。 寒空にいる2匹のヤマアラシがお互いに身を寄せ合って暖め合いたいが、針が刺さるので近づけないという、ドイツの哲学者、ショーペンハウアーの寓話による。 但し、心理学的には、上述の否定的な意味と「紆余曲折の末、両者にとってちょうど良い距離に気付く」という肯定的な意味として使われることもあり、両義的な用例が許されている点に注意が必要である。 なお、実際のヤマアラシは針のない頭部を寄せ合って体温を保ったり、睡眠をとったりしているらしい。

    読了目安時間:2時間32分

    この作品を読む

  • 月の満ち欠け 巡る星々

    沢山の思考の一つとなれればいいな

    4,200

    20


    2021年4月12日更新

    過去作品です。 毎日更新中(土日祝を除く)

    読了目安時間:4分

    この作品を読む