Planets melody

読了目安時間:1分

流星の涙とサヨナラの夜

 きっと僕が勝手なんだよ  なんとなくわかっていたんだ  星も見えない夜に  空がすすり泣く夜に  僕はやっと  君を自由にした  君しかいないのは本当だった  こんな馬鹿に付き合ってくれるのなんて  見捨てないのなんて  きっと君くらいしかいないって  でも君のそれは優しさなんかじゃなくて  そうする以外に知らないって  わかったときに やっと僕は  自分の罪の重さを知った  ぬくもりは欲しいけど  面倒くさいのは嫌だ  反吐が出るような本音  こんな僕に  一体誰が応えてくれるの  甘えさせるようなフリして  本当は僕が甘えてた  僕はいつから独りだったの  先に大人になったのは君  頬を撫でた冷たい手  流星のように綺麗な涙  震える声で切なげに  もう知らないよって言ったよね  独りじゃ生きていけないくせに  きっとそういう意味だよね  君は本当に優しくなってしまった  いいんだ  僕が勝手だったんだ  もう自由になって  好きなところへ行って  好きな人を愛して  振り向かないで  おかしいな  星が降り注いでる  さあ 早く  僕のみっともない声が溢れ出さないうちに

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 元王宮魔導士は我が道を征く〜前に出たがる姫のサポートをしていたら無能と呼ばれ王宮を追放されたので、旧友たちと栄光を掴むことにした〜

    ざまあ系ファンタジーの幕開け!

    91,678

    470


    2021年5月10日更新

    「––貴様のような無能はクビだ」 その言葉で、王宮魔導士として姫に仕えていたアルフレッドは追放されてしまう。 今まで積み重ねてきたものを否定され、抜け殻同然となった彼の前に現れたのは魔法学園時代の友人だった。 差し出された手をとり、アルフレッドは再び立ち上がった。 こうして、一度全てを失った元王宮魔導士の物語は確かに動き始めた。 一方、姫はアルフレッドを失ったことで、次第に歯車が狂い始めていた。 自分がしでかしたことに気づいた時ときには、もう何もかも遅かったのだ。 戻ってこいと懇願しても、その声が届くことはなく。 ––冒険者のてっぺんになる。 今度こそ、友人たちと思い描いた夢を叶えてみせる。 はみ出し者同士で集まったパーティー、ロードオブグローリーで栄光を掴むと決めたのだから。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間11分

    この作品を読む

  • ヨミガラスとフカクジラ

    全てを失った英雄を廻る、奇妙な運命。

    30,900

    0


    2021年5月12日更新

    飛行船により、浮遊大陸から人々が空へ駆け出して二世紀以上。 空中連合都市“バラクシア”の首都、工業都市“レガリス”はバラクシア国内で勃発した奴隷制度を巡る浄化戦争を乗り越え、奴隷制度を存続させる事に成功していた。 黒羽の団と呼ばれる抵抗軍の撲滅と奴隷制度の推進を掲げ、レガリスの帝王と帝国軍による帝国は益々隆盛を極めていく。 そんな中、“レガリス”において全てを失った男が居た。

    読了目安時間:5時間44分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る