異世界ファンタジー 長編 完結済

にゃんこびと。死霊の騎士と十二の厄災

作者からの一言コメント

厄災を巡る骸骨騎士と猫小人の戦いの記録。

にゃんこびと。死霊の騎士と十二の厄災の表紙

 地球とは違う世界。すなわち異世界。そこでは多種多様の種族たちが生を謳歌していた。  人間族、エルフ、ドワーフ、獣人。そして、小人族。  その小人族の中に、更に珍妙な種族が存在した。   その名も【にゃんこびと】。彼らは猫の特徴を持つ、十センチメートル程度の小人族である。  手のひらに載ってしまうサイズであるにゃんこびとは、その猫の特徴と性格を持つが故に可愛らしい。  しかして、その身体能力は人間族を圧倒し、尚且つ【弱肉強食】を掲げる戦闘民族でもあった。  そんな彼らはある日、にゃんこびとの兄妹が連れてきた【死したる黒き騎士】との出会いによって、大いなる運命に導かれることになる。  かれらと相対するは、絶望的な力を有し、悪逆の限りを尽くす【十二の厄災】。  全ての命、そして世界そのものを滅びに誘わん、とする厄災に敢然と立ち向かうにゃんこびとと仲間たち。  果たして、彼らは理不尽極まる存在にどう立ち向かい、どう打破してゆくのか。  剣が煌めき、魔法が踊り、戦闘ロボットが閃光を放つ。  鎖から解き放たれた獣たちによる、世界の存亡を賭けた戦いが、今、始まる。    これは、小さな勇者たちと、彼らに仕える死霊の騎士の壮絶なる闘いの記録である。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 にゃんこびと。死霊の騎士と十二の厄災
作者名 なっとうごはん
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ノベプラオンリー 西洋風 ほのぼの シリアス アクション/バトル 勇者 人外 異能 R15 にゃんこびと ロボット 骸骨 第2回ノベプラ大賞 男主人公
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年1月1日 9時49分
最終投稿日 2020年11月6日 19時34分
完結日 2020年11月6日 19時34分
文字数 1,090,888文字
ブックマーク登録 55件
コメント 268件
スタンプ 363件
ビビッと 1件
応援ポイント 468,250pt
ノベラポイント 1,060pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 怪異と戦う一人の少年の物語

    ♡78,400

    〇37,630

    ミステリー・連載中・24話・79,105字 ネコカレー

    2021年2月26日更新

    ある日、霧崎=悠は夢を見た長い黒髪の幼き少女が悠に「遊ぼ」と声をかける。すると手の甲に時が刻まれ、それが零になると悠は「死」ぬと少女が言う。 その遊びの内容は怪異と戦うことだった… 霧崎悠は異能力「黒レコード」を使って怪異の謎を探り正体を突き止め戦う。

  • 悪夢になろうとも、ただ君を守りたかった。

    ♡14,800

    〇10

    現代/その他ファンタジー・連載中・11話・33,199字 ぷりん頭

    2021年2月28日更新

    サントリナ王国とディアスキア王国で、資源をめぐる戦争真っ只中の世界。 高度な技術力を持つ、ディアスキア軍の機械兵士に押されつつあったサントリナ王国は、機械兵士に対抗する軍隊とは別の戦力【独立戦闘騎士団】を設立し、また騎士育成のための【王立騎士養成学校】を設立。 圧倒的な力で機械兵士をねじ伏せる力をもつ【独立戦闘騎士団】はディアスキア王国に悪夢を齎したことで【ナイトメア】と呼ばれるようになった。 こうして優勢となったサントリナ王国だが、本来の計画はまだ終わりを迎えていない。叡智の計画、【H計画】は始まったばかりなのだ。 王立騎士養成学校に通う、天才とよばれる青年レカム・スターチスもまた騎士を目指す、戦闘部隊の【騎士見習い】だった。 相棒のライラック・アイリスの発言でひょんなことから、指揮統括部隊の自称天才美女シオン・アングと出会う。 この出会いが、彼の運命を大きく変えていくことになる。 例えそれが仕組まれていた出会いだったとしても、君を忘れることはできない。 君の戦略的大勝利だ、俺は2度と、君には勝てない。 愛と悲しみの、儚く切ないふたりの物語。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ファンタジー世界でおっさんが喧嘩します。

    ♡37,300

    〇40

    異世界ファンタジー・連載中・379話・748,150字 コーヒー微糖派

    2021年2月28日更新

    勇者と魔王の戦いの舞台となっていた、"ルクガイア王国" その戦いは多くの犠牲を払った激戦の末に勇者達、人類の勝利となった。 そんなところに現れた一人の中年男性。 記憶もなく、魔力もゼロ。 自分の名前も分からないおっさんとその仲間たちが織り成すファンタジー……っぽい物語。 記憶喪失だが、腕っぷしだけは強い中年主人公。同じく魔力ゼロとなってしまった元魔法使い。時々訪れる恋模様。やたらと癖の強い盗賊団を始めとする人々と紡がれる絆。 その先に待っているのは"失われた過去"か、"新たなる未来"か。 ◆◆◆ 元々は私が昔に自作ゲームのシナリオとして考えていたものを文章に起こしたものです。 小説完全初心者ですが、よろしくお願いします。 ※なお、この物語に出てくる格闘用語についてはあくまでフィクションです。 表紙画像は草食動物様に作成していただきました。この場を借りて感謝いたします。

  • 正義の味方じゃねぇ。オレは『勇者』だ。

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・1話・2,028字 彩風悠璃

    日時集計中

    表紙イラスト:桃江 もこ 様(@yamucooo) ※HJ大賞2020後期用の大幅改稿版です。 「俺たちがやってる事は正しいって、俺たちが信じねえと一体誰が信じるんだ?」 そう言い残し、勇者クヴァイは笑顔で命を落とした。 一人の少年、シルトを残して。 魔族に支配され、現状を受け入れて慎ましく生きることを選んだ人類。 彼らにとって魔族と敵対する存在の『勇者』は"利己的な厄介者"でしかなかった。 ――下手に魔族を刺激しなければ、苦しくても生きていけるのに。 クヴァイと死に別れて十年の月日が流れた、ある日。 シルトは幼馴染の少女メルシーを助けるために魔族へと立ち向かって―― 世界中から最も嫌われる存在――『勇者』となった。 これは「勇者とは何か」を追求する、邪道で王道なダークファンタジー。 正義のためでも、ましてや世界平和のためでもなく。 自分と、大切な人の為に勇者であろうとする青年の物語である。 ◆ ◆ ◆ 「第14回 ふりーむ!ゲームコンテスト」にて「健闘賞」を受賞した、 長編ダークファンタジーストーリーRPGを【ふたつだけ設定を変えて】作者自らノベライズ化! 原作フリゲ→https://www.freem.ne.jp/win/game/16872 それは【ヒロインのメルシーが女キャラだったら?】と【原作では賛否両論だったエンディングがハッピーエンドだったら?】 基本的な設定は原作ゲームと同じですが、物語の大筋は大きく異なります。 嫌われ勇者シルトと、男装僧侶メルシーのほんのり甘酸っぱい恋愛のスパイスを交えてお贈りします。 完全に別物として生まれ変わった「俺は勇者なんかじゃない」略して俺勇の物語。 原作ゲームを知らなくても全く問題のない作りになっていますので 原作をご存知の方も、触れたことの無い方も、ぜひ読んで頂けますと幸いです。 ※先天性女体化設定なので、TS要素はありません。 ※本作はリメイクでもバージョン違いでもない、全く別物の作品として取り扱っております。 ※恋愛要素もあります。シルト×メルシー(♀)メインです。苦手な方はご注意ください。