ミステリー 短編 完結済

声劇台本「どんでん返し」

作者からの一言コメント

どんでん返しのバーゲンセールのような作品

読了目安時間:3分

どんでん返しに次ぐどんでん返し! まさに、どんでん返しの大バーゲンセール! 男と女が組んで悪いことをして大金をせしめた後、醜い裏切り合いをします。 某サイトのコンテストでの「どんでん返し部門」の議論に触発されて遊びたくなってしまいました。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 声劇台本「どんでん返し」
作者名 でんでろ3
ジャンル ミステリー
タグ どんでん返し コメディ ギャグ サスペンス ナンセンス 声劇台本 声劇 台本 ユーモア お笑い さし劇 2人声劇 2人声劇台本
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年1月14日 19時07分
最終投稿日 2021年1月14日 19時08分
完結日 2021年1月14日 19時05分
文字数 1,423文字
読了目安時間 3分
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 3件
ビビッと 2件
応援ポイント 900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 霧の中に悪魔がいる

    あなたは人を信じますか?

    1,400

    0


    2021年7月29日更新

    冒頭のあらすじ 家族旅行で訪れた自然の豊かな山。その中腹に建つレストランで休憩していると、真っ白な濃霧が外に広がった。客の老婆は聖書を掲げ「悪魔が来た」と奇声を上げる。初めは他の客は誰も信じないが、人智を超える出来事が次々と起こり始めると、次第に人々は老婆の言葉を信じるようになった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間29分

    この作品を読む

  • 瑠璃色の葬列

    とある一族の悲劇を描く、サスペンスホラー

    79,600

    0


    2021年7月29日更新

    表紙・挿絵イラスト:かにょ 【@niyo_0715 (https://twitter.com/niyo_0715?s=21)】 《あらすじ》 愛する祖母の死。 悲しみにくれる間もなく始まった、祖母の遺産と次期当主を巡る醜い争い。 その中で藍は『指輪』を受け継ぐ。 殺人事件の唯一の目撃者になってしまった藍。 藍につきまとう、殺人鬼と警察官の二つの顔を持つ瑠璃。 第一の被害者の助手を名乗る少年。 秘密を抱えた従兄弟たち。 暴かれる一族の秘密。 今、血に塗れた愛憎劇の幕が上がるーーー! シナリオ/本文:長場 工 原作/監修/イラスト:かにょ 毎日22時更新。 かにょ原作の「ソウルドールズ」のキャラクターたちをお借りした三次創作になります。 彼らがサスペンスホラーの世界で繰り広げる愛憎劇をお楽しみください。 ジャンルはミステリーに設定しましたが、謎解き要素はほとんどありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間8分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 漂流してきたお姫様と浜辺の巨神

    描いていて明るい気持ちになりました👸

    2,500

    30


    2021年7月29日更新

    「ねぇねぇ、次は砂のお城を作りましょう」 「うん、わかった」 1人浜辺で遊んでいた少年、彼がたまたま見つけたのはオモチャのような潜水艦。 その中から出てきたのは、なんと赤いリボンを付けた小人の女の子だった。 最初は驚く少年も2人は意気投合し一緒に遊ぶことに。 少年と女の子が届ける現代ファンタジーのショートショートストーリー🎵

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 操竜姫戦記~青い瞳の少女と赤い双眸の黒い竜~

    愛ゆえに人は狂気に染まる

    9,900

    50


    2021年7月29日更新

    エルシアン大陸、アルノリア王国。 そこは人類の残された唯一の大地。だが、古の時代より亡者と呼ばれる怪物の侵攻をたびたび受けている。それに対抗する力、竜を操る者たちがいる。 彼らは操竜者と呼ばれ、騎士団を形成し国と人々を守り続けている。 そして、操竜者になるべく一人の少女、ステラが儀式を受ける。 だが、そのれは失敗に終わる。 騎士団長であり父であるレグルスから騎士団長室へと呼ばれる。 そして言い渡されたのは、竜の墓場に行って来いという任務だった。 逆らうこともできず、ステラは竜の墓場へと向かった。 そこで、運命の邂逅を果たす。 そして、物語の歯車は動き出すのだった……。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間21分

    この作品を読む