連載中 長編

星使い ティンクル・ライツ ~願いは流星とともに~

作者からの一言コメント

最後に星空を見上げた夜はいつですか?

「流れる星のキセキをここに!」 妖精、それはかつて人の側にあった者達の名。今は遠き記憶の存在となっている者達。 星妖精の少女、ライツの願いは「友達をつくること」。思いがけず飛び込んでしまった人の住む地上界で一人の少年と出会う。 彼の名は洋介。人ではない「友達」と過ごした思い出を胸に、いつか再会できることを夢に見ていた。 二人が出会った時、新たな星使い“ティンクル”の伝説が始まる……。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報
作品名
星使い ティンクル・ライツ ~願いは流星とともに~
作者名
想兼 ヒロ
セルフレイティング
なし
初掲載日
2020年1月16日 0時14分
最終投稿日
2020年3月26日 11時33分
文字数
67,529文字
ブックマーク登録
16件
コメント/スタンプ
26件
応援ポイント
18,200pt
ノベラポイント
300pt
応援レビュー
1件