プロフィール

読み書き共にノベプラ専門です。 みんなの小説、楽しみにしています♪ ゆっくりですがたくさん読みたいです。 お気軽にTwitterなど。 https://twitter.com/aria_nico

ブックマーク

一覧

  • 地球の青年と異世界の姫が肉体を共有します

    ♡4,093,339

    〇17,179

    異世界ファンタジー・連載中・546話・1,452,974字 白玖

    2020年10月22日更新

    愛する弟と妹の為にと、あらゆる努力を積み重ねて、人としておかしい領域に辿り着いた青年「ミタカ モトキ」。 幸せな人生を謳歌するモトキは、不運なことにトラックにより命を落とし、その記憶を保持したまま異世界に転生することとなる。 弟と妹のいない第二の人生に興味のないモトキは、病弱で虚弱な余命幾ばくもない異世界の姫「セラフィナ」に、自分の命を丸投げして助けることを選ぶ。 しかし死の淵より生還したセラフィナの中には、消滅するはずだったモトキの魂が残り、2人は1つの体を共有することとなる。 立場も強さもまったく違う2人は、力を合わせて困難な第二の生を生き抜くのだった。 毎日0時頃最新。 この小説は小説家になろうでも投稿しております。 感想等お待ちしております。

  • ゲームを舞台にした『人』を描いた物語です

    ♡729,257

    〇1,276

    SF・連載中・113話・386,231字 風雲 空

    2020年10月19日更新

    私、秋月真里の手元には、今1本のソフトがある。 それがMebius World Onlineという、VRMMORPG? というゲームらしい。 正式サービス開始時の倍率は相当だったというけれど、7つ下の妹がどこからか入手して、 5つ下の弟に「たまにはゲームでもして息抜きしろよ」と半ば強引に勧められ、 私はゲームの世界に飛び込む羽目になった。 ゲーム初心者の私にはハードルが高過ぎることの連続だけれど、 まあ、弟妹が勧めてくれた通り息抜きだと思ってのんびり体験してみるよ。

  • かつて世界を救った小さな機械達と少年の話

    ♡814,550

    〇88,940

    SF・連載中・148話・217,076字 ゆるは

    2020年10月19日更新

    かつて世界を救った、とある小さな人型の機械達がいた。 一度は英雄として称えられた彼らだったが、再び戦争が起こる事を恐れた人々の手によって、記憶は消し去られ、遠く離れた荒廃した星に隔離されてしまった。 数百年の時が経ち、宇宙戦争も忘れ去られた頃、惑星運送業を営む少年レイが、彼らが隔離されている星に不時着してしまう。 宇宙船も故障し絶望的な状況下、レイはガラクタの寄せ集めで作られた小さな人型ロボット『N2』と出会う。 ※カクヨム、小説家になろうにも同作品を掲載しています。

  • 真エンディングの条件は「全員救済」

    ♡2,442,010

    〇33,435

    異世界ファンタジー・連載中・146話・405,314字 Imaha486

    2020年10月18日更新

    - Illustrator かぼちゃ 「シーフと一緒に世界を救ったってのは、コンプライアンス的に色々とマズいんだ」 そんな意味の分からない理由で勇者パーティを追い出されたシーフのカナタだったが、故郷へ帰ろうにも、そこは魔王の城に最も近いサイハテの街。 宿や食事代は超高額、街を一歩出れば強敵モンスターだらけ、しかも財布の中身は無一文……。 ――そして、この世界は滅ぶ運命にある"救いのないセカイ"だった。 だが、そんな絶望的状況での「水の精霊エレナ」との出会いが、彼を……いや、世界の運命を大きく変える事になる。 カナタに課せられた使命はただ一つ。 それは、かつて誰にも知られる事無く悲劇の結末を迎えた者達を全員救い、この世界が平和を迎える「真のエンディング」へと辿り着くこと!

  • ノベプラの作品紹介です。

    ♡213,421

    〇4,383

    作品紹介・連載中・37話・130,966字 野上

    2020年10月18日更新

    舞台等の台本風にノベルアップ+の作品を紹介して見ようと思います。 以下本文より改変及びに一部抜粋。 制服姿の二人の少女が公園のベンチで話をしている。 少女1「ねぇ、ノベプラ堂って本屋なんだけど、知ってる? そこ本屋なのに本が置いて無いんだってー」 少女2「なにそれ、本屋じゃ無いでしょそれ」 少女1「でもね、行った人は面白い作品に出会えたって、みんな言ってるらしいよ」 少女2「ますます分からん」 首を傾げる少女2 少女1「ニーはそうゆーの好きでしょ。少し不思議なの」 ニーと呼ばれた少女「確かに好きだけど、どこにあるのよ、そのナンタラ堂ってのは」 少女1「どこにでもあって、どこにもないって聞いたから、ニーに話したんだよ。アタシも気になるからそーゆーのに強いニーならなにか分かるかなって」 ニーと呼ばれた少女「シンプルに考えればネットかな? スマホが通じれば『あるし』スマホが無ければ『無い』になるでしょ」 少女1「あっそっか! んじゃ探そうか? ノベプラ堂」 ニーと呼ばれた少女「ハイハイ、検索検索、あーも検索しなさいよね」 アーと呼ばれた少女「はーいって、あれ? なんかマップが出たんだけど、どうする?」 ナレーション「 不思議な本屋『ノベプラ堂』を探し出した少女達。 少女達が『ノベプラ堂』で見たモノとは」 表紙に『藤原 アオイ』さんから頂いたイラストを使用しております。