プロフィール

テンプレという物と無縁な作品を手掛けています。 極端に人を選びますが、相性が合った方の評価も極端に高いです。 基本活動地点はなろうです。他の作品を見たい方はどうぞ→https://mypage.syosetu.com/964739/ それとものすごくゲンキンな作者なのでポイントとか感想とか評価とかしてくれればそれだけ筆が早くなります。 逆にジョークを受け取ってもらえないとバッドマンが出てこないジョーカーの如く失意の内に失踪します。

ブックマーク

一覧

  • 魔法は使えるけど、話が違うんじゃね!?

    魔法がある世界で、なぜ銃撃戦してるんだ?

    162,400

    5


    2021年7月22日更新

    「話が違う!!」 思わず叫んだオレはがくりと膝をついた。頭を抱えて呻く姿に、周囲はドン引きだ。 「確かに! 確かに『魔法』は使える。でもオレが望んだのと全っ然! 違うじゃないか!!」 全力で世界を否定する異世界人に、誰も口を挟めなかった。 異世界転移―――魔法が使え、皇帝や貴族、魔物、獣人もいる中世ヨーロッパ風の世界。簡易説明とカミサマ曰くのチート能力『魔法』『転生先基準の美形』を授かったオレの新たな人生が始まる! と思ったが、違う! 説明と違う!!! オレが知ってるファンタジーな世界じゃない!? 放り込まれた戦場を絶叫しながら駆け抜けること数十回。 あれ? この話は詐欺じゃないのか? 絶対にオレ、騙されたよな? これは、間違った意味で想像を超える『ファンタジーな魔法世界』を生き抜く青年の成長物語―――ではなく、苦労しながら足掻く青年の哀れな戦場記録である。 【注意事項】BLっぽい表現が一部ありますが、BLではありません (ネタバレになるので詳細は伏せます) 【同時掲載】アルファポリス、カクヨム、エブリスタ、小説家になろう、ノベルアップ+、ノベルバ 2019年7月 ※エブリスタ「特集 最強無敵の主人公~どんな逆境もイージーモード!~」掲載 2020年6月 ※ノベルアップ+ 第2回小説大賞「異世界ファンタジー」二次選考通過作品(24作品)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:37時間51分

    この作品を読む

  • 命断つ剣に約束の花束を

    医師と貴族そして処刑人の"命"の物語

    73,650

    20


    2021年7月17日更新

    神歴1749年、神聖ルーレンス王国で彼ら彼女らは出会う。 処刑人の家系に生まれ、やがて望まない才能を開花させる少年・エドワード。 医師の家系に生まれ、全ての人を助けたいと願う少年・シャルル。 貴族の家系に生まれ、やがて王国最後の王妃となる少女・エヴァ。 時代の変革期に出会った三人は、それぞれの使命と運命に翻弄され、どこに行きつくのか。 命を奪う者、命を救う者、命を育む者の物語。 18世紀のフランスをモデルにした、架空伝記。 ――開幕。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間45分

    この作品を読む

  • 古さを感じない小説の書き方

    どこから読んでも大丈夫です

    76,375

    11


    2021年7月11日更新

    100年後に読んでも古さを感じない小説はあるのか? どうすれば書けるのか? 僕が小説について考えたアレコレを適当に書きます。皆さんの意見を聞かせてくれたら嬉しいです。 どこから読んでも大丈夫です。

    読了目安時間:47分

    この作品を読む

  • 文系ドラゴン、旅に出る~老竜と行く諸国漫遊詩歌の旅~

    数百年引きこもってましたが、旅に出ます。

    55,200

    130


    2021年7月6日更新

    スヴェドボリ山の洞窟に三百年余り引きこもっていた老竜・オーケビョルン。 文筆家としての自作を世に送り出すためと、食料を調達するための外出以外はずっと洞窟の中で過ごして、石板に爪で文字を彫っているインドア派ドラゴンだ。 ある日、完全なスランプに陥ってしまったオーケビョルンは、数少ない友人であり自作を持ち込む相手であるマルクスに知恵を借りに行く。 そこでマルクスから提案されたのは「諸国を渡り歩き、インスピレーションを得てはどうだろう」ということだ。 しかし彼は根っからの引きこもり。スヴェドボリ山の周辺から出たことすらない。 怖気づく彼の尻を、彼に同行することを決めたマルクスに叩かれながら、オーケビョルンは慣れ親しんだ洞窟から飛び出した。 とりあえずは山の聳えるバーリ公国の中を、引いては大陸中の様々な国を渡って、自作を書き留めて残すのだ。 今、八百歳を超える文系ドラゴンの、気ままな旅が始まる。 ※さくも様(@sakumo_mizuiro)主催の「プロローグ祭」参加作品です。 https://twitter.com/sakumo_mizuiro/status/1166901080577363969 ※表紙イラストはごんのすけ様(@LeoLeo0630)に描いていただきました。ありがとうございます! ※カクヨム、アルファポリス、エブリスタでも並行して連載しています。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054891419424 https://www.alphapolis.co.jp/novel/103558036/308307794 https://estar.jp/novels/25635916

    読了目安時間:2時間1分

    この作品を読む

  • 花街妖物語

    花街吉原を舞台にした怪異譚。

    59,800

    185


    2021年7月3日更新

    ここは吉原。虚飾と悲哀に彩られし花の街――。 吉原にある遊廓の一つ、太田屋。 その番頭である全と下男である涼一が目にするは、げに恐ろしくも悲しき怪異。 やがてそれは、二人の在り方をも変えていく――。 花街吉原を舞台に、対照的な二人が怪異に挑む。 毎週月曜日、19時頃更新(予定)。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間10分

    この作品を読む