プロフィール

少年漫画で育ったせいか、書くもの全てが少年漫画風になるので困っています。 こんにちは、湊波(そうは)です。 ノベラちゃんの可愛さに惹かれて始めました。普段はカクヨムまたはツイッターに生息していますが、ノベプラでも少しずつ交流していきたいと思います。 よろしくお願いいたします。 *執筆について こてこての異世界ファンタジーと甘酸っぱい恋愛の中間のような物語を、好きなように書いています。魔法、剣、陰謀、龍 etc...といったキーワードを愛してやみません。 シリアスからのハピエンが好物なので、そんな話ばっかり書いてます。 頂いた感想は大事に読ませて頂いております(返信が遅いのは、じっくり考えてからお返事を書きたい性分だからです…申し訳ありません…。

ブックマーク

一覧

  • この世は所詮蝴蝶の夢でありんす。

    ♡201,610

    〇5,455

    文芸/純文学・連載中・24話 ピギョの人

    2020年6月14日更新

    いつ、誰が言い出したのかは定かでないが、人々の間で囁かれている噂が一つ。 曰く、この世のどこぞに人の一生を見通せる魔女がいるとか。 曰く、その魔女に分からない事はないのだとか。 曰く、その魔女の元へは強く望んだ者しか辿り着けないとか。 曰く、その魔女は誰をも虜にする絶世の美女だとか。 曰く、曰く…… * どの世界にも存在し、どの世界にも属さない狭間の異境ーー朧邸。 魔女が住むと言われているその邸に、ある日『少年』がヒトリ流れ着く。 邸の女主人と訪れる様々な客たち。出会いと別れを繰り返す中、記憶をなくした『少年』の選択は…… 「この世は所詮蝴蝶の夢。合うも不思議、合わぬも不思議。ただ何事もはかない夢の浮世でございんす」 *この作品は純文学×キャラ文芸。二人の人物の視点が三人称と一人称でそれぞれ語られる作風になっております。