プロフィール

小説家を目指し、執筆活動に勤しんでいるフリーランスデザイナーです。 バディもの、ブロマンスものを好んで書きます。 少しでも読んでいただけたら、さらに一言でも感想をいただけると励みになります。 どうぞよろしくお願いいたします。

ブックマーク

一覧

  • 三度目の創世〜樹木生誕〜

    「……世界を新しく作る。三度目だ」

    11,200

    0


    2021年4月13日更新

    国単位で起こる超常現象『革命』。全てを無に帰し、新たなる文明を作り直す為の…神による手段。 日本で『革命』が起こり暫く。『新』日本は、『旧』日本が遺した僅かな手掛かりを元に再生を開始していた。 ある者は取り戻す為。ある者は生かす為。ある者は進む為。 --そして三度目の創世を望む者が現れる。 近未来日本をベースにしたちょっとしたバトルファンタジー。 アルファポリス様からの転載分となっております。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間7分

    この作品を読む

  • 現世堂の奇書鑑定

    古書店店主×幼馴染大学生のBLミステリー

    44,600

    110


    2021年4月13日更新

    古書店店主×幼馴染大学生のBLサスペンスミステリー。 古書店『現世堂(うつしよどう)』の店主・檜山正樹。三十歳でありながら総白髪と全身に酷い火傷痕を持つ彼は、古書の他に一風変わった背景や事情を持つ“奇書”を鑑定し売買することを生業としていた。 そんな彼を手伝うのは、幼馴染である大学生の慎太郎。恋する彼は押しかけ女房のごとく檜山の家に居候を決め込むも、特に進展する様子は無かった。 しかしある日、いつも通り店を開けた二人の元に不気味な本を持った客が訪れ、二人は奇妙な事件に巻き込まれていく。 【第1章 ブラック・オルロフの誘い】 手にした物を不幸なる死に至らしめる呪われた宝石ブラック・オルロフ。それが嵌め込まれた本を持ってきた男は、売買の条件に「この本を買う人間の名前を教えてほしい」と檜山に頼むが……。 【第2章 或る小説家の遺稿】 「私の祖母は、芥川龍之介の愛した情婦でしたの」 およそ古本屋に場違いな黒いドレスを纏った女性は、そう言うと檜山に分厚い原稿を差し出した。それはなんと、未発表の芥川龍之介の遺稿であると言う。 しかしその二日後、現世堂に訪れた刑事は例の女性に殺人の疑いがかかっていると告げ……。 現在第2章まで完結しています。 ※隔日更新

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間26分

    この作品を読む

  • 名馬転生 ~異世界行ったら本気の追い込み見せる~

    馬です

    2,900

    0


    2021年4月13日更新

    とある重賞馬が戦国風異世界に転生して無双する話

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

  • 冷凍された真夢

    真夏のある日、冷凍庫が閉まらなくなった

    91,700

    300


    2021年4月7日更新

    うちの冷凍庫が閉まらない。 中身を空っぽにしても、どうしても閉まらない。 ある日突然、冷凍庫だけ扉が閉まらなくなった。 おかげで、大好きなアイスクリームも、朝ごはんの冷凍うどんもダメになってしまった。 一度閉めても、いつの間にか、冷気が漏れ出している。 諦めて日常を過ごしていると、ある日、いつの間にか冷凍庫が閉まっていて…… 真夏、冷凍庫の故障から始まる、日常の浸食。 大学生の七竈が見る真夢(まさゆめ)の正体とは ――――そして、異質な悪夢は、現実の狂気をも暴露していく。 ※イラスト:自作

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間43分

    この作品を読む

  • 曹操の料理人~軍師祭酒・郭嘉 異聞~【連載版・龍宮編】

    三国時代の食生活が気になりませんか?

    455,602

    12,695


    2021年3月12日更新

    三国志の時代。 何が食されていたかを、趣味的に色々調べています。 その豆知識をふんだんに盛り込んだ、ゆるふんわり日常三国志。 登場人物は曹魏。主人公は、郭嘉と荀彧です。 『連載版』でもデイリーランキング:総合1位、歴史1位になりました! ありがとうございます! そして、WEB小説『曹操の料理人』が、 メディアミックス作品『Dragon's Bite ~龍王ノ宴~』として展開することとなりました! イケメン声優たちが、郭嘉や荀彧に命を吹き込んでいます! 公式サイト(dragonsbite.net/)をご覧くださいませ~!

    読了目安時間:57分

    この作品を読む