プロフィール

歴史小説が好きで、いつかは歴史物を書きたいという希望は持っていますが、まずは身近な私小説から書かせていただきます。身近な処となりますと、そこはそれ、やはり男ですのでちょっとエッチな話しから始めています。……と思いましたら、最初の恋愛物とファンタジー物の2作品が、表現が過激過ぎるとのことで、運営様より公開停止をくらってしまいました。 というわけで、当面は歴史物を続けてまいります。処女作が非公開となったのは残念ですが、本来の目的の歴史小説に全力を尽くしたいと思います。 極力、完成度を高めるべく校正を徹底して頑張ります。皆様のご意見などは謙虚にすべて参考にさせていただきますので、応援だけでなく、罵詈雑言でも大歓迎でお聞かせください(私の心が折れない範囲で)。どうぞ、よろしくお願いします。

ブックマーク

一覧

  • トップが優秀なだけでは成果は出せない〜駿馬の足と鈍牛の角〜

    青天を衝け、英雄たちの選択を見ての感想

    0

    0


    日時集計中

    長らく「青天を衝け」関連の話を書いてなかったので 久しぶりに書きます。 先日「英雄たちの選択」という歴史番組を見ておりましたら、徳川慶喜を採り上げていました。 徳川慶喜と渋沢栄一には 意外なつながりがあり 慶喜との関りが今後の物語の主軸のひとつになっていくとは思うのですが 磯田先生が興味深いことを言っておられました。 幕末から明治にかけて なぜ慶喜はあっさりと恭順の意を表したのか 慶喜自身がとても頭がよくて 先が見えたということもありますが 出身母体である水戸藩の混乱やら 腹心の部下である平岡円四郎などが暗殺されてしまっていて 動くに動けなかったのではないかと。 その点恵まれていたのは 島津久光でした。西郷や大久保 小松帯刀など 久光の意向を忖度しつつ 手足となって動ける実働部隊を構成する優秀な部下に恵まれていたからです。 この違いにおいて 慶喜は不運だったというほかありません。 トップがどんなに秀でていても トップの意向を忖度しつつ 自主的に動ける優秀な部下に恵まれなければ成果は残せません。 磯田先生のお話を伺いつつ ふむふむ確かにそうだよなと相槌を打つ私がおりました(笑) もっとも 西郷も大久保も非業の死を遂げたのに対し その後の慶喜は悠々自適の生活を送り天寿を全うしたので 一概にどちらが勝ち組 どちらが負け組ということは言えないのですがww

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • 「100万円のお小遣い」 貴方ならどうする?

    本気にしてはいけません。

    0

    0


    日時集計中

    今流行の「持続化給付金詐欺」に付いての与太話です。 フィクションと思って下さい。 真面目な人は読んではいけません。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • 江戸に立つ、龍の麺

    令和から江戸時代へ、ラーメンのお話です

    383,823

    171


    2021年10月22日更新

    駿河国滝脇松平家小島藩の年寄本役であった柳橋弾正敬忠。主君である松平信義公の逝去に伴い、その役を潔く退き江戸の粗末な家での生活を開始する。しかし彼の本意は別なところにあった―――前世―――令和の時代の記憶を取り戻しこの江戸時代にはない『ラーメン』の味を作り上げようとする野望――― 転生グルメストリーが今幕を開ける――― ※この作品は『小説家になろう』『カクヨム』様にも掲載しております。

    読了目安時間:3時間9分

    この作品を読む

  • 魔女と呼ばれたアウトロウ ~留年生スイーパー 姫宮萌の事件簿~

    ウイルス禍後の世界で、少女は銃を握る!

    19,650

    100


    2021年10月22日更新

    ※HJ大賞2020後期参加、一次選考通過作品 西暦2024年、WHOによる新型ウイルスのパンデミック終息宣言から半年……。 市井に垂れ流された憎悪と悲愴はウイルスより質が悪く、ワクチンにより人々の安全が確認されても尚、その心と体を切り裂き、数多くの事件を生み出し続けていた。 そんな時代の大阪都に、ある少女がいた。 後醍醐大学に通う文学部6回生の姫宮萌。 「古書とスイーツ研究会」なるサークルを隠れ蓑に、後輩兼部下一号の西坂欅と、様々な依頼を遂行するスイーパーの仕事をしていた。 成功率99.98パーセント。 裏社会でも一目置かれる存在である彼女を、人は“魔女”と呼ぶ――。 ◇ 今回の依頼人は、可憐な女子高生 文香。 「誘拐された兄を、助けてほしいんです!」 聞くと、大学院生の兄が通話アプリで助けを求めた直後に行方不明。 以降、自分の周りを誰かが監視し続けているのだという。 半信半疑であった姫宮と欅だったが、直後待ち合わせ場所にしていたホテルで、殺し屋たちの襲撃を受け、彼女の言葉が眉唾モノでないことを確信する。 調査を開始した2人だったが、調べても彼女には、怪しい経歴も行動も全くない。 他人思いの優しい少女だった。 一方、殺し屋たちの線から、彼らがウイルス禍の中で組織された、反体制組織の傭兵であることを掴んだ。 目的達成・万人の幸せのためなら他人すら簡単に蹂躙する、冷徹な組織。 金のためなら、何でもする飼い犬。 全くつながりのない、少女と組織。 何故、彼女の命を狙うのか。 しかし、行方不明の兄を介し、矛盾する接点がつながった時、姫宮の前に現れる恐るべき犯罪計画。 最高時速130キロで迫る欲望。 魔女は止めることができるのか!? そう遠くなくとも、予測不可能な未来の日本を舞台に、可憐な少女の過激な戦いが展開するガンアクション・サスペンス!! 一度きりの人生、アウトローでもいいじゃない!? ギスギスした世の中、甘い彼女の笑顔と、鋭い銃声がこだまする!! 「床にラズベリーぶちまけたくなかったら、大人しく銃を捨てなさいっ!!」

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間49分

    この作品を読む

  • 親友がリア充でモテまくりです。非リアの俺には気持ちが分からない

    感動、ホッコリ、ハラハラの青春小説!

    49,700

    215


    2021年10月22日更新

    同じ学年。 同じ年齢。 なのに、俺と親友で、なんでこんなによって来る人が違うんだ?! 俺、高橋敦志(たかはしあつし)は、高校で出会った親友・山内裕太(やまうちゆうた)と学校でもプライベートでも一緒に過ごしている。 のに、彼は、モテまくりで、机に集まるのは、成績優秀の美男美女。 対して、俺は、バカのフツメンかブサメンしか男女共に集まってこない! そして、友情を更に作る可愛い系男子・三石遼太郎(みいしりょうたろう)と、3人で共に、友情とは、青春とは、何なのかを時にぶつかりながら探す、時にほっこり、時に熱い友情青春物語。 ※※※ 驟雨(@Rainshower0705)さんが、表紙、挿絵を描いてくれました。 「ソウルエクスキューター」という漫画をアルファポリスで描いてらっしゃるので是非一度ご覧ください! ※※※ ※アルファポリスでも投稿しております。 是非そちらでもご覧下さい。

    読了目安時間:8時間54分

    この作品を読む