プロフィール

歴史小説が好きで、いつかは歴史物を書きたいという希望は持っていますが、まずは身近な私小説から書かせていただきます。身近な処となりますと、そこはそれ、やはり男ですのでちょっとエッチな話しから始めています。……と思いましたら、最初の恋愛物とファンタジー物の2作品が、表現が過激過ぎるとのことで、運営様より公開停止をくらってしまいました。 というわけで、当面は歴史物を続けてまいります。処女作が非公開となったのは残念ですが、本来の目的の歴史小説に全力を尽くしたいと思います。 極力、完成度を高めるべく校正を徹底して頑張ります。皆様のご意見などは謙虚にすべて参考にさせていただきますので、応援だけでなく、罵詈雑言でも大歓迎でお聞かせください(私の心が折れない範囲で)。どうぞ、よろしくお願いします。

ブックマーク

一覧

  • 「100万円のお小遣い」 貴方ならどうする?

    本気にしてはいけません。

    0

    0


    日時集計中

    今流行の「持続化給付金詐欺」に付いての与太話です。 フィクションと思って下さい。 真面目な人は読んではいけません。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • Loving Heart ~僕と義妹と彼女と~

    人の負の感情が聞こえる主人公の恋愛事情

    29,100

    100


    2021年8月2日更新

    主人公・柏木健は、幼い頃に再婚した義妹・櫻井愛美と共に同居生活をし、それなりの平和な日常を過ごしていた。だが健には秘密があった。それは他者の感情の起伏が間接的に理解でき、不安・憎悪・嫉妬・恐怖・嫌悪といった負の感情に関する物を代わりに受け入れてしまうという物だった。 そしてある日、常に負の感情を溜め込んでいた健の精神が限界を迎え倒れてしまう。病院へと搬送された事を知った愛美は激怒し、健から秘密の話を洗い出してまた激怒した。やがて全てを知った愛美は、兄・健の為に一肌脱ぐと宣言して「お兄ちゃんが幸せになれるように協力する」と提案し出す。 その提案を聞いた健は困った笑みを浮かべたまま、退院の日がやって来る……。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間3分

    この作品を読む

  • ゼロからはじめる島津大河誘致

    宮崎鹿児島を主な舞台に戦国と今を描きます

    1,939,960

    11,668


    2021年8月2日更新

    南九州の架空の自治体、宮之城市(みやのしろ)で島津義弘公を大河ドラマに誘致したいと願う一人の青年(ハンドルネーム 祭り之介)と東京の引きこもりの若者(ハンドルネーム コモロウ)横浜に住む壮年の男(ハンドルネーム フウイ)との会話や議論を通じて目標に向かって進んでいく物語。

    読了目安時間:17時間35分

    この作品を読む

  • なんとなく活動報告

    2021年1月1日に入会しました

    159,400

    180


    2021年8月2日更新

    いろいろ手探りで活動報告をやっております。 試しにやってみた→チュートリアル的な内容 試しに執筆してみた→ノベルアップ+に投稿予定の作品の執筆の内容 試しに最新記事をまとめてみた→近々10本の記事。10本を超えたら古い記事から他の章へ移動します

    読了目安時間:3時間7分

    この作品を読む

  • 魔女と呼ばれたアウトロウ ~留年生スイーパー 姫宮萌の事件簿~

    ウイルス禍後の世界で、少女は銃を握る!

    19,650

    100


    2021年8月2日更新

    ※HJ大賞2020後期参加、一次選考通過作品 西暦2024年、WHOによる新型ウイルスのパンデミック終息宣言から半年……。 市井に垂れ流された憎悪と悲愴はウイルスより質が悪く、ワクチンにより人々の安全が確認されても尚、その心と体を切り裂き、数多くの事件を生み出し続けていた。 そんな世情の大阪都に、ある少女がいた。 後醍醐大学に通う文学部6回生の姫宮萌。 「古書とスイーツ研究会」なるサークルを隠れ蓑に、後輩兼部下一号の西坂欅と、様々な依頼を遂行するスイーパーの仕事をしていた。 成功率99.98パーセント。 裏社会でも一目置かれる存在である彼女を、人は“魔女”と呼ぶ――。 ◇ 今回の依頼人は、可憐な女子高生 文香。 「誘拐された兄を、助けてほしいんです!」 聞くと、大学院生の兄が通話アプリで助けを求めた直後に行方不明。 以降、自分の周りを誰かが監視し続けているのだという。 半信半疑であった姫宮と欅だったが、直後待ち合わせ場所にしていたホテルで、殺し屋たちの襲撃を受け、彼女の言葉が眉唾モノでないことを確信する。 調査を開始した2人だったが、調べても彼女には、怪しい経歴も行動も全くない。 他人思いの優しい少女だった。 一方、殺し屋たちの線から、彼らがウイルス禍の中で組織された、反体制組織の傭兵であることを掴んだ。 目的達成・万人の幸せのためなら他人すら簡単に蹂躙する、冷徹な組織。 金のためなら、何でもする飼い犬。 全くつながりのない、少女と組織。 何故、彼女の命を狙うのか。 しかし、行方不明の兄を介し、矛盾する接点がつながった時、姫宮の前に現れる恐るべき犯罪計画。 最高時速130キロで迫る欲望。 魔女は止めることができるのか!? そう遠くなくとも、予測不可能な未来の日本を舞台に、可憐な少女の過激な戦いが展開するガンアクション・サスペンス!! 一度きりの人生、アウトローでもいいじゃない!? ギスギスした世の中、甘い彼女の笑顔と、鋭い銃声がこだまする!! 「床にラズベリーぶちまけたくなかったら、大人しく銃を捨てなさいっ!!」

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間49分

    この作品を読む