プロフィール

どうも、野良わんこです。野生の引きこもりです。茂みに入っても出てきません。 色々創作に手を出す半妖です。 バトルアクション物が大好きでござい。

ブックマーク

一覧

  • 奈落の王と嘆きの女王

    「右の核を撃たれたら左の核を撃てよ!」

    920,600

    13,799


    2021年11月29日更新

    西暦2022年。世界各地で遺物と呼ばれる異文明の痕跡が見つかり始めて半世紀以上が過ぎようとしていたこの時代、世界は東西の冷戦を経て今なお戦禍の炎に包まれていた。遺物は兵器に革新をもたらし、その技術によって作られた拡張人型機動戦車――EPTと呼ばれる大型の人型兵器が戦場の主役になっていた。大国政府がこぞって遺物の収集と確保を推し進め、その過程で巻き起こる領土紛争や小国への蹂躙。人類に破滅を告げる時計の針は確実に加速していた。 ※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは一切関係がありません。 この作品に特定の国家、人種、民族、宗教、政治団体、企業、その他あらゆる組織や個人、思想を誹謗中傷する意図はありません。 また、この物語は法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:46時間51分

    この作品を読む

  • 満洲暗黒譚 暗鬱少女態

    歴史改変ファンタジー

    902,450

    4,374


    2021年11月29日更新

    ―――――――――――――――――― 架空史、戦記ものです。歴史の知識はなくても大丈夫です。グルメとSF要素がちょっとあります。 ―――――――――――――――――― 世界最終戦争は終わり、日本は敗れた。 だが、関東軍の事実上の傀儡国家である満洲国は消えず、どこの国にも属さない陸の孤島となって存在していた。 関東軍は祖国日本とも決別し五族協和連盟と名を変えて満洲国に君臨した。 満洲の地は、大戦後の混乱から群雄割拠状態にあった。 アジア統一を掲げる武装集団、東亜細亜統一戦線・赤風。 真のプロレタリア革命を志す満洲共産主義者同盟。 漢民族の帝国を復興させんと躍起する白蓮教徒。 満洲民族による独立国家樹立を目指す結社ベレロフォン。 大陸を荒らしまわる種々の馬賊。 暗殺を主な生業として都市部に暗躍するマフィア組織、黑幇。 奴隷商人、阿片密業者、無法の傭兵集団。 五族協和連盟は、関東軍特殊部隊の系譜を継ぐ「万葉集」と、陸軍中野学校出身者により創設された諜報機関「百人一首」をもってして、かろうじて満洲国を維持している。 滅びいく国、終わりいく世界、呪われた大地。 そこに生きた少女たちの物語。 娘娘編 ラーメン大好き、天然娘。ひょんなことから令嬢殺害を依頼される。 どでかい機関銃を携えて、独逸製バイクにまたがり、満洲の雄大な大地を走る。 道中で悲しいお婆さんや山賊と会いながらも、ついにたどり着くスープ工場。 そこで娘々を待っていたのは…。 ウサギ編 新京に住む回収屋。 借金、死体、ウィルス、回収ならどんな仕事も請ける。 ある自殺志願者の男の死体を回収するよう依頼を受けるが、ウサギを待ち受けていたのは満洲に跋扈する馬賊、危険思想集団、過激宗教組織だった。 裏切りと報復の大地、屠殺銃を携えたウサギは命を賭して待ち受ける困難に立ち向かう。 童幻編 ロシヤ系の血を継ぐ類まれなる美麗の女、童幻。 諜報機関「百人一首」の男、速水。 二人はふとしたきっかけで哈爾浜の街角で邂逅する。 華麗なるロシヤ風の街をデートするかと思いきや…

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間47分

    この作品を読む

  • 異世界にて俳句詠む

    異世界で読む俳句ってこんな感じかな?

    1,500

    0


    2021年10月6日更新

    様々な世界を旅する人がいた。彼はただ旅するのではつまらないと、異世界のことを句にして詠んだ。 これは、その手帳に乗っている句の一部。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 狂人ダイアリー ~大正浪漫幻想活劇~

    大正浪漫 × 文学 × 異能力バトル!

    1,091,526

    23,987


    2021年9月10日更新

    少し不思議で、大正浪漫と文学の香りが漂う物語。 舞台は大正四年。 原稿依頼の初仕事を成功させるため、東京までやってきた新人編集者の主人公・虎丸。 謎に包まれた美貌の幻想文学作家・八雲に会えたはいいが、なぜか原稿と引き換えに怪異と闘わされてしまうことに。そのまま五人の小説家が暮らす怪しい洋館に居候することになってしまった。 彼らの書く文字には不思議な力が宿っており、次々と怪現象が起こっていく── 文字と言葉を操觚《あやつ》る小説家たちの、異能力バトル&和風ファンタジー! ※イラストは漫画家の神風銀さまに描いていただきました。(★のついた話が挿絵入り) ※実在する作家や作品の名称も登場しますが、ストーリーに絡むものはすべて架空です。

    読了目安時間:16時間49分

    この作品を読む

  • 望月幸の「最近、何観た?」

    あなたの作品をハリネズミが独自分析🦔

    42,080

    130


    2021年6月19日更新

    小説を書く際に重要なことの一つが「インプット」だと思います。他の作家さんたちが書く小説はもちろん、映画や漫画など様々な作品に触れることで自分の引き出しが増え、どうすれば面白い作品が作れるのかがわかってくるはず。 しかし、ただ漠然と作品を観ていてもあまり糧にならないと思います。具体的に何が面白くて、何がつまらなかったのか。そこも意識することで、より充実したインプットになるはず。 かくいう僕は、よほど興味がある作品でなければスマホをいじりながら観てしまうタイプ。それではいけないと思い、インプット強化のためにこのエッセイを連載することにしました。 詳細は以下のとおりです。ぜひご協力ください。 【エッセイの概要】 ・インプット強化のために様々な作品(主に映画・小説・漫画・アニメ・ゲーム)に触れ、その感想をなるべく細かく書いていきます。 ・ある意味レビューなので、その作品の内容が気になっている方は参考にしてみてください。 【注意点】 ・エッセイの目的は「作品の面白いところ・つまらないところの分析」なので、面白いところもつまらないところもはっきり書きます。 もちろん言葉は選びますが「〇〇のことを悪く言うなんて許せない!」という方は見ないほうがいいかもしれません。 ・作品のネタバレを多大に含みます。 ・筆者は特別豊富な知識があるわけではないので、的外れな感想を書くことがあると思います。その場合はスルーしていただくか、優しくフォローしていただけると幸いです。 【追加内容】 ・自薦にも対応します。「自分の作品を読んでみてほしい」と言う方は、どの話数でも構わないので作品名の記入をお願いします。ただし上述の通り、面白い点・つまらない点をはっきり書いていく内容に変わりはありません。

    読了目安時間:2時間57分

    この作品を読む