プロフィール

日和つかさ(旧八島唯)といいます。主に歴史に関連した作品を書いていきたいと思います。

ブックマーク

一覧

  • 大杉の誓い~外交官・安達峰一郎青春譜~

    ある外交官の若き日を描いた青春小説です。

    850,128

    4,062


    2022年5月23日更新

    21世紀になってもなお、力による現状変更という大国の暴挙がまかり通る現実世界にあって、かつて、世界平和の理想実現に邁進し、全世界からその高潔な人品を称賛された日本人がいました。 彼は、幕末激動の明治2年、賊軍の地であった出羽国に誕生し、教育熱心な家族の愛情の中で成長していきます。 彼こそ、後にポーツマス日露講話条約の随行員として堪能なフランス語を駆使して講話締結に尽力し、第一次世界大戦後に成立した国際連盟の日本全権として活躍、その人格的高潔さは世界的にも称賛されて、アジア人として初の国際司法裁判所所長に満場一致で選出された、法学博士安達峰一郎です。 彼は恒久世界平和の理想を信じ、国際法に基づいた争いのない社会の実現を目指しました。彼こそが日本人として最初の、真の世界平和主義者でした。 力による秩序破壊がいまだに続く混沌とした21世紀、世界平和を目指した法律家としての彼の信念を育くんだ少年時代を振り返り、彼の原点に学ぶことが今こそ必要かもしれません。

    読了目安時間:11時間9分

    この作品を読む

  • 月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚

    江戸時代初期の江戸が舞台のファンタジー

    2,639,376

    6,406


    2022年5月23日更新

    時は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸浅草浅草寺(せんそうじ)そこから、物語は始まる。 古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。 次々と現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。そして、何処からか現れた古き四神(ししん)……青龍、朱雀、白虎、玄武。 彼らが時に競い合い、時に対立し、時に力を合わせて、襲いかかる様々な怪異に立ち向かっていく。 月詠が持つ抗いようがない力、仲間が増え、やがて……それは、大きなうねりとなる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:29時間14分

    この作品を読む

  • 魔都ロンドンをサムライ少女が駆け抜ける!

    3,138,367

    42,439


    2022年5月21日更新

    仏に逢えば仏を殺せという。 祖に逢えば祖を殺せという。 私はなにに逢い、なにを殺すのだろう。この煌びやかなガス灯の街で。 一九世紀末。戊辰戦争を戦い抜いた少女、奴奈川静が魔都ロンドンでヴァンパイアを斬る。 スチームパンク+剣戟アクションです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間9分

    この作品を読む

  • 太陽の王冠 月の玉座

    光と影が交錯する王道ファンタジー戦記開幕

    22,500

    35


    2022年5月21日更新

    戦乱渦巻く大陸の覇権。手にする者はただ一人。 ヘラス都市連合の将軍テオドロスと、アリアナ帝国の大王ダリウス。 二人の若き指導者が舞台に立ったとき、エウリシア大陸の歴史がうねりとともに大きく動き出す。 その手は時代を打ち砕くか、繁栄を守り抜くのか。 剣戟と神秘、戦雲と策謀が織りなす古代ギリシア・オリエント風ファンタジー戦記。 ・この作品は戦争、紛争、民族問題などをテーマに含みます。 ・作中に一部差別的な言葉を用いていますが、作品世界上のもので、特定の人たちを差別する意図は一切ありません。 ・この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間18分

    この作品を読む

  • アフリカ人、北を征(ゆ)く ――異聞水戸黄門――

    水戸黄門に黒人の部下が?なんと史実です。

    79,900

    374


    2022年5月20日更新

    十七世紀後期、アフリカの希少部族、マヒ族は奴隷狩りによって滅ぼされた。 生き残ったマヒ族の若き狩人、デンババとカンガの二人はその特殊な能力を認められてオランダへ、さらにカピタンに転売されて日本へと連れてこられた。 江戸で黒人に興味を持った水戸光圀の手によって、彼らは水戸へと赴くこととなる。 だが、光圀には二人に目を付けた理由があった。 水戸藩が建造した巨船「快風丸」に乗せ、蝦夷地(北海道)へ向かわせるためだ。 「石狩アイヌの長老、ハウカセに会え」 それが二人に課せられた密命だった。 快風丸は一路、北へ。 石狩の奥地へ向かった二人は身に覚えのない罪でアイヌたちに捕えられる。 そんな二人を救ったのは「村はずれ」と呼ばれる二人の少女イリカとエマリヤだった。 私利私欲に走る次郎左にそそのかされた急進派のサマイカチは長老もろともデンババたちと少女二人を抹殺しようと謀る。 四人を襲う危機また危機! 決戦の時が迫る。 デンババたち二人は密命を果たせるのか。 命を狙われた少女たちの運命やいかに。 水戸と北海道を舞台に驚異のアフリカン・パワーが炸裂する! 寒山時代劇アワー・水戸黄門外伝第三弾! 異色のハードボイルド時代冒険活劇、堂々登場! 麺屋寒山、渾身の一品です。 とくとご賞味あれ。 ※基本毎週火曜・金曜更新予定。不定期の場合もあります。 ※表紙はファル様に頂きました。多謝!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間49分

    この作品を読む