プロフィール

スローペースで小説を書いてます。 一応、美容師が本業です。 更新は遅めですが温かい目で見守ってもらえると嬉しいです。 基本的には仕事終わりに深夜の謎テンションとノリで書いているため、多少の文章の暴走はお許し下さい。 睡魔と戦いながらほんの少しハイになってるだけで普段は人畜無害な人間なんです。本当です。本当なんです。本当だってば!(威圧) すみません。大体こんな感じです。 作品を読んで貰えると狂喜乱舞でジッタンバッタンしてますのでお気軽にどうぞ。

ブックマーク

一覧

  • 魔法少女と少年のドキドキバトルコメディ

    ♡1,707,290

    〇16,508

    現代/その他ファンタジー・連載中・211話・526,983字 春日はるひ

    2020年10月28日更新

    ついに201話到達です。 201話になると目次を次のページめくらないといけないんですって。 知ってました? 第一章~第六章までが第一部 第七章~第十一章までが第二部 第十二章~第十五章までが第三部 そして、第十六章からが第四部です。 最初っからめちゃくちゃだけど、進めば進むほどぶっ飛ばしていきます。 第四部は正直、どうしちゃったの? って感じなので乞うご期待! ※ 「ノベプラオンリー」ってタグがあるんですね。 小説書いているのもほんと一部の友達しか知らないので、このお話を見て評価してくださるのはここで見つけてくださった方だけです。 読んで頂き、ありがとうございます! 漫画も好き、アニメも好き、妄想も好きだけど何もできない高校生の楠木倫悟。 そんな彼の日常も、ほんのちょっと踏み出しただけでガラッと変わってしまう。 金髪、グラマラス、碧色の瞳の美少女。 そんな魔法少女の活躍を目にしたのが、よかったのか悪かったのか。 しょっちゅうヘンテコな魔法の事件に巻き込まれ、よくわかんないままいっしょに解決することに。 でも、そこには何者かの暗躍があって……。 魔法あり、バトルあり、ガンアクションあり、そしてギャグもありなお話になるように頑張ります!

  • 「1日1個の林檎は医者いらず」と申します

    ♡3,904,523

    〇56,405

    異世界ファンタジー・連載中・142話・468,673字 ガトー

    2020年10月28日更新

    トラックの横転に巻き込まれ、死んでしまった〝古津大輔(ふるつだいすけ)〟は、 神さまに五つ能力をもらって転生することになった。 ランダムにカードを選んで得るその能力は、 役に立つ物もあれば、そうでないものもあり、 一度選んでしまったら、キャンセルはできない。 彼は、五枚目に引いたカード〝呪縛〟のせいで、 〝自分を殺したもの〟の姿で転生することになってしまった。

  • 地球の青年と異世界の姫が肉体を共有します

    ♡4,138,339

    〇17,179

    異世界ファンタジー・連載中・552話・1,468,354字 白玖

    2020年10月28日更新

    愛する弟と妹の為にと、あらゆる努力を積み重ねて、人としておかしい領域に辿り着いた青年「ミタカ モトキ」。 幸せな人生を謳歌するモトキは、不運なことにトラックにより命を落とし、その記憶を保持したまま異世界に転生することとなる。 弟と妹のいない第二の人生に興味のないモトキは、病弱で虚弱な余命幾ばくもない異世界の姫「セラフィナ」に、自分の命を丸投げして助けることを選ぶ。 しかし死の淵より生還したセラフィナの中には、消滅するはずだったモトキの魂が残り、2人は1つの体を共有することとなる。 立場も強さもまったく違う2人は、力を合わせて困難な第二の生を生き抜くのだった。 毎日0時頃最新。 この小説は小説家になろうでも投稿しております。 感想等お待ちしております。

  • 冒険者ギルドって何をする組織なの?

    ♡189,150

    〇2,720

    異世界ファンタジー・連載中・35話・74,547字 寿甘(すあま)

    2020年10月27日更新

    人類はまだ、世界の20%ほどしか網羅していない。 各国の王は、自国民の暮らしを豊かにするため未知の領域を開拓し、領土を拡大しようとしていたのだが、どの国も他国を出し抜こうと独自に開拓者を派遣しており、足並みが揃わないでいた。 未知の領域には、恐ろしい魔物や踏破困難な地形が無数に存在するのに、である。 そんな状況で、開拓者達を相互支援する組合ーー冒険者ギルドーーを立ち上げた女性が、個性的な冒険者達に振り回されながらギルドを運営していく物語。 目指すは、世界一の巨大組織!

  • 8/25 160話に挿絵1枚追加しました

    ♡168,900

    〇36,360

    異世界ファンタジー・連載中・267話・544,886字 あずM

    2020年10月27日更新

    ※各話に不定期ですが挿絵を新たに描き下ろしております。 更新はTwitterにて報告させていただいております。https://twitter.com/azuemu 『シオリは姫神に転身し、他の六人の姫神と戦うことにした』 ある日、女子高生のシオリは山中で目を覚ます。 そこで勇敢なアマン、怪力のウシツノ、博識のアカメという三匹のカエルと出会う。 魔女によればシオリは七人の姫神の一人、白姫としてこの地に降臨したらしい。 同じく獰猛なトカゲ族の元には、女子大生のレイが黒姫として降臨していた。 姫神の力は人智を超える。 降臨した姫神を利用しようと各地で戦争が勃発。 カエル族はトカゲ族の襲撃により、あえなく滅亡してしまうのであった。 北のクァックジャード騎士団の赤き鳥タイランの助力を得て、三匹のカエルとシオリはトカゲ族、そして黒姫レイと戦うことに! 裏で暗躍する金眼の魔女オーヤ、そして火竜の力を宿す紅姫アユミの暴走! 主役級キャラ目白押しの戦略群像劇。 やがてシオリは勇猛な騎馬民族を率い、レイは亡者の群れを生み出す。 銀姫は女帝国家を統べ、紅姫はハイエルフ、藍姫は異形の戦闘怪人どもを戦線に投入する。 愛を求めた桃姫は孤独に涙し、囚われの身の金姫は終わらない磔の刑に呆然とする。 日本から転移した七人の女それぞれの生き残る方法とは。 そして〈力〉〈智慧〉〈心〉の三柱による姫神システムの真意が解き明かされるとき、人類にひとつの道標が示される。 【第1回ノベプラ大賞1次通過作品】 この作品は「小説家になろう」にも掲載しております。