プロフィール

土偶の友と申します。小説をちょくちょく書いています。 ファンタジーな要素が大好物で必須栄養素です。 Twitterもやっているので良ければ覗きに来てください。 https://twitter.com/Wovi9kdWRBQ1ZsR

ブックマーク

一覧

  • まったく簡単だ。

    ♡46,299

    〇10

    エッセイ/評論/コラム・連載中・54話・35,205字 檜慈里 雅

    2021年1月26日更新

    目指すのがボクサー体形でも! モデルのようなボディラインでも! ムッキムキな筋肉でも! やるべきことは同じ「筋トレ」だ!! この作品を毎日読んで「頑張ってるのに変わらなかった」過去に! さよならを告げようッッ!!

  • ──それが運命なら、僕が変える

    ♡263,450

    〇9,079

    現代/青春ドラマ・完結済・33話・119,614字 木立 花音

    2020年8月5日更新

    相貌失認(そうぼうしつにん)。 女性の顔が見えないという先天性の病を発症している少年、早坂翔(はやさかしょう)。 夏休みが終わった後の八月。彼の通っている小学校に転校してきたのは、類稀な美貌を持つ転校生、水瀬茉莉(みなせまつり)。 しかし彼女には、幾つか不可解な点があった。 誰とも目を合わせず、会話をしようとしないこと。 誰に対しても、心を開かないこと。 女性の顔を認識できないはずの彼なのに、何故か水瀬の顔は見えること。 顔が見える、ということを後ろ盾にして親密になりかけた二人であったが、結局は疎遠となり卒業の日を迎えてしまう。 それから二年。 クラスアート実行委員として再び一緒になった二人は、夜に芳香を強めるという匂蕃茉莉(においばんまつり)の花が咲き乱れる丘を、題材に選んで作業にはいる。 ところが、クラスアートの完成も間近となったある日、水瀬茉莉が不登校になってしまう。 姿をくらました水瀬を捜し求めるなか、遂に彼は、これまで感じていた違和感の正体に触れていく。 ◇2020年10月。病の設定を変更しました。 ※ノベルアップ+様で、日間ランキング総合一位を獲得しました。 ※表紙画像は、ミカスケ様のフリーアイコンを使わせて頂きました。 ※相貌失認は実在する病ですが、オリジナルの設定を加味しています。