プロフィール

男戦士

ニ遠たく

Lv   :8

作品数 :3

ジョブ :男戦士

称号  :入門者

アバター:男戦士

レビュアーポイント:0pt

なろう、カクヨムでも活動中。 よろしくお願いします。 ツイッターをひっそりとやっています。 https://twitter.com/nitootaku

ブックマーク

一覧

  • 異世界の大空で、ダービー制覇を目指す!

    ♡3,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・33話 谷守 紗季

    2020年2月27日更新

    《血統派馬券師》を自認する宇佐美和晃は、東京競馬場へ向う途上で、列車事故に巻き込まれて昏睡状態に陥った。 彼が目覚めた時、ロシアンブルー擬きのネコの姿になっていただけでなく、常日頃から毛嫌いしていた、異世界転移の当事者となる。 見知らぬ世界で彷徨う和晃が辿り着いたのは、彼の飼い主と名乗り出た【ブサック子爵家】だった。 子爵家に落ち着いた和晃は、天空を飛翔するドラゴン達がダービーを目指す《ドラゴンレース》と、その専用ドラゴン《ドラブレッド》の存在を知ることになる。 元の世界での知識を駆使して、《ドラブレッド・ブリーディング》のアドバイザーになった和晃は、この異世界で運命の出会いを果たす。 《ドラゴンレース》花形騎手《ライダー》、赤毛の美少女フリゼット・ビホルダーと共に、ドラゴン・ダービーへの挑戦が始まった。 注:別サイトにて、別名義で投稿した作品を、改題と改編で投稿しています。

  • 彼ら彼女らは大切なものを求める。

    ♡16,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・27話 瀬口恭介

    2020年2月27日更新

    長い旅の末魔王を倒した勇者キール。しかし最後の力を振り絞った魔王に石にされ、戦いは相討ちに終わる。それから幾星霜、石にされてから500年後のある日。偶然にも聖水を掛けられ石化が解けた! 命の恩人であるフォトを強くするため戦いを教えようとするが、勇者は誰かに戦闘を教えたことがなく、実戦を経験するのが一番だということで冒険者ギルドに入ることに。 勇者はフォトの冒険者生活を影ながらサポートすることに決めたが、次々事件に巻き込まれてしまう。 そこから始まる勇者のスキル無双。 魔法が発展しスキルが衰退した500年後の世界。魔法ではスキルに対抗することができなく、勇者の強さは手が付けられない状態になっていた。 ※この作品は小説家になろう、カクヨム、アルファポリスにも投稿しております。

  • 勇者の成長を描いた正統派ファンタジー!

    ♡128,040

    〇2,760

    異世界ファンタジー・連載中・124話 寿甘(すあま)

    2020年2月27日更新

    そこは、才能が数値で明らかになる世界。 史上最高の才能値を持って生まれたケントは、魔王を倒す使命を持った勇者として育てられる。 さすがに勇者一人に世界の運命を委ねるのは忍びないと思った国の上層部は異世界から英雄を召喚するのだが、呼び出された英雄は、不吉な黒い鎧に身を包んでいたのだった。

  • 異世界でクールジャパン!

    ♡70,300

    〇1,150

    異世界ファンタジー・連載中・47話 宇都宮和紫

    2020年2月27日更新

    チート料理人の異世界ファンタジー。 東京の永田町。そこで政治家御用達である、老舗高級料亭の長男として生まれたオレ。 しかしウチの店には表の顔とは別に、もうひとつ別の顔がある。 忌々しい裏の顔が…… そして、その店の跡取りに決まったオレは、生きる希望どころか生への執着すらなくしていた。 そんな怠惰な日々を意味もなく過ごしていたある日、オレは不意に命を落とす――いや、殺されたのだ。 自分の胸を貫通した凶刃を漠然を見つめ、そしてその死を受け入れるオレ。 しかし、なぜかオレは目を覚ました。 そう、見たことも聞いた事もない戦乱の異世界で―― オレは、そこで出会ったハーフエルフの少女とロリババ幼女と共に和食屋を開店。 第二の人生を送る決意をする。 剣と魔法、そして戦乱の異世界で、和食屋『桜花亭』は今日も元気に営業中!! なろう&アルファポリスで合計ブックマーク数2500オーバーの話題作(自分で言うな!)がノベルアップに降臨!! また、同じ世界に飛ばされた魔法少女、常広和沙(15裁)の冒険、 『戦乱の異世界で、『もと』ひきこもり魔法少女が今日も元気に冒険中!!』 も、併せてお楽しみ下さいm(_ _)m

  • 異世界だって?! 良し!営業だ!

    ♡36,600

    〇150

    異世界ファンタジー・連載中・47話 早寝早起き

    2020年2月27日更新

    俺は、速水 慎一(はやみ しんいち)。 雑貨を卸す今の会社に就職して早、5年が経った。 中小企業と呼ばれる会社だが、うちの社員は営業上手。主な卸先は、100均等の小売店やホームセンターだ。その中には、有名な会社も名を連ねる。様々な商品を取り扱っており、会社の敷地内に小さな工場もある。そんな会社のモット-は、”顧客満足で会社も潤う”。社員の関係も和気藹藹(わきあいあい)で社内の雰囲気も良い。その日は、朝から雲一つない快晴で、出勤途中に汗をかくほどだった。会社に到着して朝の朝礼時にそれは起こった! 突然、大きな揺れが会社の建物を襲ったんだ!