プロフィール

名前をよく変える癖があるのでご注意。 執筆のリハビリに「カウントダウン 〜100話を目指した短編集〜」を書いています。ぜひぜひよしなに(=^x^=) ☆有難いことに『吾輩はモモである』と続編『吾輩はモモである リターンズ』の2作品で日間ジャンル別エッセイと童話の1位を頂きました。

ブックマーク

一覧

  • 月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚

    江戸時代初期の江戸が舞台のファンタジー

    3,409,326

    7,801


    2023年1月29日更新

    時は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸浅草浅草寺(せんそうじ)そこから、物語は始まる。 古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。 次々と現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。そして、何処からか現れた古き四神(ししん)……青龍、朱雀、白虎、玄武。 彼らが時に競い合い、時に対立し、時に力を合わせて、襲いかかる様々な怪異に立ち向かっていく。 月詠が持つ抗いようがない力、仲間が増え、やがて……それは、大きなうねりとなる。 イラストは伊賀最強の才蔵と甲賀最強の長重です(芳乃カオル様よりいただきました)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:34時間9分

    この作品を読む

  • 【毎日投稿】ちょっとだけ哲学的な140字小説集

    コメントで自分なりの解釈をお書きください

    29,300

    1


    2023年1月29日更新

    140字以内で綴られる140字小説。 文が短いため、伝えられることも限られてきます。 人によって解釈が違う……。読み返してみると意味が違って見える……。 そんな事が平気で起こり得るのが140字小説です。 是非、コメントでご自身の解釈をお書きください! 誠心誠意返答させて頂きます。 【毎日投稿】カクヨム・Twitterにも投稿。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 少女は魔剣と共に楽園を目指す

    王道テンプレ的異世界ファンタジー冒険譚

    69,300

    505


    2023年1月30日更新

    ❲その少女、後の世でも語られる❳ 辺境に隔絶された村で育った少女ミラリア。剣の腕は立つのにちょっぴりお馬鹿な問題児。 育ての親である魔女と義理の兄を含む村の人達からも小馬鹿にされ、外界のことなど知らずに育っていた。 それでも夢見るのは、村の外に広がる世界。何処かにあると言われる楽園の存在。 未知なる神秘に思いをはせ、いつしかミラリアは世界へ羽ばたくこととなる。 そこで知ることになるのは、自分が何故外の世界を知ることができなかったのかということ。自分が本当は何をどうしたかったのかということ。 まだまだ幼い少女が体験するのは、まだ見ぬ世界との邂逅。苦しい道ではあれど、手にした魔剣と共にその願いのため前へと進む。 ――この物語はそんな少女による冒険譚にして、成長の記録である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:11時間23分

    この作品を読む

  • シスターリリアンヌの秘密

    あなたは既に乗り越える術をお持ちです。

    24,300

    0


    2023年1月27日更新

    激しい雷雨の夜、死を覚悟する傷を負ったラファーガはひとりの修道女に拾われる。

    読了目安時間:1時間50分

    この作品を読む

  • 鐵鞭の女王蜂

    世代をつなぐファンタジー超長編🦍

    167,322

    1,541


    2023年1月21日更新

    【2022/9/18 一章 准男爵の旅 完結しました】 世代を繋ぐファンタジー超長編小説「鐵鞭の女王蜂(てっぺん の じょおうばち)」 ゆっくり、じっくりと読んでいただける、オトナの方に。 ◇ 【序章:生まれ落ちる英雄の子】※完結 地平世界に生まれ落ちたリーアン、彼女は英雄クレイグの娘。 女神による神託が下され、祝福を得ることになったが…… 【一章:准男爵の旅】※完結 リーアンを溺愛する祖父のモン准男爵は、女神の寵を受けた孫娘の為、北への旅を決意した。 準備を整え長い旅で起こる物事とは…… (2022年12月現在、一章完結、改稿・二章準備中です) 【二章:リーアン、新たなる一歩】 北方への旅より帰還した一行、その後は沢山の出来事が…… ー2023/1/21 エピソード更新を予定していますー ◇ 【改稿情報】 2022/11/29 現在「北方旅行計画、ヴァン家の旅支度 後編」まで【前話のあらすじ】追加、文面の改稿が行われています。 【追加改稿情報】 2023年1月いっぱい目途で、序章~一章の改稿が予定されています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:18時間43分

    この作品を読む

  • 賢者が恋した賢者の恋

    コミカル+シリアス+恋愛?×群像劇‼️

    1,224,656

    5,682


    2023年1月21日更新

    【作品紹介】 これは、物語を考えないまま書き始めた物語。 最初は、ファンタジー世界を舞台にした短編のラブコメを書くつもりだった。しかし、そうはならなかった。 ラブコメが何たるかを知らず、そもそも、小説すら読んだことのない私が、小説など書けるはずもなかった。 しかし、書き進めるうちに、物語が浮かんできた。 このキャラクターは、どうしてこうなったのか? 彼らの過去には、何があったのか────? それらの疑問が積み重なり、繋がり合い、物語は構築されていった。 ラブコメを書くつもりだったので、当然恋が始まる。思いついたのは【絶大な力を秘めた女性が賢者に一目惚れをする】というものだった。 最初に思いついたヒロインはラシディアといった。 賢いが少し天然の可愛らしい魔女とした。 次に思いついたのが、ジュメイラという戦士だった。ラシディアとは対照的で、グラマラスで快活、しっかりした感じの女性だった。 あまり深く考える事もなく、ヒロインはラシディアとし、ジュメイラはその義理の姉とした。 次に、ラシディアが誰に、どういった経緯で恋に落ちるかを考えた。 今思えば、恋に落ちるまでも重要な物語であるはずなのだが、何しろ私は小説初心者。短絡的に【一目惚れ】という安直な方法を選んだ。 賢者との出会いはこうだ。 ヒロインたちが街へ来て、偶然出会って一目惚れ────。何とも捻りのない流れだ。よくこんな設定で話を続けようと思ったものだ。 しかし、当時の私にはそれ以上の発想は一切浮かばなかった。 ヒロインたちは街へとやって来た。なんの為に? そうだ。街へ行く理由が必要だった。 そこで咄嗟に考えた。それが、【めちゃ強い魔物を倒さないと手に入らない素材で作った特別な魔法薬を売りに行く】というものだった。 そして、その魔法薬の噂を聞きつけた賢者がやってきて出会う──。そうだ、それにしよう。 その程度の考えで物語は進められた。 しかし、私は思った。──ラシディアたちって、何故そんな力を持っているのだろう、と。 二章を書き終える頃、ようやくその答えが分かった。 太古の昔より続く忌しき宿業──。彼らには壮絶な過去があり、過酷な未来が待ち受けていた。 それを描く為、第三章から主人公たちの過去へと遡り、この物語は始まる────

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:20時間19分

    この作品を読む