プロフィール

https://twitter.com/typepianist_927 名前を『飯板民(めしいた たみ)』と改めました。 ご感想を頂けると飛び上がるほど嬉しいです!

ブックマーク

一覧

  • 魔法使いの少女たち

    現代魔女の物語

    16,400

    100


    2021年7月25日更新

    魔法使いの少女・鐘撞(かねつき)葵は高校に入学して数か月、一つ上の先輩で同じく魔法使いの楸(ひさぎ)真帆と出会う。 まさか同じ学校に自分と同じ魔女がいるなんて思わなかった葵。 真帆と交流していくなか、彼女に隠されたある秘密を追うことになる…… イラスト:しおから(@mmkkillust)様 *魔法百貨堂*

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

  • 空き机の祥子さん

    五十嵐浜高校一年三組には伝説があった。

    759,869

    15,561


    2021年7月23日更新

    県立五十嵐浜高校一年三組の伝説、空き机の祥子さん。祥子さんの机に願い事を書けば叶うという。だけど書かれるのはいつも相談ごと。そして解決するのは陽向と裕美の凸凹コンビ。学園ミステリ開幕です。

    読了目安時間:3時間1分

    この作品を読む

  • 竜のこども! ~ 異世界へ喚ばれた青年は竜のこどもとして竜となる ~

    やりたいことを見つける物語。

    92,200

    120


    2021年7月23日更新

    主人公《平田 深那生》(ひらた みない) は、あとすこしで卒業を控える大学生。ちょっとだけつっ走りがちな彼は、ある日突然、異世界へと召喚される。 光の灯る闇のなか、そこで彼が目にしたもの――。それは、黒燐を纏(まと)い、紅い瞳で彼を見つめる、巨大な竜の姿だった……。 まるで、小説や映画にでも出てきそうなその竜は、彼の無事を確認。すると魔法で、美しい女性の姿に変身し、すこし、緊張しながらこう告げる――。 「……ぬしよ。わしの『息子』になってはくれぬか……」 「……へ?」 ……これは、彼と竜とが織りなす、魔法の世界の物語――。 いきなり喚ばれた異世界で、『竜のこども』になる彼は、竜の心と、世界を救う! ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ※【R -15】表現について。 → リアルな感じでいきたいのですが、『なるべく少なめに』書いていく予定です。 ・・・ 内容は、王道展開(予定)の長編作品です。「序章」では、主人公と竜の出会いから、その仲を深めていくまでを描いています。 ・・・ 「バトル要素」は、外伝にてお試しですこし。【※036[其の伍]熊】にて――。 本編では「第1章」からの予定です。 ・・・ ※外伝が完結しました。【032〜042】(2021/02/23。全11話。) ※序章が完結しました。【001〜031、043〜056】(2021/03/27。全41話、前幕1話、番外編2話、幕間1話。) ※第1章が始まりました。【057〜⁇?】(2021/05/01。) ・・・ 【※のんびり更新中です】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間41分

    この作品を読む

  • 学芸員《キュレーター》と不思議な展示品―或る魔術師の鑑定報告書

    魔術師な学芸員さんと素敵な時空の旅。

    382,350

    5,305


    2021年7月23日更新

    帚木直人、大学三回生。何に対しても無関心だった彼が大学で見つけたのは、魔女と噂される女性。 その女性は私営博物館、目黒博物館の館長であり、魔術師だった。名を目黒ともこという。 ともこの元には、紅猪口、呪われた人形、謎の望遠鏡レンズといった不思議な品が届けられる。 ともこは時の魔術を使い、時間を遡ってその品を鑑定する魔術師だったのだ。 バイトとして博物館で働くことになった帚木もともこに付き添い、時間を遡るが、しかし、二人はそこで魔術具である時計を狙う謎の男に襲われることとなり――。 「あのね。物というものは、それを必要としている人の元へと自分から向かうものなの。どうしてあなたの元へ来たのか、私はそれを鑑定するわ」 人とモノと時間が、今、ともこの魔術により、再現される。 人とモノをつなぐ、ちょっと変わった博物館と学芸員とバイトの物語。 (表紙イラスト:如月簓様) 【HJ小説大賞1次突破ありがとうございました!】 【おしらせ】 4章から1話あたりの文字数を変更しています。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間31分

    この作品を読む

  • ダークスレイヤーの帰還

    美女とロマン多めのファンタジー大河小説!

    871,750

    5,450


    2021年7月14日更新

    【日間総合1位、異世界ファンタジー日間1位になりました!】 【HJ小説大賞2020後期、最終選考!】 かつて無限世界の構造に異を唱え、絶対者たちに唯一反旗を翻し、永遠の闘争に身を置いた戦士がいた。 神々の不都合を封じた『永劫回帰獄』の黒い炎を纏い、封じられた戦士たちの力と武器を揮う闇の存在、ダークスレイヤー。 しかし、いつしか彼は忘れ去られ、その戦いも伝説として忘却されつつあった。 一方、緩慢に滅んでいく無限世界の中で、唯一『永遠の地』と呼ばれる異世界ウロンダリアでは、八百年前の大戦を最後に訪れた長い平和に、不穏な退廃が漂い始めていた。 全てが漂着するとされるウロンダリアにおいて、ことさら特殊な漂着者とされる『眠り人』。 二十人を最後に永遠の平和が訪れるとされていた予言は破られ、二十一番目の『眠り人』とされる男が流れ着く。 彼を目覚めさせるのは『眠り女』と呼ばれるさまざまな種族の女性たち。 やがて目覚めた男は何を見、何と戦い、何処へ行くのか? 妙に多い美女たちの謎と、彼女たちとの関係は? 囁かれる『時の終わりの大戦』とは? これは、神と人の時代の隠された断絶と、我々が忘れた戦士の物語。 ※総文字数は250万字を超える予定です。 ※大長編なので、所々に単発エピソードを置いています。『※単発』とあるエピソードは話の進行に関係なく読めます。 広大な異世界ウロンダリアの沢山の物語の一つにして最重要エピソードである、『ダークスレイヤーの帰還』をピックアップした物語です。 政治・文化・言語まで設定された世界を舞台に、素敵なヒロインたちと硬骨な冒険が続いていきますが、やがて物語は多くの他の異世界や無限世界全域の問題を浮かび上がらせていきます。 【各章の紹介】 序章・主人公の目覚めと『眠り女』たち、そして魔の都。 第一章・工人の女アゼリアと、銃を使えるようになるまでの物語。 第二章・大国バルドスタの王女アーシェラが、古い困難を取り除くまでの物語。 第三章・ゴブリンの姫ゴシュの一族の敵討ちで、帰らずの地へ。【現在執筆中】 第四章・狼の魔女ファリスと魔女協会、そして黒い森の物語。 第五章・北のアンスリノラを出る、最後の眠り女カルラの物語。 以降順次発表・執筆していきます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間0分

    この作品を読む