プロフィール

SF&特撮小説サークル「フラランマ」です。

ブックマーク

一覧

  • 恋するジャガーノート

    【挿絵付】怪獣バトル × 擬人化ラブコメ

    55,600

    100


    2022年10月27日更新

    【全話挿絵付き!】 「恋をして、運命(すべて)は変わる。」 おとめ座流星群が煌めいた夜、幼い頃の記憶を失くした青年「ハヤト」は、不思議な動物「クロ」と出会う。 時を同じくして、ハヤトの幼馴染「アカネ」は、秘密組織・JAGD(ヤクト)の隊長として、生まれ故郷の横須賀へと帰ってくる。 "進化する記憶喪失の怪獣"「ヴァニラス」──またの名を、「クロ」 "古代から蘇った雷撃怪獣"「レイガノン」──またの名を、「カノン」 "地球へ逃れてきた不死蝶"「ティターニア」──またの名を、「ティータ」 人類の天敵・ジャガーノートである彼女たちは、ハヤトと出逢い、笑って、泣いて──恋をする。 「怪獣バトル」×「怪獣擬人化ラブコメ」、ここに堂々開幕!! 「pixivFANBOX」(https://mafuyutora.fanbox.cc/)と「Fantia」(fantia.jp/mafuyu_tora)では、会員登録不要で電子書籍のように読めるスタイル(縦書き)で公開しています!有料コースでは怪獣紹介ミニコーナーも!ぜひご覧ください! アルファポリス(https://www.alphapolis.co.jp/novel/983236924/530670055)では1投稿あたりの文字数を少なくして読みやすくした形式で順次アップしています(内容は同一です)。 ※登場する怪獣・キャラクターは全てオリジナルです。 ※全編挿絵付き。画像・文章の無断転載は禁止です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:25時間3分

    この作品を読む

  • イチャイチャ☆百合っ娘ロボ 〜怪獣VS巨大ロボッ娘〜

    あいも変わらず百合だよ

    202,800

    2,805


    2022年2月14日更新

    某特撮三部作見返して怪獣系作品書きたくなったんです タイトルは変えるかもしんないです、百合っ娘ロボジャイアントとか(それはない) 読者さんの目は読者さんの体を離れ、この不思議な時間に入っていくのです...って作品の書き方が知りたい〜おしえてくれ!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間22分

    この作品を読む

  • ヴォゴラ -怪獣閃記-

    怪獣達のバトルロイヤルを描く短編集です。

    6,300

    0


    2022年1月16日更新

    (本作は毎週日曜09:01に更新されます) 2020年代初頭に某国がINF(中距離核戦力全廃条約)を離脱してから、約30年が過ぎた2054年。東京は、突如として海の彼方から現れた巨大怪獣「ヴォゴラ」の襲撃を受けていた。 度重なる怪獣との戦いと敗走を経て、政府は巨獣災害対策本部――通称「巨獣対」を設立し、対怪獣用兵器「54式装甲機獣」を開発する。 その機獣のパイロットとなった龍崎兜疾中尉は、仲間達の仇を討つべく怪獣と対等の存在として、戦場へと踏み出すのだった。 果たして巨獣対は、怪獣という超常の存在を超えて――東京を守り抜くことが、出来るのだろうか。 (本作はカクヨム、ハーメルン、暁、エブリスタ、小説家になろうでも掲載する予定です)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:39分

    この作品を読む

  • 紅白歴史コンテスト(白組)参加作品

    11,900

    35


    2021年3月13日更新

    文久を迎えるすこし前の頃、練兵館の「双璧」と讃えられる二人が二八蕎麦を手繰りながら雑談をしていた。 なんでも、あくる日は互いに「用事」があるとのことだったが、お互いにいつものことと深くは考えなかった。 しかし、この「用事」が思いがけない場所で事件を引き起こすことに!? ※本作品は幕末という時代をテーマにしたフィクションです。実際の歴史上の人物、団体および事件とは無関係です。 ※写真:渡邉昇(わたなべ のぼり)

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 百合怪獣、地球に現る

    怪獣×百合とか需要あるかな。多分全25話

    171,100

    2,310


    2020年4月24日更新

    少女に擬態した♀怪獣・リユラは惚れた少女を守る為に他の怪獣や異星人と今日も戦うのだ!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間18分

    この作品を読む