プロフィール

どうも初めまして、 沙波羅 或珂(スナハラ アルカ)と申します。 『一日一食』です(≧▽≦) 『一日10㎞走ります(シャドー付きで)』(≧▽≦) ワタシは今日も元気です!(≧▽≦)ノシ 皆様と交流をはかり、 共に小説の腕を上げていけたらいいなと想います。 どうかよろしくお願いします。 【掲示板】 https://www.z-z.jp/?sunaharaaluca 【ツイッター】 https://twitter.com/alucasunahara

ブックマーク

一覧

  • 気まぐれに提案。

    基本的にふざける。

    46,000

    30


    2022年5月20日更新

    ウェーイ!

    読了目安時間:2時間17分

    この作品を読む

  • フェルミ漫画大学のYoutube動画紹介と直感感想を書く

    管理者から許可貰えたのでやります

    8,800

    0


    2022年5月20日更新

    結論: 海外と国内と直感族の自己啓発を比べてみたい! 創造型向けは1割だけしか効果がないか検証したい! フェルミ漫画大学というYoutubeチャンネルの感想エッセイです。 運営管理者から動画の転載許可を頂けたので、感想をつけて紹介しようと思います。 https://www.youtube.com/channel/UC9V4eJBNx_hOieGG51NZ6nA/videos 「漫画で、学ぼう。」漫画でわかりやすく勉強できるチャンネルです。

    読了目安時間:55分

    この作品を読む

  • 鏡合わせの吉原 〜死んだら吉原にいました〜

    俺ができない事をお前がする 

    27,800

    0


    2022年5月16日更新

    元の世界にて不慮の死を迎えた筈のレムは何故か大正時代の吉原にいた。生前の記憶はほとんど無い彼だが三味線とちょっとした札遊びの芸を持っていたので男性芸者【幇間】として見番登録していた。ある日京町二丁目の楼閣【桜華楼】という中見世に呼ばれた彼は仲間の芸者衆と共に酒宴に参加する。そこで若い衆の男性達は口々に言った。「うちの旦那様に似ている」。【桜華楼】楼主、稲葉諒はそんな自分自身によく似ている彼が気になりやがて桜華楼専属の幇間として内芸者に迎える。この物語は、幇間・零無(レム)と楼主・稲葉諒。そっくり同じ2人に見える彼らの色と欲に満ちた吉原遊廓の物語。不思議な鏡合わせの吉原へようこそ。 そろそろ本編にて近いうちに、主人公が遊女の水揚げという、例にもよらず官能シーンが出てくる予定になっております。 大人の方は読んでいただいても構いません。 しかし、誰が読んでいるかわからないのがWEB小説ですよね。某カクさんと同じレーティングなので、なるべく抵触しないように、しかしグレーゾーンを攻めてみようと画策しております。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間41分

    この作品を読む

  • 明けの明星〜ルシフェルを宿す少女は己が人生を切り拓く〜

    日間、週間、月間一位獲得!! 

    218,672

    1,847


    2022年5月13日更新

    【魔法のiランド大賞2021一次選考突破!!】 【HJ小説大賞2021後期 一次選考突破!!】 毎週金曜日夜8時に更新!! 第三話まで読めばきっとハマります……!! ある日、人々に紋章が宿り、異能の力に目覚めた。 自然の脅威そのものとなった者。 偉人が成した伝説・偉業を体現する者。 動物の野生を獲得した者。 特定の概念を支配する者。 そんな四系統の紋章者で溢れる世界。 その世界で実験によって生み出された、ルシフェルの紋章を宿す少女——八神紫姫《やがみしき》。 凍てつく冬を想わせる風体でありながら、その胸には誰よりも熱い想いを秘める男—— 凍雲冬真《いてぐもとうま》。 彼らの運命的な出会いを機に物語は動き出す。 人工天使としての定められた人生などまっぴらごめんだ。 その想いを胸に、八神は仲間との出会い、過去との決別、妹とも呼べる存在と共に困難を乗り越えることで、一人の人間としての人生を歩み始める。 しかし、そんな彼女の人生は順風満帆とはいかない。 彼女の行く先には数多の困難が待ち受ける。 しかし、彼女がその歩みを止めることはない。 世界に幾度暗雲が立ち込めようとも、彼女は諦めない。 明けの明星が如きその少女は、世界に光をもたらす。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:15時間36分

    この作品を読む

  • 算術雑考

    算数、数学についての雑記です

    13,350

    15


    2022年5月10日更新

    算数、数学についての雑記です

    読了目安時間:35分

    この作品を読む