プロフィール

六葉翼と申します(〃^ー^〃)映画や小説好き。現在はファンタジー小説を中心に作品を書いています。よろしくお願いいたしますm(_ _)m

ブックマーク

一覧

  • レジェンド・オブ・ダーク遼州司法局異聞 

    アラサー女子上司達に鍛えられる物語

    1,232,805

    3,440


    2023年6月9日更新

    感想コメントで『キャラ多すぎで覚えらんねえ』と言うことで減らして『特殊装甲隊 ダグフェロン『廃帝と永遠の世紀末』 甲武の闇』となりました ほとんど事件の内容は同じですが、キャラは覚えやすいよう『濃く』しました ギャグも増えました 地球人類が初めて地球外人類と出会った辺境惑星『遼州』の連合国家群『遼州同盟』。 その有力国のひとつ東和共和国に住むごく普通の大学生だった神前誠(しんぜんまこと)。彼は就職先に困り、母親の剣道場の師範代である嵯峨惟基を頼り軍に人型兵器『アサルト・モジュール』のパイロットの幹部候補生という待遇でなんとか入ることができた。 しかし、基礎訓練を終え、士官候補生として配属されたその嵯峨惟基が部隊長を務める部隊『遼州同盟司法局実働部隊』は巨大工場の中に仮住まいをする肩身の狭い状況の部隊だった。 さらに追い打ちをかけるのは個性的な同僚達。 直属の上司はガラは悪いが家柄が良いサイボーグ西園寺かなめと無口でぶっきらぼうな人造人間のカウラ・ベルガーの二人の女性士官。 他にもオタク趣味で意気投合するがどこか食えない女性人造人間の艦長代理アイシャ・クラウゼ、小さな元気っ子野生農業少女ナンバルゲニア・シャムラード、マイペースで人の話を聞かないサイボーグ吉田俊平、声と態度がでかい幼女にしか見えない指揮官クバルカ・ランなど個性の塊のような面々に振り回される誠。 しかも人に振り回されるばかりと思いきや自分に自分でも自覚のない不思議な力、「法術」が眠っていた。 考えがまとまらないまま初めての宇宙空間での演習に出るが、そして時を同じくして同盟の存在を揺るがしかねない同盟加盟国『胡州帝国』の国権軍権拡大を主張する独自行動派によるクーデターが画策されいるという報が届く。 誠は法術師専用アサルト・モジュール『05式乙型』を駆り戦場で何を見ることになるのか?そして彼の昇進はありうるのか? 表紙絵 ぶぶききさん

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:56時間44分

    この作品を読む

  • ねこのまおう

    わがままな子猫は実は魔王でした。コメディ

    146,740

    4,212


    2023年6月6日更新

    生まれたての魔王はかわいい子猫の姿をしていました。 人間界を征服するためにやってきますが、見た目も中身も幼い魔王は、おいしい食べ物に夢中になってばかり。 「ワシにおさかなをよこすにゃ」「ぷりんとは、なんとうまいものにゃあ」「もっとくうにゃ!」 そのわがままっぷりで、お供の真面目なカラスを困らせてばかりいます。 人間界では非力な魔王は、人間たちを屈服させるために(そしておいしい貢ぎ物をたっぷりもらうために)、かわいい女の子の姿に化けてメディア進出をして有名になることを考えます。 一話がごく短いコメディです。 カクヨムでも連載しています。

    読了目安時間:1時間39分

    この作品を読む

  • 脱法勇者

    剣も魔法もすべて違法 合法的ファンタジー

    7,881,200

    138,200


    2023年6月3日更新

    冒険と英雄の時代は、リクが生まれたときにはもう終わっていた。 平和になった世界では、武器も魔法もすべて違法。 かつての英雄は、法律で牙を抜かれ、りっぱな社会不適合者と化した。 そんな世界で。 最強の勇者夫婦の子供として生まれたリク。 彼を監視する幼なじみの法律家アルル。 二人の合法的ファンタジー。 リクは絶大な潜在能力を持つ。 冒険と人助けにあこがれるが、理不尽な法律にしばられる。 彼の武器は「世界の半分を手に入れる」という「ある能力」。 アルルは違法行為をした勇者を完全に無力化できる。たとえ相手がどんなに強くても。 ただし戦う力はない。 彼女の目的は、リクが「ある能力」を自覚しないよう防ぐこと。 平和な日常が続くはずの世界に、消えたはずの過去の奇病がよみがえる。 リクはこの土地を救わなければならない。 かつての最強の英雄たちに接触し、 その中から犯人を見つけ、 倒すのだ。 しかも「合法的」に。

    読了目安時間:14時間50分

    この作品を読む

  • 女神回収プログラム ~三回転生したその先に~

    あなたの、大切な『もの』は何ですか。

    509,205

    1,660


    2023年6月1日更新

    最高位の姫に仕える剣士には、決して口外できない秘密がある。秘密を知ると序盤の印象が変わり、物語が徐々に枝分かれし、絡み合う恋愛ミステリー。 昔々に背負った因果を抱えながら各々の困難と懸命に立ち向かう、残酷で美しい長編小説。 剣士の秘密を知らない姫は、剣士に想いを寄せている。 姫と護衛の剣士の恋愛はご法度。けれど、このふたりには、それ以上の難関が待ち構えている。 始まりは『愛と美の神』と悪魔の子が出会い起こった悲劇。大神は神々と精霊体に命を下した。 舞台の裏で発動されているのは、『女神』”回収プログラム”。 堕ちた女神と、禁忌を犯した神の末路を描く物語。 大神の命を受けた神々と精霊体は、人となり輪廻転生の輪に組み込まれ苦しい魂の修業が開始。それぞれは己の正体を知らず、懸命に生きる。 人となった神々と精霊体は一度その生を終え、二度目の生を受け第一部が開幕。悪魔の子も神々も精霊も、人々に紛れ同じ時代を生きる。 世界に君臨する城の姫と、その姫に仕える剣士。 婚約者の帰城を待つ姫。 研究所の君主と、ひょんなことから宿屋の居候になった男。 おとぎの国かのような城の嫡男と、美形と名高い双子の弟。 世界に伝わるのは、『絵本童話』と『女悪神伝説』。 自ら堕ちた神は、悪魔の子により地獄の果てへ着々と向かう。 運命に逆らうのか、受け入れるのか。はたまた、地獄へと落ちてしまうのか。 大神の命を受けた者たちは使命を遂行し、三回転生後に天界へ帰還せよ。 現世と過去生が交わる第一部。 遠い過去を呼び起こす第二部。 帰還か転落か、来世が織りなす第三部(現在執筆中)。 そして、その先に──信じること、裏切ること、許しあうことで迎える真の結末。 女神が誰かと知ったとき、幸せは一度崩れ。女神の『最後』の決断を知ったとき、『幸せ』とは何かとさまようだろう。 最後に女神は微笑む。 『永い永い願いを叶えることができた』と。 なにが幸せで、なにを祈り、なにを望むのか。 大切な人を、大切なものを守りたい──。 あなたの、大切な『もの』は何ですか。 ★=イラスト有。他小説サイトでも連載中。 未成年の性、近親相姦を含むストーリーですが、推奨はしておりません。 ※表紙作成:九重ゆめさん

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:23時間51分

    この作品を読む

  • 魔法少女ですが、男子です! ~最強カワイイ男の娘魔法少女は妖怪退治をがんばります!?~

    遅効性チート男の娘伝奇異能バトル!

    312,020

    2,998


    2023年5月31日更新

    一見女子にしか見えない銀髪の美少年、月代灯夜。見た目通りに女の子のような趣味を持ち、アニメや漫画で活躍する魔法少女に憧れる彼は、風の精霊しるふとの出会いをきっかけに、平穏な日常の裏で暗躍する妖(あやかし)と、それを退治する魔法少女が実在することを知ってしまう。 妖に襲われた友達を救うためしるふと契約し、自身も魔法少女へと変身した灯夜は、雷を操る名家出身の先輩魔法少女、四方院樹希と協力して妖に立ち向かうことに。 魔法少女になってしまった事で、大きく変わる彼の人生。妖に対抗する術者たちによって設立された全寮制の女子校、天海神楽学園への入学。男子であることを隠しての女子寮生活と、そして新たな魔法少女たちとの出会い。様々な経験を経て、灯夜はその秘められた才能を開花させていく。 遅効性チート男の娘伝奇異能バトル、ここに開幕!

    読了目安時間:22時間44分

    この作品を読む

  • 炎風吹きすさぶ ~最古の八騎士~

    位置ゲー「イングレス」が題材です

    1,211,686

    12,795


    2023年5月27日更新

    オンライン位置情報ゲーム「INGRESS」(イングレス)をめぐり数奇な運命に巻き込まれる若者たちの冒険譚 【あらすじ】 チームBIOのチームリーダーを知るサブリーダーを探すため、永遠のP8と言われるCrystal Tower を目指すレジスタンスのバイオとグリ。 苦難の旅の末、Crystal Tower2階にたどり着いた 。上階を目指すためには、2階の試練を24時間以内にクリアする必要があると、グリは言うのだが。 神戸和田岬に住む女子高生エンライテンドエージェント和田美咲。日々師である兵庫大仏からの教えで、エージェントとしての力量をあげていく。 ウミエに遊びに来た途中に怪しい二人組を見つけたたまごろう。体の奥底の声に導かれ、クリスタルタワーへ二人を追う。激しい追跡戦の末。。 鉄壁の男と呼ばれるレジスタンスvahohoは過去に囚われていた。だが、過去を清算するためvahohoは因縁の相手大仏と再会する。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間34分

    この作品を読む