プロフィール

コメント、ブックマークありがとうございます。 大変励みになります。 基本は長編、ときどき短編。

ブックマーク

一覧

  • ひとくちセリフ劇場

    「セリフだけ?」「しかも140字」

    2,370,582

    12,553


    2022年12月1日更新

    【予告編】 「聞きたいか?」 「『語りたい』の間違いじゃないのか」 「身も蓋もないな。風情って言葉、知ってるか?」 「あれは滲み出るものだ。あからさまにひけらかすもんじゃない」 Twitter企画『#ふぁぼされた数だけ存在していない自分の作品から一文や台詞を抜き出して紹介する』でご好評いただきましたセリフ劇をまとめました。 表紙は 入鹿なつ 様よりいただきました。

    読了目安時間:4時間58分

    この作品を読む

  • 読んでみませんか?

    一言感想?つきの読書ログ

    621,531

    1,878


    2022年12月1日更新

    顔文字ーずによる読書ログと一言感想(一言で済まない場合あり)です。 以下、登場顔文字 (’-’*) ←赤沢 綾(あかざわ あや) 基本的には彼女が読んだ作品のログとして掲載される。 あだ名はアーちゃん。 (´д`|||) ←見習い君 永遠の見習い。 語尾が『っス』の謎の寸劇キャラ。 ( ´-ω-) ←見習い君の師匠 語尾が『じゃ』や『のぅ』のジジイキャラ。 ジェ大の騎士らしいが、弟子の見習い君共々フォースの灰色日常面でゴロゴロしている謎の寸劇キャラ。 (´・ω・) ←バーテンさん 謎空間にある謎のバーの店主。 基本的にツッコミ役の謎の寸劇キャラ。 ( ´ー`) ←お茶の人 お茶の人なのにお茶以外に色々と差し出すが、ほとんど喋らない。謎のお茶の人。 (野_上 ) ←作者 そのまんま顔文字化した作者 野上。 ( っ'-') ←投擲者カーB なんでも投げる謎の寸劇キャラ。 ほとんど喋らないが、よく危険物を投げる。 地味に名称初公開だったりする。 (=゚ω゚=) ←猫 喋る猫、語尾は『にゃ』以上! (・x・) ←うっさぎ 偉そうな口調のうさぎ。 偉そうな為かバーテンさんに敵視されているが、こいつはバーテンさん等を好敵手(←とも)として見ている。 適当に今決めた本名は『ウルッセン・サルヴァート・ギルバーン』略してうっさぎ、だが本編でその名が明かされる事は決してない(名前も偉そうで長いから) (▫️-▫️*) ←西山 新菜(にしやま にいな) アーちゃんの幼馴染みの眼鏡っ娘、あだ名はニーちゃん。 ニーちゃんであって兄(にー)ちゃんでは決してない。 色々と『だいたい分かっちゃう』人。 以下、セルフレイティングにある暴力描写一例 (´・ω・)つ)д`|||)「なしてっスか!」 (野д上(⊂(´д`|||)「八つ当たりっス!」 ( ´-ω-)꜆꜄꜆)д上)「なんでじゃい!」 (野_上;)「酷い目にあった……」

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間48分

    この作品を読む

  • とある同人作家の覚書

    ネット小説初心者のコラム。

    85,066

    420


    2022年11月29日更新

    どうすればネット小説サイトで自分と同じ感性を持った読者さんと出会えるのか…… いろいろ試行錯誤をしながら感じたことを書いていこうかなと。

    読了目安時間:1時間5分

    この作品を読む

  • 現在ワタクシ拝読中! ~蒼田の読書狂乱劇~

    ぼちぼちつけていきます

    73,515

    181


    2022年11月29日更新

    ノベプラの読書閲覧履歴の大幅機能拡大でワタクシの閲覧作品数を実数として肌で感じてこの読書ログを始めました。 基本的に一週間に一作品、張り付けるだけです。 感想を書く場合があるかもしれませんがあらすじ以上の事は書きません。もしくは「完結おめでとうございます」のようなことくらいかと。 *気になるエピソード欄から作品をチェックしてください。 *読んでいる作品を張り付けるだけのものになります。過度な期待はしないでください。 *単なる読書ログです。 *基本的に読み続けているもしくは新規投稿された作品——ワタクシの通知に来た作品——や新着欄から見つけて現在読み続けているものからその日の気分でピックアップしています。

    読了目安時間:30分

    この作品を読む

  • そこは月城町13丁目

    少女は、不思議な町で不思議な恋をした

    194,889

    2,953


    2022年10月18日更新

    拝啓お兄ちゃん。 私は不思議な町で、不思議な男の人に恋をしました。 ーーーー月城町13丁目 そこは、不思議な町 そして、絶対に近づいてはいけない町 唯一の肉親に捨てられた貧民街の少女、花 包帯で顔を隠して13丁目で暮らす貴族、近衛二郎 これは2人が出会い、別れるまでの物語 ※表紙は森久都さまからいただきました。 ありがとうございます!!

    読了目安時間:6時間25分

    この作品を読む

  • 一行怪談集

    ただ一行で紡ぐ怪談。

    2,021,771

    8,642


    2022年8月2日更新

    吉田悠軌・著『一行怪談』にインスパイアされて、自分なりに作ってみたワンセンテンスの怪談。 元になった本には「一行怪談凡例」というものかある。 ・題名は入らない。 ・文章に句点は一つ。 ・詩ではなく物語である。 ・物語の中でも怪談に近い。 ・以上を踏まえた一続きの文章。 なるべくこれに沿うようにしているつもり。 気が向いた時に更新します。 この作品は、他サイトでも公開しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:59分

    この作品を読む