プロフィール

願いと仕事の為に生きています。 白魔導士が大好きです。

ブックマーク

一覧

  • 第七章完結!! 衝撃(笑劇)の展開

    ♡864,782

    〇4,165

    異世界ファンタジー・連載中・236話・596,044字 秋山静夜

    2021年1月16日更新

    純ファンタジー世界で描かれる、男と女、親と子、策謀と宿命が織り成す大長編。 恋を知らない無垢なる勇者と重責から逃げだした孤独な魔王。 敵対し反発し、それでも手を取り合うこととなる二人の運命の行方は? 勝てなくとも前に進むことはできる。 負けても失うものばかりではない。 手の平から多くのモノが零れ落ちたとしても、それでも握りしめたモノだけは離さないで。 _______________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________ 以前掲載していた、あらすじ、世界地図、設定関連の項目は別の作品枠に引っ越ししました。 設定や世界観が好きな方はぜひそちらも覗いて下さい。 気に入って頂けましたら、ブックマークや評価をしてもらえると大変励みになります。 今後ともよろしくお願いします。 小説家になろう、アルファポリスにも掲載中です。

  • 神より堕ちた戦ノ神は現世で抗う

    ♡649,803

    〇2,178

    現代/その他ファンタジー・連載中・166話・591,706字 関枚

    2021年1月16日更新

    人間、魔獣、亜人の三種族が支配する世界。その三つの存在は共利関係により協力しあって生きてきた。しかし、人口増加に伴って崩れた三つの関係。人間は亜人へ宣戦布告を開始し、人魔大戦が起きてしまう。 結果亜人は全滅。高笑いをする人類を蹴落とすように目を覚ましたのは今まで亜人によって狩られてきた魔獣。亜人が死んでいったことにより魔獣は急激に繁殖を始め、亜人の怒りが乗り移ったかの如く活性化をしてしまい、今や人類の脅威と成り果てていた。 一方、世界を創った神の世界でも影響は起きている。亜人が全滅したことにより役割を失った亜人側の神は次々に死んでいった。役割を失った神は死ぬ、それが神の掟である。戦の神、マルスはその罪をきせられ天界からの追放を受ける。下界へ降りたマルスの世界の均衡を保つ、運命への抗いが始まった。 本編は3話の「プロローグ」から。 キャラ魔装説明欄は物語の補足として分からなくなったら見てもらえるといいと思います。 おまけのキャラデザ集も是非チェック! 推しキャラを見つけよう!

  • 2021年1月16日更新

    ※第164話が非公開になっていました。 申し訳ありません<(_ _)> 魔獣によって両親と故郷を同時に失った少年トア・マクレイグは、幼馴染で片思いの相手であるエステルと共に、仇を討つため魔獣討伐を主な任務とするフェルネンド王国聖騎隊への入隊を目指す。十四歳となり、お互いトップクラスの成績で養成所を出たのだが、最後の適正職診断で明暗が分かれることになった。 大魔導士という将来の活躍が約束されたエステルに対し、トアの適性は「洋裁職人」という戦闘にまったく役立たない地味なもの。エステルが着実に英雄としての道を歩む一方で、なんとか彼女に追いつくため必死に修行を積むトア――だが、ある日エステルが大貴族の子息と婚約を発表する。 彼女の近くにいるべき存在は能無しの自分ではないと悟ったトアは聖騎隊を辞め、ひとりで新たな生活を始めるためフェルネンド王国をあとにした。 次の仕事を探す途中、ひょんなことから立ち寄ったのは終戦によって用済みとなった旧帝国の要塞。そこで、トアは自分に与えられた真の適正――《洋裁職人》ではなく、《要塞職人》に目覚めた。廃棄された要塞を立派に住居としてリフォームし、誰にも縛られない自給自足の快適なスローライフを始める……はずだったが、なぜか美少女エルフ(脳筋)だったり喋って動き回る甲冑だったり伝説のモフモフ狼少女だったり世界を救った英雄やその子どもたちだったりと、自分の意図しないところで要塞に住み着く仲間が増えていく。お人好しのトアは新しい住民たちを受け入れていたが、いつしかその要塞村は周辺国家から注目される存在になっていくのであった。

  • 呪いを解く手段が真実の愛だけとは限らない

    ♡119,900

    〇155

    異世界ファンタジー・連載中・79話・202,854字 朝霧 陽月

    2021年1月15日更新

    【分かりやすい概要】 このお話は明るく純粋で自由な美少女魔術師リアが、呪いを解こうとして呪いを掛けられた王子のアルフォンスを振り回したり、呪いで関係ないことでも振り回したりする話です。 【ちゃんとした(中身に近い)あらすじ】 「その呪い、私が解いてみせましょう」 はーい、私は旅の魔術師のリアー!! まぁ実はのんきなことを言ってる場合じゃないだけどね!? なんと私は夜の森で嵐に遭ってしまって大変なことになりました。 吹きすさぶ雨風に、おまけに迷子という絶体絶命な状況!! そんな中、嵐をしのげそうな古城を見つけた私はすかさずそれに食いついた。 やったー、建物だ!! そしてそんな古城にいたのはもふもふの獣人さん……え? 本当は人間なの? 大精霊様の怒りを買って呪いを掛けられたって? ええ!? めちゃくちゃ貴重で面白そうな呪いの研究対象……いや、間違えました。 雨宿りもさせてもらったうえに、こんな大変な呪いに困っていると聞いたら放って置くことはできません。 私が力になりましょう!! ついでに呪いの調査も少しさせてもらいますけれども……!! んん、呪いを解くのに必要なのは「真実の愛」だと言われた? いえいえ、そんなもの曖昧で不確かなものより私の魔術知識で呪いの謎を解き明かしますよ。 「私の容姿を怖がらないうえに、むやみに近づいてこようとする……この子は何を考えているんだ」 いやー、どんなデータが取れるか楽しみだなー。 =これは大精霊の残した真実の愛で呪いは解けるという言葉は無視して、他の手段で呪いを解こうとする魔術師の少女が好き勝手するお話= ※残酷な描写ありは念の為です。 ※2020年6月6日に5話の大幅改稿(ほぼ別物に変更)と、それに伴う12話の微改稿をしました。 ※他のサイトにも掲載してる作品です。 ほぼ週一更新(らしい)

  • 2021年1月15日更新

    表紙イラスト:いる様(@ill_writer) 「これより先は無限の伝説がうわさ話から生まれる世界、そこでお前は何を望む?」 「私の望みは無限のお金!『VRゲームで借金を返した女の子』って伝説を作って、必ずパパとママに会うんだから!」 親の会社が潰れ、15歳という若さで借金まみれになってしまった元企業令嬢の「莉世」。 しかし彼女はどん底に落ちたまま人生終了なんてゴメンだ! とお金稼ぎの方法について調べ上げ、偶然開いたサイトであることを思いついた! 「これだ! VRゲームのアイテムを売りまくって、換金制度でリアルマネーにしちゃえば、中卒の私でもお金を稼いでいける!」 その瞬間、彼女は錬金術士「リーズ」となり大博打に打って出る! 狙うは業界大注目の新作ゲーム、【インフィニティ・フォークロア・オンライン】! 「スタミナ極振りは戦いに向かないが大丈夫か?」 「大丈夫、私はこれで24時間戦います!」 「レアモンスターが出ましたぞー!!」 「【スーサイド】オン! うりゃりゃりゃりゃーーー!!」 「クールタイム無視で魔法乱射ですと!?」 「生産職の錬金術士ごときが高難度ダンジョンに挑むなんて100年早いですわ!」 「死ぬ気と根性で作ったアイテムをくらえーーーーー!!」 そんな調子でやりたい放題にお金を稼ぎ続ける彼女は、個性的な仲間たちを次々と巻き込んでいき、やがて「蛮族」「テロリスト」「破壊神」とどんどんアレな方向へ進化していく――! うわさ話が伝説になるという無限の民話世界に、無限のお金を望んで駆け巡れ! 命がけの力技で何もかもをひっくり返して成り上がる、世間知らずで恐れ知らずなスーサイドシンデレラの無限民話、ここに開幕!! ※なろうにも同じものを連載しています、ご了承ください。