プロフィール

初めまして!バルバルさんと申します。 短編~掌の小説をよく書かせていただいています。 長編にも挑戦しようかと持っています。 よろしくお願いいたします。

ブックマーク

一覧

  • 短編詰め

    様々な短いお話詰めました。

    21,100

    0


    2021年4月27日更新

    ジャンル様々なショートショートを置いています。 以下各話紹介。 ○これは使用者の願いを叶えるボタン。 どんな願いもどんな夢も、一瞬で叶う素敵なボタン 『魔法のボタン』(現代ファンタジー。SF?) ○甘い、甘い花の味。体に良いとは限らない。 『甘い蜜を吸う』(強いていうならファンタジー) ○恋も愛も下らない。そんなもの、ただの「バグ」である。 『システムエラーは突然に』(恋愛) ○愛しい愛しい人の子よ。どうか、其の生に幸あれ。 『魔女は誕生祭の夢を見る』(ファンタジー) ○どこまでも灰色で、無味乾燥。世界は、人生は、どうしようもなくつまらない。そう思っていた。 『青い春の唄』(青春ドラマ) ○拒むより、流された方が楽である。優しいと、評価されるお釣り付き。 『駄目なひと』(恋愛) ○2人で逃げよう、どこまでも。 耳の聞こえない少年と、目の見えない少女の物語。 『逃亡』(恋愛。ひとつまみのファンタジー) ○手持ち無沙汰になると、メールボックスを開く。 君のせいで、そんな癖がついてしまった。 『不器用彼女の甘え方』(恋愛) ○目が覚める。穴が空いていた。 『穴』(強いていうならホラー?) ○許せないことが、最近できた。生まれて初めての感情だった。 『きな粉味のキスを』(恋愛) ○どうしようもなく弱い僕が、未来を救う為に出来ること 『拝啓昨日の僕へ』(恋愛) ○世界を作ろう。今度はもっと、ちゃんと。 『努力家の神様』(意味が分かると怖い?話) ○白を、染める。 『朱に染める』(恋愛) ○俺の学校には、天使がいる。 『天使に恋した天史君』(恋愛) ※ これらの物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません

    読了目安時間:52分

    この作品を読む