プロフィール

<あいさつ> 謹啓 はじめまして、朽木桜斎(くちき おうさい)と申します。 「小説家になろう」「カクヨム」「NOVEL DAYS」「アルファポリス」「ライトーン」「DAYS NEO」「ILLUST DAYS」などでも活動しております。 また「YouTube」「TikTok」にて動画配信、「Himalaya」にて音声配信もおこなっております。 よろしくお願いいたします。 ホームページ https://ohsai-kuchiki.com 謹言 <公募賞への応募歴> メフィスト賞(落選) 第6回 赤羽萬次郎賞(落選) <商業出版歴> 短編集 桜語(Amazon KDP 電子書籍) 詩集 ある世界主義者の憂鬱(ムゲンブックス 2020年10月1日 POD版発売) 詩集 ある世界主義者の憂鬱(Amazon KDP 2020年9月20日 電子書籍版発売) 夜の歌(アメージング出版 2019年12月20日 POD版発売) 2020年(令和2年)11月11日(水) 朽木桜斎 記

ブックマーク

一覧

  • 太陽と希望の言葉

    読んで元気になってくだされば幸いです。

    214,572

    110


    2021年6月19日更新

    明るく元気になれるように希望の言葉など連ねてみました。 よろしくお願いします! タイトルロゴは、紅蓮のたまり醬油さんに作っていただきました。

    読了目安時間:39分

    この作品を読む

  • ナティオ〜ポプカル短歌集〜

    マンガ・アニメ・ラノベを和歌に詠みます

    210,701

    1,761


    2021年6月17日更新

    この作品はポプカル短歌集。 マンガ・アニメ・ライトノベル・ボーカロイド などのポップカルチャーを題材に詠んだ和歌を ポプカル短歌と名付けました。 2021年6月6日現在100作品以上を詠んでいます。 あなたの好きな作品を探してくださいね^ - ^ 和歌や短歌は奥が深いと感じています。 日本が受け継いできた大切な芸術だと思います。 現代のポップカルチャーと伝統的な和歌のコラボ、 そんな表現ができたらと思います。よろしくお付き合いください。

    読了目安時間:2時間28分

    この作品を読む

  • キッパータックの庭で

    平和を愛する庭管理人たちの物語

    8,700

    0


    2021年5月28日更新

    キッパータックは大庭主(だいていしゅ)である。大庭主とは、国が選定した庭園を管理する仕事だ。しかし、彼は本業の清掃の仕事に精を出し、風変わりな蜘蛛のペットの世話にも余念がなく、庭仕事はそっちのけ。大庭主仲間である、130歳の高齢大庭主・若取樹伸や自称・透明人間の好青年ピッポ・ガルフォネオージらと共に平和で愉快な日々を送っている。

    読了目安時間:3時間28分

    この作品を読む

  • 人生の中で創作をどう扱うか

    創作者の人生について語るエッセイ

    32,311

    34


    2021年4月4日更新

    あなたにとって創作はどんな位置付けでしょうか? 一人一人、その答えは違うと思いますが人生と合わせて考えている方は少ないのではないでしょうか。 楽しむための趣味だとしても、プロを目指すにしろ。 自身の人生における創作の立ち位置は、考えをまとめておくべき内容だと考えております。 本エッセイは私が提唱している創作生活論をベースに、人生と創作について語っていきます。 このエッセイをきっかけにして、創作者である皆さまの人生がより豊かになれば幸いです。 *本エッセイはNOTEで連載していた記事の再編集バージョンになります。 同じ内容の部分もありますが、より深く、加筆修正していく予定ですので、一度読まれた方も、ぜひ、もう一度読んでみて下さい。

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

  • アンサング 暁の浜辺

    旅涯ての 彼岸より見る「生」の曙光

    169,040

    3,330


    2021年3月25日更新

    「夢」に縛られた不老不死の人々『イモータル』が織りなす、古代から現代へまたがる時を超えた群像劇。 ※本文は明朝体・縦組み表示向けに出力しています。(サイトの仕様変更により半角英数字の縦中横が出来なくなってしまったので、英数字の部分が少々見辛くなっております) 《あらすじ》 紀元前の古代ギリシャ。暁の浜辺で、物憂げな青年は不思議な赤毛の娘と出逢う。惹かれ合った二人は夜明け前の一時だけそこで語らい、次第に心を通わせていく。 時は下り現代のアメリカ。永遠の眠りに就いていたはずの『イモータル』の女が突然に覚醒する。再び目覚めた理由を探し求めながら、彼女は数奇な巡り合わせの中で異能の人々『ギフテッド』の若き娘に自らの不死の血を分けることになる。 ある老賢は若き娘に言う。不死の者達に安息が訪れるには、「満ちる」か「尽きる」か、二つに一つと。夢叶い満ちる者、夢破れ尽きる者。永遠の夢追い人となる定めの中でもがき続けてきたイモータルたちの終わらぬ夜は、東の水平線に新たな暁光を待つ。 永遠にも思える平穏な日々の中で、ひそかに暗い影が揺らぐ。各地の予言者達が世界の終焉を不吉に告げる中、過去と現在を伸びる二本の糸が時を越えて交わり、もつれ、やがて一つとなって未来を紡ぐ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12時間17分

    この作品を読む