プロフィール

pixivやカクヨム、Twitterでも文章を書いています。

ブックマーク

一覧

  • 断罪イベントに居合わせたので王太子を論破したら処刑されそうになったけど隣国に逃亡して愛され大聖女になりました

    名前でわかるあなたの運命

    22,300

    0


    2022年10月6日更新

    「ビレイユ・デスワー! そなたとの婚約を破棄させてもらう!」 賓客として招かれた王立アカデミーの卒業パーティーで聖女ガナルーナは王太子による断罪&婚約破棄現場に遭遇する。聖女として善意で検証に立ち会うガナルーナ。そこで彼女は窮地に立たされた侯爵令嬢ビレイユの疑惑を晴らし、王太子の誤りを指摘する。しかしそのことを根に持った王太子がガナルーナを偽りの聖女として処刑するように命じて……!? ビレイユとその兄の手助けあってからくも隣国に亡命成功したガナルーナ。しばらくは大人しく暮らさねばかと思いきや、長らく空席となっている聖女の座についてほしいと頼まれる。神々の加護を乞う儀式でガナルーナは類稀なる神力を得て大聖女にランクアップ! 生真面目侯爵や少年王、ビレイユとともに災害続きで困窮していた隣国を立て直していく──! 大団円のハッピーコメディ! ※表紙のイラストはガナルーナのモデルになっていただいたガナハラ様からいただきました

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • 海底都市に折々の花

    夕凪、凪げない恋をした

    28,000

    0


    2022年10月5日更新

    町の人はみんな知り合い。そんな田舎の町に住む女子高生の岸田夕凪(ゆうな)は幼馴染の谷本芽衣子に恋をしている。伝えた思いの返事は貰えないまましばらく経った。芽衣子の部屋へ遊びに行ったときに「もしかしたら嫌われてるのかもって思ってた」と呟く。 「別に嫌いとか、そう言うのにはなってない。友達じゃん」 想いが伝わらない、返事が貰えない。その理由は芽衣子にも想い続ける人がいるから。 「君と見た夏の海」 第二景 ※作中には一部、未成年者の飲酒・喫煙・不純異性交友シーンが含まれますが、それらの犯罪行為を助長する意図はありません。あくまでも小説上の演出であることをご理解ください。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

  • 【百合】呆れるほどに恋と化す

    学生青春百合です。

    15,600

    0


    2022年10月5日更新

    一目見て、この人を好きになる、と思った。 もしかするとその瞬間にはもう好きだったのかもしれない。 大した夢も期待もなく、滑り止めの女子校に入学した若葉。入学式の翌日賑わう教室の中で、クラスメイトの菖蒲にこの学校で制服を着ているのは珍しいと諭される。そう、私服可の校内で指定の制服を着ていたのは若葉だけなのだった。 明日からの私服問題が頭でぐるぐる回る中、若葉は廊下を通り過ぎていく一人の先輩に目を奪われる。 少し風変わりな言動、人形のようなとびきり美しい容姿。彼女の名前は麻木桜。桜は若葉に声をかけて、すぐに立ち去った。菖蒲曰く美人で目立つ彼女は校内でちょっとした有名人らしい。 もう関わることのないはずの先輩。息を呑むくらい綺麗な彼女が着ていたのは、若葉と同じ紺色のセーラー服だった。 年齢も性格も全然違うはずなのに、偶然の再会から不思議と親しくなっていく二人。少し浮世離れした麻木先輩と接する中で、次第に若葉の中に芽生えていく気持ちとは。 これはちぐはぐな二人が四季を巡り心が近づく、あるいは一目惚れに纏わる恋物語。

    読了目安時間:1時間5分

    この作品を読む

  • 炎剣戦記

    これは、色褪せることなき物語

    601,607

    10,260


    2022年10月2日更新

    精霊使いと人間のニ種族が存在する世界。 かつては共存していた二種族の間に徐々に軋轢が生まれ、やがて互いに互いを迫害し合うようになりそれは大きな争いへと発展した。 張り詰める空気の中。精霊使いに対抗するべく生み出された剣士達の集団、騎士団に所属するシラは、精霊使いの王の婚礼から逃亡した美しき魔女・グラーニャの監視を命じられてしまう。 本来は敵同士である2人は、監視という役目を通じて、共に過ごし、共に戦い。様々な強敵と相対し、そして少しずつ2人の関係に変化が現れていく。けれど歪みきった世界は、やがて2人に残酷な選択を突きつける。 これは、悲哀と絶望で満ちた世界で、生きた剣士と魔女の物語 表紙絵:スナギモ様作

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間7分

    この作品を読む

  • 花とかけはし鶯

    鶯は時に鳥媒花へ花粉を運ぶそう

    95,800

    285


    2022年9月30日更新

    生前の記憶がない幽霊の少女。 何となしに現世を漂い続けていた彼女はある日、ある場所へたどり着く。 『うぐいす写真館』 小さな、写真館だった。 彼女はそこで「目が見えない」のにも関わらず「霊的な存在が視える」という特異体質を持った青年・朝香(あさか)に出会う。 代行写真家として各地に赴く彼と行動し、彼女が触れたのは、写真と瞳の映す数々の風景、人でないものたちの想い、出会い、別れ、自分の記憶、そして──……。 のんびり温かくて、時々切ない、写真と想いをめぐるほのぼの物語。 ❁シリーズものですが、基本一話完結!! まずは第1話「家族と幽霊写真」(ノベプラで言うと6話まで)だけでもご覧ください!! ❁2021/9/10より、毎週金曜夕方~夜に更新中! ❁ツイッターで感想等を呟く際の推奨タグ→「#花かけフィルム 」 ❁2021/12/7:ジャンル「現代ファンタジー」で日間8位を獲得!! ・この作品に登場する人物・団体・地名は、現実のものと一切関係がありません。 ・本作品は「カクヨム」、「小説家になろう」でも投稿を行っています。 ・筆者はカメラの知識が深くありません。筆者も徐々にカメラを勉強していきますが、時々描写にお見苦しい点があるかもしれませんがご了承ください。(間違い等は、優しく指摘してくださると助かります)

    読了目安時間:4時間27分

    この作品を読む

  • 花嫁と空っぽ、列車の夢。

    2章完結。生と死の恋の話。

    68,100

    0


    2022年9月18日更新

    「先輩が、落ちている……!?」 普通のストーカー女装少年山瀬ユズは、憧れの先輩が落ちているのを発見した。 無理やりオカルト部に勧誘し、ユズは先輩にとある事件の協力を求む。 「実はオカルト部。俺ら以外、全員消えてしまったんです」 ストーカーと空っぽの先輩が挑む怪異譚。 ──── 花嫁になる夢を捨て死んだ怪異の少年。 怪異になるのが夢な空っぽの人間。 そんなオカルト部の歪んだ2人が、消えた部員を探す為、異界駅を巡ってゆく物語。 諦めた夢、残した未練、それから罪。 そんな物を背負って、それでも、意味のない鼓動を意味のあるものにしたいんだ。 2022/05/22 二週に一回、日曜更新予定。 ※全年齢ですがBL要素があります。ご注意ください。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間44分

    この作品を読む