プロフィール

色々書きたいけど気がつくとSFに偏りがちな物書き。人間、もしくはそれに準ずるものが生きている物語を書きます。

ブックマーク

一覧

  • 雨上がりに僕らは駆けていく

    走り続けなければ、明日には辿り着けない

    11,200

    0


    2022年11月27日更新

    「隕石衝突の日(ジャイアント・インパクト)」 そう呼ばれた日から、世界は雲に覆われた。 明日は来る 誰もが、そう思っていた。 ごくありふれた日常の真後ろで、穏やかな陽に照らされた世界の輪郭を見るように。 風は時の流れに身を任せていた。 時は風の音の中に流れていた。 空は青く、どこまでも広かった。 それはまるで、雨の降る予感さえ、消し去るようで 世界が滅ぶのは、運命だった。 それは、偶然の産物に等しいものだったが、逃れられない「時間」でもあった。 未来。 ——数えきれないほどの膨大な「明日」が、世界にはあった。 けれども、その「時間」は来なかった。 秒速12kmという隕石の落下が、成層圏を越え、地上へと降ってきた。 明日へと流れる「空」を、越えて。 あの日から、決して止むことがない雨が降った。 隕石衝突で大気中に巻き上げられた塵や煤が、巨大な雲になったからだ。 その雲は空を覆い、世界を暗闇に包んだ。 明けることのない夜を、もたらしたのだ。 もう、空を飛ぶ鳥はいない。 翼を広げられる場所はない。 「未来」は、手の届かないところまで消え去った。 ずっと遠く、光さえも追いつけない、距離の果てに。 …けれども「今日」は、まだ残されていた。 それは「明日」に届き得るものではなかったが、“そうなれるかもしれない可能性“を秘めていた。 1995年、——1月。 世界の運命が揺らいだ、あの場所で。

    読了目安時間:15時間52分

    この作品を読む

  • 必要悪のトロイメライ

    machine headの続編(おまけ)

    224,000

    450


    2022年11月18日更新

    【※当作品はmachine headのおまけ的続編となっております。 凄くすばらしい本編を未読の方は、作品一覧へアクセスし、そちらを先にお読みください。】 『machine head』事件の終幕からおよそ2ヶ月が過ぎた。 特殊能力部隊S.W.A.L.O.W.の尽力もあり、傷ついた人々や街が少しずつ前に進み始めた頃、若者を中心にとある妙な噂が立ち始めた。 “とある場所に行けば、空想の存在に出会うことが出来る場合がある” 最初は馬鹿げたオカルト話かと思われていたが、その噂は徐々に現実味を帯び、そして、実際にトラブルが発生し始めて……。 表紙絵=三ツ葉きあ 様

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10時間2分

    この作品を読む

  • 明日は死んじゃおうかな

    今日のあたしを忘れる前に

    10,400

    10


    2022年11月15日更新

    荒廃した惑星から届いた、一通のメールから始まる物語。 全て満たされた美しい星で生きる「ねむり」と、何もかも滅んだ虚空の星で生きる「まどろみ」。 まどろみを絶望の淵から救い出そうとメールのやり取りを続けるうちに、ねむりは『世界のひみつ』に触れてしまう。 Re:真実を知ったとき、あなたはきっとさみしい気持ちになる

    読了目安時間:42分

    この作品を読む

  • 変身しないで縺ゅj縺ちゃん

    「どゥ■か、私を蠢倥l縺ェ縺?〒ね」

    2,812,532

    22,526


    2022年11月6日更新

    「変身しないで、ありすちゃん」 かわいいものが大好きな、夢に生きる高校生、姫乃ありす。彼女はある日流星群にぶつかって、魔法少女に変身した。 世界を守るため、彼女は今日も魔法少女ピンクに変身して、魔法の力で敵を倒していく。 ――――と、思い込んでいるのは彼女だけだった。 黒い怪物の姿に変身する少女。恐ろしい獣の姿に変身する少女。ドロリとした触手の姿に変身する少女。異形の姿になった少女達は自身を『魔法少女』だと思い込みながら、世界を壊す。 街にはびこるドラッグ。ゴミ箱から見つかる人差し指。聖母様を崇める宗教団体。 昔見ていたアニメの魔法少女はただの幻だった。魔法少女達はゆっくりと現実に気が付きながら、副作用によって壊れていく。 本当の敵は誰なのか。 自分が本当は何者なのか。 ずっと夢見ていた願いは何だったのか。 これは、願いと夢と現実に壊れていく、魔法少女になった怪物の物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:28時間39分

    この作品を読む

  • 欠けた月夜に帰れない

    花と幸せに満ちた日々の追憶

    25,500

    120


    2022年10月27日更新

    8年間付き合った恋人に振られた鈴井晩。ある夜、思い出の詰まった部屋に耐えきれず近所の水路にかかる橋で塞ぎ込んでいた。 水面に映るのは花と幸福に彩られたあの日々で……。 国語教師鈴井晩。日谷美景と過ごした8年の追憶。

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

  • 【完結済】触れない男と宝石少年

    これはあなたのための物語

    88,500

    430


    2022年9月23日更新

    舞台は未来、東京。 「生き物に触れられない男」が拾ったのは、宝石で動く美しきアンドロイド「ジュエリードール」。 世界の片隅で二人だけの幸せな日々が訪れるはずだった。 あなたがあなたで、君が君でなかったらーー 人間になりたい怪物である男「六男」の手を取ったドール「サンズ」。 一人と一台の抱えた謎が、次第に社会を揺るがす大事件につながっていく。 その果てで、六男の願いは叶うのか。そしてサンズの願いとは……? 「僕はあなたのそばにいられますか?」 「俺たち出会わなければよかったね」 人外蔓延る未来に描く、近未来ファンタジー。 よろしくお願いします。 ※注意! この話には、重度の知的障害者についての記述が含まれます。 けれども、私は障害についての専門家ではないため、事実や経験に基づく表現ではありません。 また、内容的にも、現在から見ても古い時代における知的障害者への対応というものを取り上げています。 知的障害者を「白痴」と呼んだり、座敷牢に閉じ込めたり、という内容です。 物語はフィクションであり、作者に知的障害者や関係者を誹謗中傷したり、差別を助長したりする意図がなく、物語上必要なためこの設定を用いた、ということが納得いただけない方は、閲覧を控えるようにしてください。 よろしくお願いします。 感想や評価、ブックマーク、レビュー、ありがとうございます。大変嬉しいです。力になります。 この作品は小説家になろうにも掲載しております。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間57分

    この作品を読む