プロフィール

まるつき おみ(もと汐)。満月とも。書いたり読んだり。    ●女性向け?現代男女恋愛小説【歪みの旋律~わたしが愛を知るまでのレッスン~】連載開始(完結済)  ●少し不思議(SF)短編小説【潮騒に溶けゆく】連載開始(完結済)  ●エログロなし短編ホラー小説【イシノメ】連載開始(完結済)  ●クトゥルフ神話要素ありのヒューマンホラー?【月にあらざる彩の女王】連載開始(完結済・入賞)  ●現代恋愛TL向け小説【お金で買われてほどかれて~社長と事務員のじれ甘婚約~】再公開しました。  ●【転生令嬢は強すぎるっ!】【モノクロームアトラクト】休止中(非公開にしました)。

ブックマーク

一覧

  • 居酒屋マスターの漫画原作者への道 コミックシナリオ勉強会を開きますので漫画原作者志望者はご参加ください!

    皆で漫画原作者を目指しましょう!

    85,600

    515


    2022年8月10日更新

    小説家ではなく、漫画原作者になるための研究会です。ご気軽にご参加下さい!

    読了目安時間:1時間56分

    この作品を読む

  • 【元業界人が伝える】クリエイターならば知っておきたい雑学

    56回 キャラが立つ!性格の描き方 後編

    608,400

    3,085


    2022年8月3日更新

    ここは、2018年にゲーム制作業を引退した、私こと板皮類がプレゼンツ。 14年間にわたって企画&シナリオライターとして活動し、身に着けてきた雑学を、幾つかご紹介していきたいと思います。 取り上げるジャンルに垣根は設けませんが、企画屋もやっていた筆者の性質上、『大勢に自分の作品を読んでもらう・支持される』ための、ちょいテク・心理学・発想法に比重がよるかもしれません。 ■ 今後の投稿予定 ■ 1. ヒトの感情の正体に迫る! 2. キャラが立つ! 性格の描き方 3. ジェスチャーに現れるキモチ・感情の小百科 ※この作品は、2019年より『カクヨム』に投稿している『クリエイターならば知っておきたい雑学』のバックナンバーを、再編集してお送りしています。

    読了目安時間:6時間7分

    この作品を読む

  • アメジストの軌跡

    時代に翻弄され利用された少年の物語

    214,300

    858


    2022年6月14日更新

    人間が生まれながらにして持つ魔法の力と、遅れて発展した科学の力が融合した世界。 終わりのない戦乱の中に誕生したエルディラント帝国は、建国以来の軍事主義を貫き、次々と他国を侵略していった。 皇帝ペルガモンの圧政によって、民は厳しく税を取り立てられ、兵役を課せられ、明日も分からない日々を生きていた。 国境付近にある小さな町プラトウに住む少年シェイドは幼馴染のソーマと共に、税目のひとつであり、エネルギー源でもある鉱石を採掘する毎日を送っていた。 ある時、首都エルドランに隠遁する高名な予言者が、 ”プラトウが自国軍の襲撃を受け、廃墟と化した町から放たれたアメジスト色の光が世界を包み込む” と予言する。 真偽を確かめるべく国の重臣が現地に向かうも一足遅く、町は蹂躙されてしまう。 襲撃を生き延びたものの家族や親友を失ったシェイドは、怒りと悲しみから秘められた魔法の力を解き放つ。 眩い光が軍を一瞬で蹴散らしたのを見て、重臣は彼の規格外の力を見込んで救世主として祭り上げ、叛乱軍を結成することを画策する。 果たして叛乱は成功するのか? 予言にある、”アメジストの光が世界を包み込む”とは何を指すのか? これは時代に翻弄され、時代に利用された、ひとりの少年を取り巻く物語である。 ※カクヨム様、小説家になろう様、アルファポリス様にも併載

    読了目安時間:8時間46分

    この作品を読む

  • フェリアは【無限転生】により全ての「蛇」や蛇に関する「神」「悪魔」に何度でも生まれ変われる最強のメス蛇。蛇だけに毒は超得意。神経毒、心肺停止毒、毒耐性取得、呪い無効、蘇生術、「竜」は「蛇」みたいなものだしドラゴン化・竜人化もOKって、こじつけじゃね? 転生するたびに取得スキル・魔法を引き継ぎ初期ステ値も上昇。 そんな私が異世界で出会ったケモショタ&獣人少女と共に自由気ままの冒険。エルフの人形師幼女やロリコン女騎士、優しすぎる怪力竜人娘などと知り合い、活動範囲を広げつつ時には人助け。いずれは人界・冥界・天界、すべてを救うことになる。 いや私好き勝手してるだけなんだけど!? 「たいあっぷ オープニングコンテスト」にも参加しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:10時間52分

    この作品を読む

  • 2年前に死んだはずの妹が、別世界からやってきた

    それがたとえ決められた運命だとしても

    519,262

    66,990


    2021年9月28日更新

    大型アップデート並に改稿しました! 投稿日と感想が一致しないと思うのですが、不正でもなんでもないので、安心して読んでいただけたらと思います。 〜あらすじ〜 降り続く雨の中、橘隼人(たちばなはやと)は、深くまでフードを被り、傘を差さずに立っている少女と出会う。少女の名は、朝倉千尋(あさくらちひろ)と言う。 千尋は隼人の存在に気付くと、キュッと隼人の服の袖を掴んで言った。『見つけた』と。 その言葉から、物語は動き始める。 訳が分からずにいる隼人を前に、千尋はにこりと笑って言った。 『私の名前は朝倉千尋。はじめまして、2年前に自分のせいで実の妹を亡くした殺し屋隼人さん?』 その言葉を最後に、隼人は目を覚ます。 自分のベッドで眠っていたことを確認した隼人は、内心ほっとする。自分が殺し屋だということが見知らぬ少女に知られていたなんて、組織の長の耳にでも入ったら、自分の首が飛ぶと分かっていたから。 だから安心して二度寝を決めようとしていたのだが-- 「ねぇ? また寝ちゃうの? もうお昼になるよ?」 少女の声に隼人は驚きを隠せなかった。 夢ではない。妙にリアルに映っていたそれは、現実に起きていたことだった。 隼人の頭の中は混乱していた。 そんな彼に、少女は言った。 「ねぇ、私との約束、覚えているよね?」

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間50分

    この作品を読む