プロフィール

拝読するのが楽しみな毎日です。 『うらぶれ神殿の司祭剣士』連載中。 ☆『羽化』ロボット工学三原則コンテストにて入賞をいただきました。 ☆『願人坊主』歴史時代小説コンテスト短編部門にて入賞をいただきました。 ☆『.44マグナムってなにさ? はじめてのひとのための銃と弾丸入門』アームズマガジンミニコンにて「エッセイ/コラム部門」入賞をいただきました。 『ホーリーミッション』年の瀬フェア向けの短編です。 『たたかえ! ノベプラ警備隊』2020百合フェア向け短編です。 『兵士』ロボット工学三原則コンテスト向け短編です。 『ポスターの女』ミステリー短編コンテスト向け短編です。 『マイスイートバディ・ノノカ』ミステリー短編コンテスト向け短編です。 『納涼百句物語』怪談風超短編集です。 『負け犬』AMG夢コン向け短編です。 『クロスロード』AMG夢コン向け短編です。 『ヘレティック・スメクラン 〈異端の忍び〉』(『諜者の里の試練』改題)完結。第二部に続きます。

ブックマーク

一覧

  • 恋がしたくなる言葉

    毎日、あなたに恋焦がれる

    1,261,131

    6,178


    2021年6月21日更新

    読むだけで、きゅんとしたり、恋がしたくなる短歌を毎日更新していきます。 読んだ人それぞれに思いを馳せて頂きたいので、短歌の説明などはあえて書きません 「詩/短歌」のジャンル別累計1位になりました!(2021年3月11日) 累計1位をとるために書いてきたので、とても嬉しいです。 応援してくれている方々、本当にありがとうございます。 これからも、きゅんとする言葉を紡いでいきます

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

  • 生まれ変わったら曹昂だった。 前世の知識を活かして宛城の戦いで戦死しないで天寿を全うします

    曹昂生存していたらという話です

    5,559,178

    2,185


    2021年6月20日更新

    生まれた時から難病で|白河《しらかわ》|脩《しゅう》は成人まで生きられないと医者に診断されていた。 その為、毎日を病院で本を読んで過ごしていた。病状が悪化しあっけなく死んでしまう。 気が付くと自分が赤ん坊になっており、更に自分が曹操の息子の曹昂になった事に知る。 本を読んでいたので、自分が宛城の戦いで死ぬ事を知る。そんな未来を回避する為に前世の知識を活かして生き残る事を決める。 この話は三国志演義に準拠します。 参考文献 秘密三國志 著者陳舜臣 三國志 著者吉川英治 三国志 著者横山光輝

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:32時間37分

    この作品を読む

  • スライムが倒せない

    村人Aな少年による魔物討伐奮闘記。

    140,700

    120


    2021年6月20日更新

    とある田舎の村の少年レオンハルトは「冒険の旅に出たい」という夢を持っている。 そのため手始めに村の近くに出没したスライムで魔物との戦いの経験をつもうとしたのだが……。 コメディーです。 毎週日曜日に更新予定。 ※小説家になろう様にも投稿しています

    読了目安時間:2時間57分

    この作品を読む

  • まばたき怪談

    まばたきをする前に読み終えられるかも。

    1,494,170

    8,019


    2021年6月20日更新

    まばたきをしないうちに読み終えられるかも。そんな短すぎるホラー小説をまとめました。どうぞ、お気軽に御覧ください。 ラスト一行の恐怖。ラスト一行の地獄。ラスト一行で明かされる凄惨な事実。 一話140字以内なので、別名「ツイッター・ホラー」。ショートショートよりも短い『まばたき怪談』を公開します。

    読了目安時間:2時間54分

    この作品を読む

  • 【書籍化発売中】没落貴族の俺がハズレ(?)スキル『超器用貧乏』で大賢者と呼ばれるまで

    【書籍化決定!】彼は全てを覆す!

    904,400

    2,600


    2021年6月20日更新

    【書籍情報】 ツギクルブックスで2021年 4月10日発売予定! イラストレーターはリッター様となっております! Amazon等のサイトで予約開始しておりますので、良かったらぜひお願いします! ~あらすじ~ 両親に愛されなかった男、『三門 英雄』 事故により死亡した彼は転生先で『ラース=アーヴィング』として生を受けることになる。 すると今度はなんの運命のいたずらか、両親と兄に溺愛されることに。 ライルの家は貧乏だったが、優しい両親と兄は求めていた家庭の図式そのものであり一家四人は幸せに暮らしていた。 また、授かったスキル『超器用貧乏』は『ハズレ』であると陰口を叩かれていることを知っていたが、両親が気にしなかったのでまあいいかと気楽な毎日を過ごすラース。 ……しかしある時、元々父が領主だったことを知ることになる。 ――調査を重ね、現領主の罠で没落したのではないかと疑いをもったライルは、両親を領主へ戻すための行動を開始する。 実はとんでもないチートスキルの『超器用貧乏』を使い、様々な難問を解決していくライルがいつしか大賢者と呼ばれるようになるのはもう少し先の話――

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:45時間19分

    この作品を読む