プロフィール

榊かえると申します。 読んで下さった方が、少しでも楽しいと思っていただければ幸いです。 クソみたいなことばかり呟いているTwitterはこちら https://twitter.com/banon_ (@banon_)

ブックマーク

一覧

  • BACKWORKER'S ROCK

    バディ×アクション×クリーチャー

    139,600

    700


    2021年5月2日更新

    “メメント”と呼ばれる異形が闇に跋扈する世界。裏稼業〈異法者〉の青年エヴァン・ファブレルは、相棒レジーニとともに人知れずメメントと戦う日々を送っている。エヴァンはメメント討伐のために強化された戦闘員〈マキニアン〉だが、記憶の一部を失っていた。 ある日、メメントを任意に生み出している疑いのある無法集団が現れ、エヴァンとレジーニはその調査に乗り出す。集団の正体は脱走した囚人たちだと突き止めたが、そのリーダー格の男は過去のエヴァンを知るマキニアンだった。 BWRシリーズ第一部。洋画テイストの爽快バディ・アクション小説。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12時間53分

    この作品を読む

  • 宙(そら)が遣わす船に乗り

    アカウント名しか知らない彼女と彼女

    8,100

    0


    2021年4月30日更新

    銀色の「雲」が空を覆うたび、外出禁止令が出る。経済は停滞、イベントは中止、日常に混じり込む不穏、マイペースな女子ふたり。 2020年の日本(パラレルワールド)が舞台の百合っぽいSF、終盤は胡乱な感じになります。 この作品には自傷行為に関する記述が含まれます。 PDF版(100円)は縦書きで読めます。 https://mori-toma.booth.pm/items/2675073 連載版とPDF版の内容は同じです。

    読了目安時間:1時間49分

    この作品を読む

  • 怪獣をつかう者

    怪獣とかブロマンスとか夏休みが楽しい

    6,100

    0


    2020年12月12日更新

    二年ぶりの夏休みを得た神白は親友の伊東を誘い、巷を騒がす「怪獣」ショーの謎を追って秋田へ向かう。 「ゾンビつかいの弟子」の続編ですが、これ単体でも問題なく読んでいただけます。だいたいはふたりの青年が仲良くじゃれ合いながらロングドライブしているだけです。

    読了目安時間:4時間17分

    この作品を読む

  • ドラゴニアン コンティネント ─アガタ嬢の魔法のレシピ─

    竜の恵みで栄える国の、料理人と魔術師。

    1,800

    0


    2020年10月2日更新

    竜の死骸をエネルギー資源として利用している国のひとつ、グイターニャ。そこに一人の年若い料理人がいる。 彼女の名はアガタ。 齢十九という若さで二級料理人という肩書きを持つ彼女は、とある宮廷魔術師の屋敷で働いていた……。 仕事に対して真面目で誠実な料理人アガタと、知識も魔術も一級品だがどこかのんびりしている宮廷魔術師ルキウスを中心に、大事件……ではなく中小事件が繰り広げられる。 悪意の少ない優しいお話です、安心して楽しんでいって下さい。 「カクヨム」でも公開しています、お好みの方でどうぞ。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 終末世界のお嬢ネキ

    高身長お肉モリモリお嬢様VSゾンビ軍団!

    8,100

    0


    2020年9月28日更新

    魔王領エストレイア公爵公女イングリッドは、鋼でできた薔薇のごとき娘であった。 背は高く八尺を超え、オークの血を引くその身は幅も厚みもまた密度も、右に出るものこれになし。 剣を取らば飛ぶ羽虫を切り落とし、槍を持たさば馬二頭を貫き、弓鉄砲の上手としても諸国に遠く名を馳せた。 鎧櫃を担いで日に十里歩くことなど当たり前、十人の騎士を相手に乱取り稽古を汗一つかかずに行い、馬で遠出したかと思わば夕刻に大角鹿を担いで帰ってくるなど日常茶飯事であった。 しからばと詩吟をもって挑んだ者もいたが、公女の朗々と吟じるいささか強い野趣の詩、その中の繊細な描写に心を打たれ、筆を折って帰る有様。 計数、錬金、魔術にも長け、長笛、鉄弦琴、戦太鼓を持たせれば兵や若武者の血潮を熱くたぎらせる。 民を思い国を思い、領内の治政と所領との関係に心を砕く。 思慮深く物静かではあっても、言うべき時は鋭く強い。 これで美醜にいささか難があるなら溜飲を下げるものもあろうが、前髪で隠したかんばせも、慎み深い服装で隠した肢体の曲線も、いささか文句のつけようもない。 静かな笑みを持って庭に佇むその姿は薔薇のごとき気高さを、宵闇に明かりを灯し窓辺で所を嗜む所作は水鳥のごとき優雅さを見るものに感じさせた。 そのようないかなる意味でも古今無双の鉄薔薇公女、まこと残念ながらその美貌を持って語られることは後にも先にもなかったが、これにはいささか込み入った理由がある。 盟約暦198X年。 世界は核の炎と生ける屍に包まれた!

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:29分

    この作品を読む