プロフィール

~楽しい楽しい小説書きライフを満喫中~ ファンタジー・SF・百合百合を愛する小説書きです。 スタンプやコメント、ポイントなどいただけると、ピョンピョン跳ねて喜びます。 そして小説の登場人物達から、コメントをお返しいたします。 ツイッターでは、登場人物達によるお知らせを公開中。 興味があれば、ぜひ覗いてみてください! ゆにこーん / @UnicornNovel

ブックマーク

一覧

  • 魔法戦士ギン

    初投稿です。不定期更新になるとは思います

    953,057

    1,005


    2022年5月25日更新

    今回、初投稿になります。魔法戦士ギンは持ち前の魔法剣の腕を生かして、ギルドにて魔物討伐や犯罪者・ならず者捕縛の仕事を請け負う稼業をしていましたが、大きな事件に遭遇し、世界を飲み込む戦いに巻き込まれていきます。ちなみに主人公は転生も転移もしていないその世界生まれの主人公なのでよろしくお願いします。 ※この作品は小説家になろうさん、アルファポリスさん、エブリスタさんでも公開しています

    読了目安時間:19時間39分

    この作品を読む

  • グランティル大紀行

    ただいま第十章  一人の少年の大冒険譚

    673,500

    1,133


    2022年5月25日更新

    絶海の孤島に存在する凶悪犯を収監した刑務所ジャルダン。 そんな場所になんの落ち度もない少年リアンが送り込まれる。 どうして自分がこんなところに? 途方に暮れるリアンだが、島の親切な人々に助けられ、島から出るまでの間をそこで過ごすことに。 しかし島の刑務所では、静かにある計画が進行していたのだ。 この物語は、リアンという気弱で非力な少年が、いろいろな経験を得て少しずつ成長していく過程を描写した成長物語です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:54時間9分

    この作品を読む

  • 食育勇者の三姉妹~美味しく楽しく食事ができれば、絶対できる最強奥義!~

    少女は食べて、強くなる!

    287,900

    373


    2022年5月25日更新

    ※夜中に見ると、お腹が絶大に空く危険性がございます。お気を付けくださいませ。 俺は引き籠りの高校二年生、天城 翔(あまぎ しょう)。コンビニへと昼飯を買いに行った帰りに異世界転移してしまった。 異世界の森で不思議な化け物に追い掛けられる最中、空腹で倒れていた女剣士に遭遇する。 持っていた弁当を食べさせると、彼女は突然人が変わったように化物へと立ち向かう。多彩で不思議で、強力な技の数々を駆使していった。 どうやら、彼女は食物の特徴、調理法、風習、言い伝え、イメージに関係して様々な攻撃ができるようになるらしい。 気が付くと、俺は何故か元の世界に戻っていて。元の暮らしをしているうちに二回目の異世界転移。また女剣士に逢うこととなる。 彼女の世界で紹介されたのが、森で逢った女剣士レディアを次女とする食育勇者の三姉妹。 三人は、この世界を支配する魔王を倒せる唯一の存在だったのだ。 魔王討伐を目指すため、俺は援護。三姉妹は化物を、食物が成せる奇跡の技で倒していく。 今話題、テイクアウトが炸裂! 時に涙あり笑いありの日帰りファンタジー! 表紙は海乃エメ様に描いていただきました。

    読了目安時間:16時間24分

    この作品を読む

  • その白兎は大海原を跳ねる

    海賊少女と仲間たちの冒険譚

    527,050

    763


    2022年5月25日更新

    大海原の主役がまだ海賊だった頃、巷で噂になっている海賊がいた。その名は海賊"キラーラビット"。 その船長はとても海賊には見えない美少女。美しい白銀の髪とルビーのような赤い瞳を持つシャルル=キラーラビットだ。 彼女と共に白い特徴的な船体を持つ魔導帆船"ホワイトラビット号"を駆るのは、黒豹獣人や二足歩行の黒猫たち、妖艶な褐色のエルフ、ベテランの老海賊など多種多様な仲間たちだ。 そんな仲間たちと共に、時にお宝を求め大海原を暴れ回り、時に商人として荒稼ぐ。その最終目標は一族が残した秘宝を探すことだった。 この物語キャプテンシャルルと、彼女を取り巻く様々な人々による海洋ファンタジーである。 ※更新は月・水・金です。

    読了目安時間:15時間35分

    この作品を読む

  • 暗殺王子の婚約者

    スラム街少女が暗殺王子の婚約者に!?

    31,200

    79


    2022年5月24日更新

    スラム街に住むプリーメルは、母親と二人で暮らしていた。 食べ物さえロクに手に入らない状況で、母親は日を追うごとに弱っていった。 そんなある日、レーベン王国で王宮就職試験が告示される。幅広い人材を求めていた。迷宮から宝玉を探し出すのが課題であったが、プリーメルは一日掛けて課題を達成する。 それから二週間後に、レーベン王国の王子であるエウリッヒの口から、王宮就職試験に合格した事と、エウリッヒ自身に暗殺者の過去があり身分にこだわりがない事を告げられる。 プリーメルは覚悟を決めて王城に足を踏み入れる。イタズラ好きの騎士団長のシュタム、凄腕の執事のヴルツェル、陽気な暗部のアストと出会う。 そして大国ポルトン王国の王女であるルーナが、自身をエウリッヒの婚約者にするように、執拗に言い寄っているのを知る。 レーベン王国を乗っ取る目的があるのは明らかであった。 ルーナとの婚約を破棄するために、プリーメルはエウリッヒの婚約者のフリをさせられる。 ルーナは、自ら大量の部下を率いてレーベン王国に乗り込む。その部下たちはイケメン揃いで、プリーメルの心を動かして、婚約者から降ろそうと画策をする。 しかし、プリーメルは任務を誠実にこなそうとして、イケメンたちの求婚を次々と跳ね除ける。 ルーナの思惑は失敗した。 これに業を煮やしたルーナは、宣戦布告をする。これ以上自分に恥をかかせるのなら、責任を取ってもらう。国民が血を流す事になると。 まともに戦ったらレーベン王国側に多数の犠牲が出る。 プリーメルは無事に任務をこなし、ルーナの野望を阻止して、愉快な仲間たちと共にレーベン王国を守る事ができるのか。 スラム街少女と暗殺王子の恋愛関係はどうなるのか。 プリーメルの淡い恋心は揺れる。

    読了目安時間:2時間0分

    この作品を読む