プロフィール

魔女っ子や魔法少女が好きなまま大きくなりました。 同じ名前でいろんなところにいます。 発達障害タグの短編を書いています。10分で読める発達障害。 ※続き物へのコメント・スタンプ返しは、最新話を投稿した際にまとめて行うことがあります。

ブックマーク

一覧

  • 撃って、飛んで、殴ります。

    22,000

    0


    2023年2月6日更新

    頼堂幸善が拾った黒い犬は言葉を喋った。 それは〝妖怪〟と呼ばれる、動物の姿を模して、その中に紛れ込む存在だった。 しかし、妖怪と話せる存在は他におらず、頼堂幸善はその調査も兼ねて、〝仙人〟による組織〝奇隠〟に出入りすることになった。 その中で、仙人としての素質を見せた幸善は、その力で人間と妖怪の仲を取り持つために、奇隠に所属し、仙人としての活動を始めることになった。 様々な妖怪と出逢い、その対処をしていく中で、幸善は妖怪と人間の関係を更に良くしたいと強く思うようになっていく。 そこで幸善の前に現れたのが、〝人型〟と呼ばれる人間の姿をした妖怪だった。 人型は〝この世界から人間を滅ぼす〟ために動いており、あらゆる妖怪と会話できる幸善がその障害になると判断し、捕まえるために姿を現したのだった。 圧倒的な力を持った人型に幸善は苦戦を強いられるのだが、その戦闘の中で幸善は偶然にも、〝仙術〟と呼ばれる、現在は数人の仙人にしか使えない力に目覚め、無事に人型を退けることに成功した。 そこから、本格的に人型が動き始めるのだが、妖怪と人間の関係を更に良くしたいと思った幸善はその存在に苦悩することが多かった。 奇隠が何とか人型の対処をする一方で、自分の気持ちとは裏腹の結果ばかりが出てくる。 幸善がその悩みに苛まれる中、新たに奇隠を襲撃する存在が現れた。 それが〝11番目の男〟と呼ばれる、かつて奇隠に所属していた仙人だった。 奇隠は11番目の男による急襲を受け、何とか対応しようとするのだが、そこで11番目の男は〝仙術〟を用いて圧倒してきた。 最終的に何とか退けることに成功するものの、11番目の男の目的は不明であり、その力は無視できないものだった。 人間を滅ぼすために動く人型。目的不明の11番目の男。 二つの大きな敵を相手に奇隠は――幸善は戦い続けるのだった。 ※「カクヨム」に投稿している同名作品と同じ内容です。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:64時間21分

    この作品を読む

  • 白豚貴族だったどうしようもない私に前世の記憶が生えた件 (書籍:白豚貴族ですが前世の記憶が生えたのでひよこな弟育てます)

    転生オトメン貴族幼児とひよひよ弟の成長譚

    7,773,696

    2,897


    2023年2月6日更新

    2021年6月10日5巻発売!(ですので貢献ポイントはご辞退申し上げます。投げ銭してやろうと思われる方は、是非書籍をご購入くださいませ。) 西洋と中華の文化が入り混じる異世界。その片隅で生まれた麒凰(きおう)帝国・菊乃井伯爵家の一人息子、鳳蝶(あげは)は五歳にして終わっていた。太り切った体型に加えて、味方はゼロ。しかも、突然現れた弟・レグルスには将来、爵位継承権を巡って殺されるらしいのだ……。武器は、突然生えた日本人としての前世の記憶「料理と裁縫」のみ。そんな中、成り行きで弟を育てることになった鳳蝶だったが――「私の弟、超可愛いんですけど?」――気づけば兄バカ全開に!? ひよこな弟のため、知育玩具を手作りしたり、茶碗蒸しを開発したり。前世の特技・家事力を総動員して、荒れた領地もコツコツ改善! 小さな一歩が神々まで巻き込み国まで変えていく、幼き兄弟の領地経営ファンタジー!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:51時間45分

    この作品を読む

  • 林檎転生  ~禁断の果実は今日もコロコロと無双する~

    「1日1個の林檎は医者いらず」と申します

    6,621,695

    77,778


    2023年1月22日更新

    トラックの横転に巻き込まれ、死んでしまった〝古津大輔(ふるつだいすけ)〟は、神さまに五つ能力をもらって転生することになった。 ランダムにカードを選んで得るその能力は、役に立つ物もあれば、そうでないものもあり、一度選んでしまったら、キャンセルはできない。 彼は、五枚目に引いた〝呪縛のカード〟のせいで〝自分を殺したもの〟の姿で転生することになってしまったのだが…… σ σ σ どこでもヤングチャンピオンで、コミカライズ版連載中。 書籍版 1巻・2巻、発売中。 何卒、よろしくお願い致します! ヽ(=´▽`=)ノ🍎

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:21時間24分

    この作品を読む

  • 探偵事務所のドアを開けたら、そこには可愛い柴犬がいました。

    失くしものを見つける物語

    29,500

    0


    2022年9月23日更新

    社会人として生活をする山吹茜は、半年間行方不明になった弟をずっと探していた。 そんなある日、相変わらず弟を探す茜は人気のない不思議な世界に迷い込む。 そこで見つけたのはこぢんまりとした探偵事務所。 その事務所の主人は……喋る柴犬?! 暖かく、優しい彼らと共に、茜は失くしものを探し続ける。 ◆ ◇ ◆ ◇ 「探偵事務所のドアを開けたら、そこには可愛い柴犬がいました。」を完全リメイクし復活させました。 ※諸事情により更新不定期となります。 ※カクヨム、エブリスタにて同内容を同時連載中。 表紙イラスト:百舌鳥もずく様(@mozumozu_art)

    読了目安時間:1時間26分

    この作品を読む

  • ナツユ探偵事務所

    怪奇事件を解決する二人の探偵の話

    98,570

    1,450


    2022年8月8日更新

    「霊能力者」。それは霊的な能力を持つ者の総称。 霊視は勿論、魂と会話のできる者や、特殊な能力を持つ者もいるという――。 ここは水の都・水柿町。 その商店街の一角に、二人の霊能力者が務める、一風変わった探偵事務所があった。 ◇◇◇ 真面目な青年・夏虫と、不真面目な青年・露草が、二人で協力し怪奇な事件を解決する、優しくてほんのり暗いレトロな和風ファンタジー。 章ごとに完結していますので、『猫の巻』だけでもお試しにどうぞ。

    読了目安時間:3時間34分

    この作品を読む

  • 雪ネズミの魔法使い

    魔法を使う小さな異世界ネズミの冒険譚。

    1,839,950

    30,645


    2021年12月4日更新

    雪ネズミのスノウは老魔法使いの食料貯蔵庫へ忍び込むのに失敗、あえなく捕獲されてしまう。しかしそれが彼の数奇な人生、いやネズミ生を決定づけることとなった。異世界ネズミの冒険譚、お楽しみ下さいませ。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:6時間50分

    この作品を読む