プロフィール

どうも、イェスタウェイ! 魔闇直樹こと魔王なおチュウです! プロの小説家を目指してます! 俺の天才的(自称)想像力で 小説を書いてます! ぜひ読んでください!

ブックマーク

一覧

  • ウルサイ表紙絵が全てを物語ってマス

    ♡733,800

    〇1,511

    ブログ/活動報告・連載中・361話・192,268字 依澄礼

    2021年1月19日更新

    黒依澄「カッとなってやった。後悔は、ちょっとしてる」 こういう人間も生息してるよ、というお話。 華麗にスルーしてください。 お絵描き始めたのは「88話」から。初期はホント凄まじい。 いろんな表紙絵や『底』のイラストは「MediBang Paint」というアプリを使ってiPadで描いてます。

  • 帰ってきたオカルト大爆発バトル!

    ♡84,196

    〇2,222

    現代/その他ファンタジー・連載中・15話・67,145字 水石玖

    2021年1月17日更新

    私立・女々人森学園に勤める新任教師・皇幽羽(すめらぎ・ゆうは)は、ある日、教え子の黒縄明治と謎の怪物──スケアとの戦いに巻き込まれた事をきっかけに、奇妙な女性──六道音々(りくどう・ねおん)と出会う。彼女に命を助けられた事により、幽羽は彼女に恩を返す為に、そして自分自身の身を守る為に、スケアを狩る組織、虚構管理局の門を叩く。 一癖も二癖もある仲間たちと共に、着々と実力をつけていく幽羽。そんな折、かつて確認された事のない新種のスケアによる被害が頻発し始めた。原因を追う中で、幽羽たちは影でスケアを売買する組織《クロウズ》と、音々の出自に深い関係を持つ六道一族の謎に直面する事になる。 前作『BORDER 虚構管理局オカルト3課特別対策班事件簿』から五年後の世界を描くオカルト大爆発バトルアクション、再殺開始! ※この作品は拙作『BORDER 虚構管理局オカルト3課特別対策班事件簿』の続編ですが、前作を未読の方にも楽しめる内容となっております。

  • 毎週日曜更新・最新11巻1/25発売

    ♡1,797,600

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・446話・2,299,398字 鬼ノ城ミヤ

    2021年1月17日更新

    *コミックガルド様にてコミカライズ連載中 1-3巻発売中 原作小説1-10巻発売中 最新原作⑪&コミカライズ④1/25発売 *web版と書籍版は別のストーリー展開になっており文章も大幅に加筆修正してあります* *コミカライズ版は書籍版を原作にしております* 魔法国クライロードに勇者候補として召喚されたバナザは、その能力が一般市民並みでしかなかったため、勇者失格扱いとなってしまった。 本来なら元の世界に送還されるはずだった彼は、魔法国の手違いのせいで元の世界に戻れなくなってしまい、しかたなくこの世界で暮らすことになってしまう。 そんな彼は、Lv2になったとたんにあらゆるスキル、あらゆる魔法を習得しすべての能力値が上限突破した超チートへと超絶進化! にもかかわらず、いつも飄々とした笑顔を浮かべるマイペースな彼は、魔族のリースを妻に向かえた新婚生活を満喫していく。彼は名前をフリオに改め更にまったり生活していたのだが、そんなフリオ家には、ペットのサベア・居候の女騎士ら4人に加えて、魔人や元魔王までもが加わっていき、カオスこの上ない状態の中、それでもまったりライフを満喫中。双子も生まれてさらにまったり感を増しまくっているフリオ一家の毎日を綴ったストーリーをお楽しみください。

  • 冒険者ギルドって何をする組織なの?

    ♡271,550

    〇10,675

    異世界ファンタジー・連載中・54話・119,683字 寿甘(すあま)

    2021年1月17日更新

    人類はまだ、世界の20%ほどしか網羅していない。 各国の王は、自国民の暮らしを豊かにするため未知の領域を開拓し、領土を拡大しようとしていたのだが、どの国も他国を出し抜こうと独自に開拓者を派遣しており、足並みが揃わないでいた。 未知の領域には、恐ろしい魔物や踏破困難な地形が無数に存在するのに、である。 そんな状況で、開拓者達を相互支援する組合ーー冒険者ギルドーーを立ち上げた女性が、個性的な冒険者達に振り回されながらギルドを運営していく物語。 目指すは、世界一の巨大組織!

  • 作者がただただ萌えポイントを語るだけ

    ♡123,050

    〇310

    ブログ/活動報告・連載中・24話・21,619字 魚住真琴

    2021年1月14日更新

    ※表紙、志茂塚 ゆり様作です!もう本当ありがとうございます! 女の身体の魅力って、同性から見てもいっぱいあります。 だから、語ってる人がいっぱいいるのは頷けます。 でも、そういえば男の人の身体で語ってる人いなくない…? てことで、節操ない女が送る男の身体の魅力について語るただの節操のないブログです。 悪いのは、書いてって私に頼んできた誰かさんです。