プロフィール

色々書いてます。 『さよなら私のドッペルゲンガー』がアルファポリス様主催の第12回ドリーム小説大賞にて、大賞を頂きました。応援してくださった皆様方、本当にありがとうございます。あまりログインしていません、すみません。

ブックマーク

一覧

  • 「おっさんがカップ麺を作るだけ」という文学表現

    おっさん+カップ麺=純文学

    573,500

    1,792


    2022年11月26日更新

    (表紙絵……小野ユーレイ@naoesdoodle) おっさんはカップ麺に湯を注ぐ。今日も明日も。

    読了目安時間:3時間3分

    この作品を読む

  • 軽音部なんか、廃部にしてやれ

    ロックのやり方は俺たちで決める!

    199,700

    6,020


    2022年11月25日更新

    一年間まともにバンド活動もできず、軽音部に対して不満を募らせる藤坂悠希。新歓ライブは最悪の出来だったのに、何故か入部を希望してきた一年生を友人の菊井剣太郎が無理矢理丸め込んでバンド結成! したのだが……。メンバーそれぞれの思惑が錯綜。軽音部の先輩たちとは対立。彼らの青春ロックの行方やいかに……? 動画埋め込み機能で、作中のオリジナル曲を実際に聴けるようにしてみました! 不定期更新です。

    読了目安時間:2時間55分

    この作品を読む

  • 変身しないで縺ゅj縺ちゃん

    「どゥ■か、私を蠢倥l縺ェ縺?〒ね」

    2,812,532

    22,526


    2022年11月6日更新

    「変身しないで、ありすちゃん」 かわいいものが大好きな、夢に生きる高校生、姫乃ありす。彼女はある日流星群にぶつかって、魔法少女に変身した。 世界を守るため、彼女は今日も魔法少女ピンクに変身して、魔法の力で敵を倒していく。 ――――と、思い込んでいるのは彼女だけだった。 黒い怪物の姿に変身する少女。恐ろしい獣の姿に変身する少女。ドロリとした触手の姿に変身する少女。異形の姿になった少女達は自身を『魔法少女』だと思い込みながら、世界を壊す。 街にはびこるドラッグ。ゴミ箱から見つかる人差し指。聖母様を崇める宗教団体。 昔見ていたアニメの魔法少女はただの幻だった。魔法少女達はゆっくりと現実に気が付きながら、副作用によって壊れていく。 本当の敵は誰なのか。 自分が本当は何者なのか。 ずっと夢見ていた願いは何だったのか。 これは、願いと夢と現実に壊れていく、魔法少女になった怪物の物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:28時間39分

    この作品を読む

  • ユウレイラジオ

    この番組はユウレイがお送りします。

    51,500

    250


    2022年11月3日更新

    女子生徒の顔が浮き出す体育館の壁、大勢の笑い声が響く無人の屋上プール、人間の皮を剥ぎにくる人形……その他もろもろ、百個以上。 学校中のいたるところに魑魅魍魎の噂が蔓延する私立 椰子木高校《やしきこうこう》は、近隣住民に「オバケやしき高校」と呼ばれ、恐れられている。 そんな中、「オカルトの99%は現実的に説明できる」と豪語する生徒会長・白蔵 和泉は、母校にはびこる大量の怪談を"解き明かす"ことで無力化しようと考えていた。 時を同じくして、学校一の問題児・隠神 伊予も怪談の調査に乗り出す。 隠神の目的は、椰子木高校にまつわる怪談のひとつ"放送室の幽霊部員"の真実を知ること。そして放送室に潜む"ユウレイ"に会うことだった。 生徒会長と不良生徒。頭脳タイプと体力馬鹿。臆病と無神経。和泉と伊予。 何から何まで真逆の二人が、椰子木高校の怪談群"百鬼椰行《ひゃっきやこう》"に立ち向かうべく手を組む。

    読了目安時間:4時間37分

    この作品を読む

  • 【連載二周年】にいづましょうぎ──将棋盤の中心で愛を叫ぶ──

    夫婦円満の秘訣は……将棋?

    642,980

    6,947


    2022年10月25日更新

    【第十一章完結】 将棋を知らなくても、楽しめます。 将棋を知っていれば、もっと楽しめます。 でも、一番楽しめるのは、今から将棋を始めるあなたです。 Written by 深山希様⇒https://twitter.com/GUQBGgexDZww58y 新感覚!将棋×恋愛×バトルファンタジー! 【あらすじ】 新妻・園瀬香織(そのせ かおり)には夢があった。 それは、愛する夫・修司(しゅうじ)との甘々の新婚生活。新妻ならば当然の幸福を、彼女は思い描いていた。 だが。待ち受けていた現実は、あまりにも非情だった。彼女の他には誰も居ないリビングルーム。夫の帰りを独り寂しく待つ日々。居たたまれなくなり飛び出した先で、香織はついに涙を流してしまう。 不倫相手に負けたのなら、まだ諦めもつく。 よりによって、ただのボードゲームに敗北してしまうだなんて。 妻である自分よりも夫を夢中にさせているもの。それは──『将棋』。 そんなに面白いのか、そんなに魅力的なのかと思考を巡らせたところで、彼女はあることに気付く。 自分が将棋について、ほとんど何も知らないということに。 もしかして。自分が将棋の魅力を知って、その上で将棋を指せば、夫も振り向いてくれるんじゃないか? 一度気付けば、彼女の行動は早かった。 夫が通う、将棋道場へと向かう。目的は唯一つ、将棋を指すために。 そして、何より。 夫の愛を、取り戻すために。 【前書き】 将棋入門者にとって、初段は遥か雲の上の存在に見えます。 駒の並べ方・動かし方を知っている程度の主人公が、夫を振り向かせるために、少しずつステップアップしていく様子を描ければ良いなと思います。 将棋をよく知らない方にも読めるよう配慮した内容になっております。 どうかご一読いただけますとありがたいです。 なお、続きはTwitterにて連載中です⇒https://twitter.com/shinya1120 ※表紙イラスト&第一章~第三章挿絵提供:大福餅(山浦大福)様⇒https://twitter.com/daih033 第一章を丸々漫画化して頂いた上に、なんと新しい表紙イラストまで戴きました!(2021.8.21) ※作中の局面図は、アプリの『ぴよ将棋』を用いて作成したものです。

    読了目安時間:16時間11分

    この作品を読む

  • 魔力過多と道具屋 〜「私、詠唱が使えません!」「こちらの魔術道具がおすすめデス」「二人で儲けをざっくざく!!」〜

    魔力の持ち腐れとヘンテコ道具は使いよう

    386,200

    6,532


    2022年10月14日更新

    イラスト:山下真響さん エスターは生まれつき大きな魔力を持っているが、魔法が使えない。 一般職にも冒険者にもなりきれずくすぶっていた彼女は、ある日「魔術道具」の露店商アレンと出会い、衝撃の事実を知る。 「それはァ……たぶん『詠唱魔法が使えない』というだけでショウ?」 彼女は魔法そのものが使えないのではなく、「魔術道具」を使いさえすれば、魔法を使えるというのだ。 それでも詠唱魔法が諦められないエスター。王都にいる名医に診てもらいさえすれば、診察費さえあれば、詠唱魔法が使えない体質も治るはず! 魔術道具を作りたいアレンと利害が一致したエスターはふたりでコンビを組み、冒険者としてお金を稼ぐ、稼ぐ、稼ぐ! 果たして彼女は無事に治療を受けることができるのだろうか……? お人好し魔力過多少女と変人魔術道具屋の最強コンビが送る、ほのぼのおしごとファンタジー! ※小説家になろう、カクヨム、ノベルピアにも掲載しています。

    読了目安時間:6時間28分

    この作品を読む