プロフィール

頑張って書いていきます(クソデカ声量)

ブックマーク

一覧

  • 魔王様のホストクラブ作り!……に振り回されて大変です!

    へっぽこギャグファンタジーに見せかけて…

    436,600

    8,185


    2021年5月8日更新

    【HJ小説大賞2020一次通過】【ノベプラジャンル別最高日間1位、月間4位】 伝説のホストだった異世界からの転生者、魔王によるちょっと変わった人界征服物語。 かつて魔王に拾われた魔族の孤児ニーナは魔王から人界征服の命を受ける。 「……! つ、ついに人界征服ですね! 魔王様の力を見せつけてやりましょう!」 「いや、俺TUEEEE! とかもう流行ってないからさ、俺はホストの帝王になるぜ!」 「夢を見れる場所があれぱみんなハッピーなんだよ!」 そんな魔王と、のちのホスト界の女王、おネエ、厨二病、マッドサイエンティスト達に振り回されるへっぽこニーナとその兄のお話 ホストクラブ作りだけのはずが、ダンジョン経営したり獣人やドワーフ、エルフまで巻きこんでいく事に……! そしてニーナの出生の秘密とは。 ※第一章はサクッと進みます。ホストパートが読みたい方は第二章を飛ばしても大丈夫です(多分)。 小説家になろうさんでも連載してます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間43分

    この作品を読む

  • ダレカノツゴウ ~勝手に異世界召喚で魔王にされたけど私は士官学校で青春したい~

    誰かの都合が蔓延る世界。そうだとしても

    12,500

    0


    2021年5月7日更新

    【毎日夜9時、更新予定】 ●表紙提供:だんぼーる 様(Twitter:@DANboard_Novel) 親に敷かれたレールの上を、ただ歩いて生きてきたマサト。 彼は高校に入学する直前、唐突に異世界に召喚された。 彼が召喚された理由は、魔王の魂と相性がピッタリだったため。つまり、魔王の新しい身体になるためだった。 魔王に乗り移られ、意識を奪われていたマサト。それから三年の月日が経ったある日、魔王が死んだことで彼は自分の意識を取り戻した。 しかし、三年振りに起きたマサトに自由はなかった。彼は次の"魔王"にならなければならないという向こうの都合によって、強制的に魔王としての英才教育を叩き込まれることになってしまった。第二の人生でも、彼は誰かの敷いたレールの上を歩くことになったのだ。 そんなある日、マサトはひょんなことから奴隷の女の子を助けた。そして、助けた彼女に言われた。 『お願いです、一緒に逃げましょう。逃げてください。このままだとおそらく取り返しがつかなくなる。わたしは、わたしを助けてくれたあなたが……心配なんです』 その言葉が、マサトに考えさせた。 本当は、どうしたいのか。 決められた道を歩き続けてきた。 誰かの都合に合わせて生きてきた。 そんな主人公が初めて、"自分の人生"について考え、そして歩き出す。 その先にある、"彼が本当に望むもの"とは。 王道を目指す、異世界転生バトルファンタジー。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間51分

    この作品を読む

  • 東雲とばりは諦める

    高校生が何かを『諦める』青春ストーリー!

    104,400

    188


    2021年5月7日更新

    【電撃大賞3次選考進出作品(一部改稿しています)】 【基本的に月・水・金の朝7時ごろに更新します】 「生きるということは、諦めることよ」 天文部部長、東雲とばりはそう言って、部室で『諦め屋』を営んでいた。 『諦め屋』――そこを訪ねれば、なんでも諦めさせてくれると噂される場所。 だが、同じく天文部員であり後輩の宵山晴人は、天文部が『誰かを諦めさせる場所』として使われることを好ましく思っておらず、今後の部の在り方を決めるため、東雲とばりと『賭け』をする。 そんな時、晴人の幼なじみである星宮夕月が、ひとりの女子生徒を連れてくる。 彼女はここへ来た理由は『諦め屋』を訪れるためであり、『何かを諦めるため』だった。 東雲とばりは彼女の依頼を聞き、『諦め屋』の活動が始まる。 一人、また一人とやって来る依頼者。彼らが『何かを諦める』のを見ていくうちに、晴人は「諦めるということは何を意味するのか」、「諦めた先に何があるのか」を知っていく。 揺れ動く晴人の心。 東雲とばりはなぜ『諦め屋』をしているのか。 そして晴人たちは最後に何を『諦め』、何を『諦めない』のか――

    読了目安時間:2時間50分

    この作品を読む

  • ゆえに赤く染まった星にひとりとなって

    己の全てを犠牲にしても生きる為に守りぬけ

    425,700

    1,510


    2021年5月8日更新

    阿頼耶識 無悔(あらやしき むくい)はこの惑星を、地球を守る。 たとえそれが自分に課せられた、逃れられない罰だとしても。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間28分

    この作品を読む

  • 箱庭の幻想英雄譚

    因果は巡り、運命は廻る。

    48,800

    0


    2021年5月5日更新

    神々によって創られた箱庭の世界。 「氷の国」と呼ばれるグラシアイス王国は、神獣と人間の対立により滅亡の危機に瀕していた。魔法が使えない特異体質の少年・シンと、同い年の王子・ヴィルは、共に「勇者になって国を救う」という夢を抱いていた。 だが、ある日を堺に、ヴィルの態度は一変する。「勇者なんて、所詮は偶像だ」――母親を神獣に殺された彼は、神獣への復讐を誓い、シンと決別。 一方シンは、自分の正義を見出すため、姉のフェリシアと共に世界一の名門魔法学園に入学する。そこで彼は、一人称が「ボク」の美少女・ルイスと、どこか影のある皮肉っぽい少年・ランキュニスと出会う。彼らには、学園に来たある重要な目的があった。 彼らが互いにぶつかりながらも友情を気づいていく中、王国に迫る滅亡のとき。そして交錯する国家の陰謀、伝説と現在、おとぎ話と世界の理。 それぞれの思惑を胸に黄昏の王国を奔走する彼らが、最後に目にするものとは。 ――これは、仕組まれた箱庭の世界で幸せを掴もうと足掻く、少年少女の物語。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:5時間12分

    この作品を読む