プロフィール

色々書いてます。 『さよなら私のドッペルゲンガー』がアルファポリス様主催の第12回ドリーム小説大賞にて、大賞を頂きました。応援してくださった皆様方、本当にありがとうございます。

ブックマーク

一覧

  • にいづましょうぎ──将棋盤の中心で愛を叫ぶ──

    夫婦円満の秘訣は……将棋?

    607,480

    6,647


    2022年8月9日更新

    【毎週火・金17時更新】 将棋を知らなくても、楽しめます。 将棋を知っていれば、もっと楽しめます。 でも、一番楽しめるのは、今から将棋を始めるあなたです。 Written by 深山希様⇒https://twitter.com/GUQBGgexDZww58y 新感覚!将棋×恋愛×バトルファンタジー! 【あらすじ】 新妻・園瀬香織(そのせ かおり)には夢があった。 それは、愛する夫・修司(しゅうじ)との甘々の新婚生活。新妻ならば当然の幸福を、彼女は思い描いていた。 だが。待ち受けていた現実は、あまりにも非情だった。彼女の他には誰も居ないリビングルーム。夫の帰りを独り寂しく待つ日々。居たたまれなくなり飛び出した先で、香織はついに涙を流してしまう。 不倫相手に負けたのなら、まだ諦めもつく。 よりによって、ただのボードゲームに敗北してしまうだなんて。 妻である自分よりも夫を夢中にさせているもの。それは──『将棋』。 そんなに面白いのか、そんなに魅力的なのかと思考を巡らせたところで、彼女はあることに気付く。 自分が将棋について、ほとんど何も知らないということに。 もしかして。自分が将棋の魅力を知って、その上で将棋を指せば、夫も振り向いてくれるんじゃないか? 一度気付けば、彼女の行動は早かった。 夫が通う、将棋道場へと向かう。目的は唯一つ、将棋を指すために。 そして、何より。 夫の愛を、取り戻すために。 【前書き】 将棋入門者にとって、初段は遥か雲の上の存在に見えます。 駒の並べ方・動かし方を知っている程度の主人公が、夫を振り向かせるために、少しずつステップアップしていく様子を描ければ良いなと思います。 将棋をよく知らない方にも読めるよう配慮した内容になっております。 どうかご一読いただけますとありがたいです。 なお、続きはTwitterにて連載中です⇒https://twitter.com/shinya1120 ※表紙イラスト&第一章~第三章挿絵提供:大福餅(山浦大福)様⇒https://twitter.com/daih033 第一章を丸々漫画化して頂いた上に、なんと新しい表紙イラストまで戴きました!(2021.8.21) ※作中の局面図は、アプリの『ぴよ将棋』を用いて作成したものです。

    読了目安時間:13時間38分

    この作品を読む

  • 名前のない神様

    かつて子どもだった君へ

    120,850

    493


    2022年8月7日更新

    「ぼくを生み出した主を探して欲しいんだ」 絵本作家を目指す大学生、ユズハの前に現れたのは、小さな付喪神の少年と大きな化けガラス。少年の主を探そうと町中を奔走するユズハ達の前に、同じく自分の主を探している付喪神や、子どもの頃一緒にいた付喪神が、ある日突然いなくなってしまったという叔母。そして、少年を捕まえようとする男が現れて……!? これは、付喪神達との不思議な出会いと別れを繰り返しながら、子どもの頃から抱いていた夢と、厳しい現実の狭間で苦しみながらも、夢へ向かって成長していく女の子のお話。 夏は今まで何度も来たし、これからはもっと沢山の夏が来るけれど、この十九才の夏を。私は、一生忘れない━━

    読了目安時間:4時間45分

    この作品を読む

  • 軽音部なんか、廃部にしてやれ

    ロックのやり方は俺たちで決める!

    194,800

    5,760


    2022年8月5日更新

    一年間まともにバンド活動もできず、軽音部に対して不満を募らせる藤坂悠希。新歓ライブは最悪の出来だったのに、何故か入部を希望してきた一年生を友人の菊井剣太郎が無理矢理丸め込んでバンド結成! したのだが……。メンバーそれぞれの思惑が錯綜。軽音部の先輩たちとは対立。彼らの青春ロックの行方やいかに……? 動画埋め込み機能で、作中のオリジナル曲を実際に聴けるようにしてみました! 週一回、金曜日の更新(予定)です。

    読了目安時間:2時間52分

    この作品を読む

  • 魔力過多と道具屋 〜「私、詠唱が使えません!」「こちらの魔術道具がおすすめデス」「二人で儲けをざっくざく!!」〜

    魔力の持ち腐れとヘンテコ道具は使いよう

    336,700

    5,622


    2022年8月5日更新

    イラスト:山下真響さん エスターは生まれつき大きな魔力を持っているが、魔法が使えない。 一般職にも冒険者にもなりきれずくすぶっていた彼女は、ある日「魔術道具」の露店商アレンと出会い、衝撃の事実を知る。 「それはァ……たぶん『詠唱魔法が使えない』というだけでショウ?」 彼女は魔法そのものが使えないのではなく、「魔術道具」を使いさえすれば、魔法を使えるというのだ。 それでも詠唱魔法が諦められないエスター。王都にいる名医に診てもらいさえすれば、診察費さえあれば、詠唱魔法が使えない体質も治るはず! 魔術道具を作りたいアレンと利害が一致したエスターはふたりでコンビを組み、冒険者としてお金を稼ぐ、稼ぐ、稼ぐ! 果たして彼女は無事に治療を受けることができるのだろうか……? お人好し魔力過多少女と変人魔術道具屋の最強コンビが送る、ほのぼのおしごとファンタジー! 毎週金曜日午前10時更新中! ※小説家になろう、カクヨムにも掲載しています。

    読了目安時間:5時間55分

    この作品を読む

  • あなたの作品、朗読で紹介します!

    応募は随時受け付けております。お気軽に!

    341,027

    2,214


    2022年8月1日更新

    一言で言えば、「あなたの作品を声で宣伝します!」というものです。 ご興味ある方は、『はじめに。』から『応募方法』までをお読みの上、奮ってご応募下さいませ。(ノベプラアカウントのない方につきましては、TwitterのDMでも受け付けております。) なお、どんな感じかは、こちらからお願いいたします。 https://www.youtube.com/channel/UCXXdbI0k3QzK3B-HtNSThLA/videos

    読了目安時間:2時間29分

    この作品を読む