プロフィール

男子高校生のねぎねぎです。 拙い文章かも知れませんが、頑張りますのでよろしくお願いします🍣 基本的に、画像にはアイビスペイントXを使用してます。 現在活動休止中です。

レビュー

一覧

ブックマーク

一覧

  • 好きな言葉は『好き』。

    1,099,019

    6,151


    2022年11月30日更新

    他人の目から世界を見る方法の一つ。 毎日十八時更新目標です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間39分

    この作品を読む

  • 寂しい世界と創作者達

    物語が嫌いなら、読まない方が良い

    226,000

    640


    2022年11月22日更新

    これは、色々有って此処に来た、流され者の主観である。 何者にもなれず、また何者でも無く、しかしその熱のみが此処に有る。 ……などと言ってもつまりは単なる創作者もどきが書くエッセイだが、それで良ければお付き合い。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間30分

    この作品を読む

  • コンと狐と

    若桜谷には、キツネと幽霊がいる。

    197,450

    160


    2022年11月14日更新

    鳥取県若桜町。 谷間の小さなこの町に一軒の料理店があります。 『和食処 若櫻』 店を切り盛りするのは、コンとサナという二人の少女。 実はコンは幽霊で、サナは狐なのでした。 二人が神様から与えられたお役目は、店にやってきた死んだヒトの魂を、あの世へ送ること。 泣いたり、悩んだり、怒ったりしながらも、コンとサナは死んだヒトの想いに触れ、やがて自分たちの過去とも向き合っていく。 ※本作は小説投稿サイト『小説家になろう』『カクヨム』にも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:17時間6分

    この作品を読む

  • 閉塞学級

    差し伸べた手は棘になる、少年少女群像劇

    752,250

    2,827


    2022年10月22日更新

    とある寂れた地方都市の平凡な公立中学・紅黄中学校。南校舎三階の一年C組は、目立った問題児のいない平均以上に平和なクラスだった。 仲の良い友達。成績優秀な同級生。 何不自由ない、美しく平穏な日々。 だが、些細な事件をきっかけに運命の歯車は狂い始める。曲がったことが大嫌いなクラス委員・小田巻智春は、C組で起こった盗難事件の解明に乗り出す。非日常に踏み込んだ彼女を待っていたのは、予想だにしない真っ赤な真実だった。 かりそめの笑顔の裏で密やかに崩れていく人間関係。エゴに塗れた執着。暴走する少年少女の一途な願いは、やがて現実に歪みをもたらす。 十三歳の『絆』と『願望』が交錯する、灰色の青春群像ジュブナイルサスペンス! ◆不定期更新中。まずは1章(006まで)をどうぞ! ◆軽度の暴力表現、虐待描写等を含みます。 ◆2021.08.29 序盤を読みやすいように分割しました。内容に変化はありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間32分

    この作品を読む

  • 下界の神様奮闘記

    神様の人間界での奮闘記を覗いてみませんか

    274,718

    5,381


    2022年7月3日更新

    神様の世界「天界」から、人間の世界「下界」へ落とされた「元」神様。「元」神様は、下界の年齢でいうと50歳くらいのおじさん。慣れない下界で奮闘しつつ、下界へ落とされた「本当の理由」へ迫っていく。

    読了目安時間:4時間2分

    この作品を読む

  • 小槻先生の秘密

    ヒューマンドラマ

    1,156,110

    23,159


    2022年5月14日更新

    人見知りの中年作家・小槻健司は、年中自宅に引きこもって小説を書くだけの生活を送っている。彼にとって「作家」は職業というより、もはや生き方といえた。 ある日、「たまには......」というほどの気持ちで外に出てカフェに入った彼に大学生の野上萌が声をかける。偶然にも彼女は作家・小槻健司の大ファンだった。健司は咄嗟に自分の正体を隠すが、「自分の小説を読んでほしい」という萌の強引な頼みを断れずにUSBメモリを受け取る。 萌との関わりを億劫に感じながら、「実は作家・小槻健司その人である」という秘密を守ろうとする度に意外な一面を発揮する健司......。 唯一の親友であり恩人でもある玉置恭介、その息子の幸一など、周りの人々を「秘密保持」のために巻き込みつつ、彼は人生のターニングポイントを迎える。 書くこと以外には趣味も楽しみもない。ある意味で人生の終局までを見通せてしまっているような健司。彼は一つの出会いをきっかけにして過去と向き合い、新たな境地に挑んでいく。そして「秘密」に関わる人々もまた各々の置かれた立場で人生を懸命に生きていく。 互いに影響し合いながらそれぞれの失敗、苦手、弱み、課題、壁に立ち向かい、答えを探していくヒューマンドラマ。

    読了目安時間:12時間36分

    この作品を読む