プロフィール

#創作者 #表現者 #エンターテイナー #小説家 #作家 #詩書き #詩人 まあ、いろいろ全部まとめて「こじ(寝虎つばめ)」です 軽率に推してね 他愛ない絡み大歓迎なので気軽に話しかけてください!

ブックマーク

一覧

  • 転生先は美少女パイロットが乗るロボットのAIでした。

    ロボットに転生する異世界転生物です。

    800

    0


    2021年5月12日更新

    いじめられっ子の少年、瑞基(みずき)は事故死して女神に出会う。 彼女は瑞基を転生させようとするが瑞基はかたくなに拒否。 理由は人間に転生してまたいじめられるのが嫌だから。 しかし実績の為どうしても瑞基を転生させたい女神は瑞基にある提案をする。 それは瑞基を人間ではないもの……科学技術が進歩した世界のAIに転生させるというものだった。 異世界転生はファンタジー世界に転生するだけに在らず……異例のロボ転生、刮目してみよ!!

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間20分

    この作品を読む

  • ヴィーナシアンの花嫁 ~シンギュラリティが紡ぐ悠久の神話~

    科学は異世界を超えた――――

    59,500

    100


    2020年10月3日更新

    科学は異世界を超えた―――― ひょんなことから神様を見つけた青年。美人女子大生と一緒にAIベンチャーを起業して人類滅亡を回避しようとしたら、クーデターに巻き込まれるわ、月が地球に落ちて来るわで大ピンチ。 現代によみがえった神様の放つ|驚愕《きょうがく》の力と、それに立ちふさがる愛くるしい赤ちゃん。 そして青年は、我々の住むこの世界が誰かによって作られた世界ではないか? と、気づく。であれば奇跡も神様も科学的に説明がついてしまうのだ。 現実世界に隠された仰天の真実を知り、命を懸けて魂の在りか、愛の謎を解く青年は最後にこの宇宙の根源にまで至る。 東大工学博士の監修により科学的に解析、推定し作り上げた世界観の中で、元気なキャラクターたちが楽しく大暴れする冒険ストーリー。 この物語は娯楽を超え、現実世界の真実とその未来を語る予言の書になっている。読み終わった時、あなたの世界観は大きく変わっているだろう。 ◇ 『読み終えた今はただ感動に震えています』伊藤様より 『読む麻薬です!』Liar様より 『書籍化するなら出資したい』雨宮様より 合計20万PV、読者数3万人突破! あなたは衝撃のラストで本当の地球を知る。 ※他サイトにも掲載中です ※本作品はファンタジーやオカルトではありません。実現可能性のある事象で構成されております。 インタビュー記事 https://aprilfoolstan.hatenablog.com/entry/novel/egg_22 書評 https://novelup.plus/story/328366950/575785607

    読了目安時間:14時間46分

    この作品を読む

  • 某国政府の少子化対策 ~女に変わるカラダとココロ~

    21歳で体が♀に…しかも薬で恋に落ちる

    227,630

    1,305


    2020年7月22日更新

    【乞う注意書必読】某国では女の出生が減り、男女比率はますます開いていた。 26年前から施行されている少子化対策「男性性変容補完法」に基づき、颯人(はやと)も新生男児にのみ義務付けられた「変容剤」を接種していた。変容剤の効果により男から女に変わるという第二次成長期を男として乗り越えた21歳の時、その身体に異変が起こる。 徹底的に『変容者の義務』を叩きこまれていた颯人は変容する体に戸惑い、自身の本当の想いに揺れ、人を愛することを知っていく。 ※【注意書】ハッピーエンドは確定ですが、ミステリー傾向があるため最終ネタバレになるタグはあえてつけていません。また、展開上秘匿・ミスリードしている部分が性癖として地雷である可能性もあります。それでもいいよという方のみお進みください。 素敵イラスト:きたじまひるま@iTA_pase 様

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:11時間3分

    この作品を読む

  • Prince of the Fiend~魔王皇嗣は禁忌の双子星~

    主人公は心優しき魔界の王子!

    32,700

    5


    2019年11月26日更新

    魔王の唯一の後継であるレグルース。 あるとき魔界が秘密にしてきた『双子の弟の存在』を知ってしまった彼は、自ら弟を捜すため旅に出る決意をする。 魔界の王家に双子は存在してはならない。 双方を生かせば血が絶えると言われ、禁忌の一つとされてきた。 そしてこの「双子の禁忌」は、どこまでも彼の人生に付きまとうことになる。 「自分の大切なものは自分で守る」 レグルースは数々の困難の中で、迷い、悩みながら進む。 金色の瞳に宿す曇りなき炎は、魔族としての正しさ、世界の正しさを見つめてゆく。 天界と魔界それぞれの思惑と、残酷な運命に抗う、魔界の王子の優しい物語。

    読了目安時間:26分

    この作品を読む