プロフィール

眠ることが大好きです! 春だけじゃなく、春夏秋冬の眠りは暁を覚えず! なのです。

ブックマーク

一覧

  • 主人公の過去を推理してみてください!

    ♡223,250

    〇220

    ミステリー・連載中・111話・262,607字 甘抹らあ

    2021年1月21日更新

    【あらすじ】 探偵局――それは、国家が優秀な頭脳を管理するために創設した機関。戦後の混乱のなか、ひそかに活動を開始した。 絶世の美女・明智那由(あけち なゆ)は、探偵局所属の名探偵である。「いくら事件を解決しても、世界は平和にならない」という無力感にさいなまれながら、惰性で日々を過ごしていた。 そんな彼女と出逢ったのが、大河内輪吾(おおこうち りんご)。一見すると普通の男子中学生だが、どうにも「優しすぎる」性格の持ち主。 ワケあって助手に任命された輪吾は、那由とともに様々な事件を捜査する。 那由はなぜ、輪吾を助手にしたのか? 輪吾が「優しすぎる」理由とは――? 次第に明らかになる謎に、ご注目下さい! ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません※ 【注意事項など】 ノベルデイズにて完結済みです。30万字弱。転載するにあたって、加筆修正した点があります。 ノベルアッププラスでは2021年1月27日に完結予定です(予約投稿済み)。

  • ねぇ、九州に忍者がいたって知ってる?

    ♡19,700

    〇335

    歴史/時代・連載中・11話・16,234字 旭山リサ

    2021年1月21日更新

    「 ねぇ、九州に忍者がいたって知ってる? 」 九州忍伝、ここに開幕! ( -_-)ノ ---===≡≡≡ 卍 シュッ! 卍 卍 卍 ✿ 舞台「蝉籠村」は、宮崎県の「西米良村」をモデルとしています。 桃源郷といわれる美しい里です。 作中の写真は、西米良村で撮影しました。 ✿ キャラアイコンは【CHARAT様】を使って、作成しました。 ✿ いらすとや様 イラストAC様 ぱくたそ様 写真AC様 のフリー素材も使用しています。

  • 古の刀を廻り、過去と現在が交差する。

    ♡739,759

    〇1,850

    現代/その他ファンタジー・連載中・84話・214,075字 洋夏晴崇

    2021年1月21日更新

    数百年も昔に歴史に埋もれ、失われたはずの魔刀。 それが蘇る時、悲劇が繰り返される。

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡645,100

    〇3,770

    異世界ファンタジー・連載中・144話・672,863字 普門院 ひかる

    2021年1月21日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2021/1/14、1/22 部門別日間ランキング1位)

  • 地球の青年と異世界の姫が肉体を共有します

    ♡4,763,144

    〇18,287

    異世界ファンタジー・連載中・638話・1,684,376字 白玖

    2021年1月22日更新

    愛する弟と妹の為にと、あらゆる努力を積み重ねて、人としておかしい領域に辿り着いた青年「ミタカ モトキ」。 幸せな人生を謳歌するモトキは、不運なことにトラックにより命を落とし、その記憶を保持したまま異世界に転生することとなる。 弟と妹のいない第二の人生に興味のないモトキは、病弱で虚弱な余命幾ばくもない異世界の姫「セラフィナ」に、自分の命を丸投げして助けることを選ぶ。 しかし死の淵より生還したセラフィナの中には、消滅するはずだったモトキの魂が残り、2人は1つの体を共有することとなる。 立場も強さもまったく違う2人は、力を合わせて困難な第二の生を生き抜くのだった。 毎日0時頃最新。 この小説は小説家になろうでも投稿しております。 感想等お待ちしております。