プロフィール

ブックマーク

一覧

  • (仮) 転生先は愛知らずの悪役令嬢?私、王子様たちに好かれるようです。

    悪役令嬢に転生!

    700

    50


    2021年7月30日更新

    もうすぐ結婚をする予定の西条優奈。 婚約者である暁斗と、結婚式場へ打ち合わせに行く予定があったのにドタキャンされることに。 それに切れた優奈は、手あたり次第、暁斗へと投げつけているところでブラックアウトした。 目が覚めたら、そこは……乙女ゲームの中、し・か・も、悪役令嬢クラリス・ホーエンに転生していた? 見るからにけばけばしい赤いドレス、ネイル……髪の毛まで真っ赤! 一体何が起こっているのぉーっと!と叫ぶが、侍医には「記憶喪失」ですと言われ…… 始まる悪役令嬢クラリスとしての人生。 その隣には、第二皇子のルーカス。 断罪イベントまで、数ヶ月……死ぬのだけは嫌だと回避する方法を考える私。 愛を知らないクラリスの中の人となった私は、断罪イベントを無事切り抜けられるのだろうか?

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間11分

    この作品を読む

  • まのう! ~魔王様? それ、人間界で育ちますっけ?~

    4コマ風の超短編ほのぼの魔界辺境農家日記

    202,800

    630


    2021年7月29日更新

    【5秒で読み終える4コマ風の超短編ファンタジー】……ここは、魔王様の統治する魔界。その辺境の辺境。 世間は人間との戦争で大変みたいだけど、ここはそんなの関係ない。ほのぼのと日々を過ごして、日記を残す。そんな毎日。 小さな小さな、魔界のファーマーダイアリー。

    読了目安時間:3時間56分

    この作品を読む

  • ヒドインなんて酷くない?

    愛あるSF、爽やかな大団円がお好きな方に

    49,055

    169


    2021年7月30日更新

    十四歳のお人好しの少年・緋梅白幸は不運が重なる稀なる体質だった。ある朝、白幸は天文学的にも稀な不運が二重に重なることで発生した異常事象によってパラレルワールドに時空転移をさせられた。 あまり違和感を感じない転移先の並行世界で、白幸は不思議な雰囲気を持つ一歳年下の天才少女・天王子かんなと出会う。かんなは困惑する白幸に、彼が転移直前に連想していた並行世界に彼が転移したことを教えてくれた。 一見すると元居た世界とほぼ変わらないように見えるこの世界は、五人の超残念系ヒロイン『ヒドイン』がいる世界だったのだ。 ヒドイン――それは度を越えた酷い性格や行動をするヒロインたちのことである。 『最強のヒドイン』『怠惰のヒドイン』『傲慢のヒドイン』『強欲のヒドイン』そして『博識のヒドイン』。 転移直前に心の中で望んだように、これら五人のヒドイン全員をヒロインに変えることができれば元の世界に戻れる可能性があると知り、白幸は心底不本意ながらヒドインの攻略を決意するのだが……。 本作は全35エピソードで完結いたします。平日18:18に更新しますで、8/20に完結する連載となります。

    読了目安時間:1時間46分

    この作品を読む

  • 薄明の鬼 ~人と魔物と龍の世界で~

    鬼として生きていく、彼女のために。

    39,000

    1,270


    2021年7月30日更新

    北の農村で神殿守として暮らす少年セス。 捨て子ながらも神殿長に拾われ、平和な日常を送っていた。 いくつか秘密を抱えながらも、そんな日々がずっと続いていくはずだった。 「何か用かの?」 だが一つの出会い、そして——異変から、その日常は大きく変わった。 「お主に力と命を与えよう。だが、それは人の理を捨てるということじゃ」 少年は村から旅立つことを余儀なくされる。 一人の少年と一人の鬼、流転する世界の中で二人は歩んでいく。 その邂逅は偶然か、必然か。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:11時間10分

    この作品を読む

  • A BODY WITHOUT A HEAD

    自分を愛せていない全ての人へ🤟

    18,150

    230


    2021年7月30日更新

    【あらすじ】 一人の女子高生が精神科の診療所を訪ねてきた。 曰く「多重人格だから治療して欲しい」という事らしい。 担当医は少しずつだが治療し、元々は30個以上あった人格を7個まで減らせた。 しかしリーダーである人格(行方不明)や「頭脳」である人格(面会拒否)を診察出来ていなく「これ以上の統合は僕には無理かな」とその少女に伝える。 そして「彼女達」の中の一人が、その医者に長い長い告白をする── 【ご挨拶】 初めまして。CMZOです。 私は学生時代から多重人格に惹かれ、自分で言うのもなんですが、医者でもなんでもない一般人がお手軽に手に入れられる多重人格の日本語の本はほぼ全て読破したつもりです。 だから他の、知識がない方々がキャラに色付けで使う多重人格のお話とこのお話は根本的に違うと胸を張って言えます。 ……ですがそこはフィクションなので「これは本物の多重人格では絶対にあり得ない」という確固たる部分が一箇所だけあります。 その答え合わせはキリが良い所の後書きに書いておきますので、是非読みながら「どこがあり得ないんだろうか」と推理してみて下さい。 それでは少しでもお楽しみ頂ければ幸いです。 ※読んで頂ければ分かると思うのですが、章名が「この場所を中心に物語が進みます」という舞台で、エピソード名が「その時の主観のキャラ」になります🤔

    読了目安時間:2時間57分

    この作品を読む