プロフィール

帰ってきた中二病。心に響くコトバを随時調剤中、副作用は幸せ! ▼主な投稿作品▼ ・中二病を拗らせた「妄想リリック」…中二病による中二病のために中二ワールドの詩たち ・140文字のセカイ「闇鍋140」…小説、エッセイ、豆知識、謎解き。ノンジャンルな混沌ワークス! ・語彙力は裏切らない「まっきーちゃんねる」…創作に役立ちそうなコトバを配信

ブックマーク

一覧

  • 帰ってきた【改稿版】へたれ姫

    へたれ姫のブラッシュアップ版です

    347,050

    1,701


    2022年9月26日更新

    ✨表紙画像byペケさん✨ ―――あるところに魔王がいました。 つい先日、先代の魔王が逝去し、新たなる魔王の力を継承した新米魔王でした。 彼女の名はプージャ。 プージャは怠惰で、魔王としての矜持にはまるで興味がなく、ひたすら自室に閉じ籠りダラダラと過ごしていました。 その姿に嘆いた部下はプージャに世界征服に乗り出すよう懇願しました。 乗り気ではないプージャは嫌がりましたが、遂には根負けして仕方なく世界征服の為の勉強を開始します。 しかし、プージャの軍団はとても脆弱で、どう考えても勇者を倒して世界征服など出来ようもありません。 そこでプージャは思いつきました。 「昔の魔王達を召喚して配下にしたら強いんじゃね?」 意気揚々と召喚の義に取り掛かるプージャ達。 目論見は成功し、過去に世界中で暴れまわった歴戦の魔王達を召喚するに至ったのです。 ……しかし。 以前、連載していた【へたれ姫~ある日、魔王があらわれました。~】の改稿版になります。大幅な加筆修正などは行いませんが、文章力を現在のものに置き換えて、読みやすくできればなぁと思います。 それではどうぞ、お楽しみ下さいm(_ _)m

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:13時間27分

    この作品を読む

  • まことくん、ハイ!

    昭和のモンスター園児×危うい秘密の成長記

    68,234

    766


    2022年9月26日更新

    「これにて完結! グヘヘヘ! これぞワタクシ流、未完の美!」 ワタクシこと東十条は、とあるエッセイ作品を99話目で完結させてたった2畳の小さな書斎でひとり満足していました。 創作を始め、とても勇気づけられたこの1年。せっかく貰ったこの勇気。使わず仕舞うはもったいない! そんなワケで、これまで避け続けてきた自身の半生を今こそ紐解いてみようと決意します。 だがしかし! 恥ずかしい事。汚い事。酷い事。 ワタクシの半生は、触れたくない事があまりにも多い。 どこまで出すべきか考えていた夜。股に挟まっていた猫が突然ヒトの言葉を発します。 は? 生霊(いきりょう)ですと? しかもそのノートは……ま、まさか! ワタクシ史上最古の黒歴史満載のアレか⁉ 突如あらわれた謎の生霊が、東十条の半生を余すことなく白日のもとにいま晒す! 臭いモノにもフタをせず! なんならブチ撒く鬼畜の所業! さあさあ寄ってらっしゃい見てらっしゃい! 筆者本人による性癖全開セルフ拷問! 始まり始まり~(チョン、チョン、チョンチョンチョン~……←拍子木の音)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • フィリア ~φιλία~

    お互いがしあわせになることを願いあう

    27,288

    60


    2022年9月26日更新

    フィリア(友愛)は、人柄が優れ、たがいに似た徳を持つ者同士に見出される人間性の善さによって結ばれた友情。 アリストテレスは「もし人々が友愛的ならば、正義はまったく必要ないが、反対に彼らが正義の人々であっても、友愛はなお必要だ」という言葉でフィリアを表現している。 それはヴィクトル・フランクルが「夜と霧」で紹介した、「強制収容所での生活を送った私たちには、忘れられない仲間がいる。誰もが飢えと重労働に苦しむ中で、みんなにやさしい言葉をかけて歩き、ただでさえ少ないパンのひと切れを身体の弱った仲間に分け与えていた人たちだ。」に顕現もする。 またフランクルによって態度価値と表され、「どのような状況になろうとも人間にはひとつだけ自由が残されている。それはどう行動するかだ。」という言葉に集約されている。 彼は、「そもそも我々が人生の意味を問うてはいけません。我々は人生に問われている立場であり、我々が人生の答えを出さなければならないのです。」と言って人生に対する答えに態度価値を示唆しており、つまるところそれはフィリアに帰結するのではないかと思う。 (表紙画像:バッタのいる聖家族:デューラーの銅版画)

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 100文字ショート

    100文字きっかりです。

    591,346

    322


    2022年9月25日更新

    小説を書く力を取り戻す為のリハビリとしてTwitterに投稿を始めたのが、この作品を創るきっかけになりました。タイトルも含めて、100文字完結型の短編集です。誰もがやったことがあるだろう日常の失敗、勘違い、自慢などを100文字にまとめてみました。皆さんにクスッと笑ってもらえる作品を目指します。 ※モバスペBOOKというサイトにも掲載しております。 ※以下の本を参考文献に使わせて頂いております。 「アレの名前を言えますか?」博学こだわり倶楽部 「伝説のクイズ王も驚いた予想を超えてくる雑学の本」西沢泰生 「トリのトリビア 鳥類学者がこっそり教える野鳥のひみつ」川上和人、マツダユカ

    読了目安時間:2時間25分

    この作品を読む

  • ひとくちセリフ劇場

    「セリフだけ?」「しかも140字」

    2,269,182

    12,513


    2022年9月25日更新

    【予告編】 「聞きたいか?」 「『語りたい』の間違いじゃないのか」 「身も蓋もないな。風情って言葉、知ってるか?」 「あれは滲み出るものだ。あからさまにひけらかすもんじゃない」 Twitter企画『#ふぁぼされた数だけ存在していない自分の作品から一文や台詞を抜き出して紹介する』でご好評いただきましたセリフ劇をまとめました。 表紙は 入鹿なつ 様よりいただきました。

    読了目安時間:4時間43分

    この作品を読む

  • 三十一文字の日記帳

    日記のようにつづけてゆきたいです。

    39,426

    291


    2022年9月25日更新

    はじめまして! 日常の中で体験したことや、出会った景色、感じたことなどを短歌で表してみようと思います。 背伸びして文語にも挑戦してみたので、ヘンテコなところもあるかと思いますが、 誤字報告など届けて頂ければうれしいです。 ※表紙画像はオリジナルです。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む